「GREY(グレイ)」―死神と呼ばれた男を描くSFハード・アクション

かつて徳間書店から出版されていた「月刊少年キャプテン」。ご存知でしょうか?

「キャプテン」自体は知らなくても、「強殖装甲ガイバー」や「宇宙家族カールビンソン」が連載されていた雑誌、と言えば思い出す方もいるでしょうか。今はビッグコミック系で活躍されている星里もちる氏なども連載をされていました。

そんなキャプテン誌で私が特にインパクトを受けたマンガが、たがみよしひさ氏の「GREY(グレイ)」。1985~1986年にかけて連載されていたSFハード・アクション漫画です。

「GREY デジタル・ターゲット」としてアニメ化もされた「GREY」。今読んでもおもしろい、独特の魅力を持っています。

スポンサーリンク

あらすじ

荒廃した世界で「町(タウン)」に住む人々。日々の暮らしにも事欠く彼らは「戦士(トループス)」となり戦いに身を投じる。

戦いの目的は「市(シティ)」で生活を保障された「市民(シチズン)」となること。ポイントを稼ぐために彼らは今日もタウン同士の戦いに明け暮れる―。

トループスだった恋人・リップを亡くし、自身もトループスとなったグレイ。その驚異的な生還率からついたあだ名は「死神グレイ」。

着実にランクを上げるグレイだが、行方不明になった友人・レッドを探すためにタウンを出奔。タウンに反抗する地下組織(レジスタント)と相まみえる。

やがてグレイはタウンやシチズンに疑問を持つように。戦いの意味、そしてグレイは生き残ることができるのか―。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

感想

―という感じで展開されるストーリー。全編にあふれる荒廃感、世紀末のSFという趣で殺伐とした雰囲気。

そんな世界で「死神」とあざなされるグレイがカッコよくて…。出て来る新キャラクターがみんな「あの死神グレイ?」みたいにグレイの存在を知っている。ニヒルでちょっと世の中を斜めに見ている特異な存在。少年漫画の王道とは真逆をいくキャラクターで、一気にその魅力に取り憑かれました。

たがみよしひさ作品共通の魅力は、その洒脱な会話にあり。ともすればちょっと痛々しくなりそうなセリフを、いい感じにカッコイイラインに留める。このあたりがたがみ氏のセンスの光るところで、もちろんGREYも読んでてニヤリとするセリフまわしばかい。当時の中二病真っ盛りのお兄ちゃん達(私のこと)の心をわしづかみにされたことを思い出します。

たがみ氏の描くちょっとスカした(死語)キャラクター、若干アジアンテイストの入った独特なメカ描写は、他のSF漫画と較べて異彩を放っていました。もともと徳間書店から刊行されていたGREYのコミックスは全3巻。近年ぶんか社から上下巻として再発売されましたが、今読み返しても楽しめる良SFコミックであることを再認識しました。

GREYは大きく前半と後半に分かれる構成。前半はミリタリー色の強い内容ですが、後半は結構思い切ったSFアニメ的な展開。世界に興味の無い体で、実はその奥底に熱い気持ちを秘めたグレイ。彼が戦いの末にたどりつく世界の秘密。その結末はぜひコミックスを手にとってご覧ください。

漫画データ
タイトル:GREY (上) (ぶんか社コミック文庫)著者:たがみよしひさ出版社:ぶんか社発行日: