独断で選ぶ「MASTERキートン」の名エピソード・ベスト10

「MASTERキートン」とは、1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に掲載された、浦沢直樹さんの漫画です。

主人公は、考古学研究者かつロイズ(イギリスの世界的な保険市場)のオプ(調査員)である、平賀=キートン・太一

一見冴えない学者風のキートン。実はフォークランド紛争・在英イラン大使館人質事件で活躍した、SAS(イギリス陸軍特殊空挺部隊)のサバイバル・マスターだった!

…というキートンのキャラクターが魅力的な「MASTERキートン」。ほかにも歴史・軍事・ミステリー要素のつまったストーリーと、人情味あふれるエピソードの数々で人気を博し、現在も評価の高い人気漫画です。

私も小学館ビッグコミックス版・全18巻を今でも大切に持っていますが、その中からMASTERキートンのエピソード・ベスト10を勝手に選びました。

選出基準は「私がエモーションを受けたかどうか」ただ一点。異論は認める。

「MASTERキートン」エピソード・ベスト10

  • 都合上、若干のネタバレを含みます。
  • 巻数表記・CHAPTERはオリジナル全18巻に準拠しています。
  • 「MASTERキートン Reマスター」のエピソードは含んでいません。

第10位「薔薇色の人生」

保険金を詐取して逃亡中の被疑者・アドラーとスイスで会うキートン。善行のために小切手略取を行い、マフィアからも追われる彼。短時間で1.5km離れた土地で小切手を換金できたトリックとは?

いきなり地味目の話で恐縮ですが(笑)、2巻よりCHAPTER6「薔薇色の人生」

とある男が人生を賭けた小さな冒険、スイスの英雄、イタリアの貧富、ミステリー要素と、一話にヨーロッパの空気を感じさせるパーツが詰め込まれ、良い読後感

ラストで、キートンの論文に感銘を受けた図書館員のセリフが印象的。オプとしてのキートンの優秀さはもちろん、学者としての顔も描かれた充実のストーリー。

夢は果たしました。これが私の薔薇色の人生です。(2巻P146より)

第9位「家族」

水泳競技の金メダリスト・ノイマン。ドーピングで体はボロボロ、酒におぼれ、ユーゴスラビア難民と寝食を共にする自暴自棄の生活。生きる希望を失った彼を訪れたのは、かつてのライバルの依頼でノイマンを探しに来たキートンだった。

11巻よりCHAPTER8「家族」。ドイツにあふれるユーゴスラビア難民。それを迫害するネオナチ。ドーピングで身を崩した旧社会主義国の英雄。20世紀末のヨーロッパの風景が詰まったエピソード

今では各種世界大会におけるドーピングの検査は、かなりきつくなりました。が、当時はこのような「作られたヒーロー」が相当数存在していたのでしょう。

そんな汚れた英雄が、自らの居場所を見つけるまで。

家を見つけたんだ。一緒に生きていく家族を…(11巻P208より)

第8位「緑のフーガ」

チェコスロバキアで、ナイフを持った青年にカージャックされるキートン。産業廃棄物投棄を暴く帳簿を持つ彼は、それを狙う三人組に追われていた。東独の粗雑な乗用車「トラバント」で逃げる二人。「狩りが生きがい」と豪語する元軍人のハンターにやがて追い詰められ…。

10巻よりCHAPTER2「緑のフーガ」。環境汚染の告発書類を守るために、大気汚染で悪名を馳せる「トラバント」で逃亡する、という構図が面白い。

トラバントの手動ビームや、「紙でできている」と揶揄されるほどの車体の軽さを活かした逃亡劇、手近にある道具を利用してトラップに仕立て上げるサバイバル術など、東欧事情とキートンのサバイバル・マスターとしての能力が絡み合った良作

狼だ…。あの男は狼だ。(10巻P49より)

【DMMブックス スーパーセール開催中!】
7/22以前に配信されたほぼ全作品が、【付与上限無制限】で【50%ポイント還元】!詳細はこちら

第7位「小さな巨人」

「小さな巨人」と字される、元ヤード(ロンドン警視庁)の腕利き刑事部長ピトック。彼の率いる賞金稼ぎチームは目標の背後に潜む大物を狙うが、依頼により目標を自首させたいキートンと反目する。その最中、仲間が拉致されたピトックはキートンと手を組んでアジトを強襲することに。しかしキートンは予想外の行動を取り…?

3巻よりCHAPTER2「小さな巨人」。犯罪者を独自にとらえ、警察に引き渡すことで賞金を受け取る、ヨーロッパの賞金稼ぎチーム。キートンが主体ではなく、ピトック側の目線で描かれるエピソード。

プロである彼らからはキートンがアマチュアに映るが、実はキートンこそが「プロ」であることを知っている、という読者のカタルシスを、実に気持ちよく満たしてくれる一作。

キートンはプロで… 我々は、とんだアマチュアだったってわけさ。(3巻P53より)

第6位「貴婦人との旅」

国境を超えるヨーロッパの鉄道に乗るキートン。そこで出会ったチェコの貴族を自称する横柄な老婦人は、パスポートも金も持たない身だった。成り行きで彼女に関わったキートンは、車内で行われる入国審査にパスできるよう、一計を案じる。しかし別れ際、その経歴が嘘である事を問うキートンは、彼女から一つの宝石を渡される。それを鑑定した結果、衝撃的な事実が明らかにー。

2巻よりCHAPTER1「貴婦人との旅」。数多くの悲劇を産んだドイツの東西分断。それを「物語の真実」に練り込んだ良エピソード。

前半は老婦人の態度にイライラ(笑)。しかし後半の数ページでその印象がガラリと変わる。実にドラマチックな構成が印象深い。

それにしてもキートンはあの後、宝石をどうしたんだろう?気になる…。

あなた… お礼を言ってもらいたいの?(2巻P22より)

第5位「屋根の下の巴里」

パリにある廃校寸前の社会人学校で、臨時講師として壇上に立つキートン。訪れた娘の百合子に、大学時代の恩師であるユーリー・スコット教授の思い出を語る。ロンドン大空襲を受けた直後でも授業を続けた、という伝説を持つ教授の思いを胸にキートンは、最後の授業で「学ぶことの意義」を説く。

3巻よりCHAPTER1「屋根の下の巴里」。キートンの学問への熱き思いをひしひしと感じさせてくれる、オプとしての活躍とは対象的なエピソード。

SAS入隊以前の、学生結婚をした頃の若き姿や、百合子との静かな会話にも注目。人間はなぜ学ぶのか?という問いに対するメッセージも心に響く。

MASTERキートンという物語の、根っこを形成するピースの一つであるエピソード

さあ諸君、授業を始めよう。あと15分はある!(3巻P18より)

第4位「死の都市の蠍」

「カルーンの鷲」と恐れられる、イラク軍・大統領護衛師団のラジー少将。英彼に追われる英王室のノーフォーク公を守るために、キートンはイラク国内に潜入する。重度の糖尿病であるノーフォーク公に、残されたインシュリンはあと僅か。しかし戦車を駆るカルーンの鷲に、キートンたちはキリスト教寺院に追い込まれ―。

8巻CHAPTER1からCHAPTER5まで続く連作の第4話、CHAPTER4「死の都市の蠍」「地上最強の武器」である戦車VS生身の人間の戦いが描かれます。

熱砂の中、ジリジリとノーフォーク公を追い詰める戦車。それに対抗できるのは、キートンのサバイバル技術のみ。

イラク戦争という、当時一番身近にあった戦争が背景、というのは実にドラマチックでした。そして印象的なのは、ノーフォーク公の最後のセリフ。

今、この瞬間だけでも生きてることを喜ぼうじゃないか…(8巻P106より)

第3位「出口なし」

イギリスの湖水地方で、義賊「怪盗ケンドル」を移送するキートン。車を用いず、底なしの湿地「ボグ」に隣接する一本道を歩くルートを選択。実は裏で財閥とつながっていたケンドル。それを知らずに彼を支持する一般民衆は多く、道中で様々な妨害を受ける。都度のピンチを「ハッタリ」で切り抜けてきたキートンだが、やがてボグに追い詰められて…?

7巻よりCHAPTER8「出口なし」銃に関する様々な「思い込み」が随所に散りばめられた、面白いエピソード

銃口に指を突っ込むと暴発するのか?散弾銃の弾は人の体を貫通するのか?そして銃身の曲がった銃は弾を発射できるのか?

イギリスの田舎町で純朴な住民を巻き込みながら、銃トリビアを交えて淡々と繰り広げられる物語。終盤のキートンのセリフ、好きなんですよね。

動くな!!ボーザツラウフを知らないのか?(7巻P209より)

第2位「砂漠のカーリマン」

遺跡の発掘過程でウイグル族の怒りを買ったキートン達は、着の身着のままで「生きては戻れぬ砂漠」タクラマカン砂漠に放り出される。族長アバスは、伝説の砂漠の英雄(カーリマン)のイメージをキートンに重ねるが、迷信だとひとりごちる。一方、昼は酷暑・夜は極寒の砂漠でサバイバルを続けるキートン達。ついに街道まで3kmの地点たどりつくが…!

1巻CHAPTER4から続く連作の3話目にして、MASTERキートン屈指の名エピソード、CHAPTER6「砂漠のカーリマン」

極限状況においても生存のみならず、戦う姿勢を捨てないキートンの姿が、脳裏に焼き付いて離れない。

石を舐め、木の根をかじる、キートンのサバイバル技術は覚えておこう。あと砂漠には背広ね!(試す機会はない)

水を飲ませてやれ。あいつは、カーリマンだ。(1巻P162より)

第1位「迷宮の男」

国際ジャーナリスト・パパスの死に疑念をいだくアンダーライターの依頼を受け、ギリシアに赴くキートン。愛人・ソフィアと高価な遺物を海中から発掘していたパパスの死の原因は、軍隊時代の遺恨から報復を狙っていたベイヤーによるものだった。ソフィアの命をも狙うベイヤーに、キートンは独特な戦いを仕掛ける―!

堂々の第一位はキートン初登場エピソード、1巻よりCHAPTER1「迷宮の男」

今回ベスト・エピソードを選定するにあたって、全話をざっと読み直しました。一位は「砂漠のカーリマン」かな、と本記事作成前は思っていたのですが、再読でこの1話の完成度の高さに驚かされ、1位に選出。

考古学者、ロイズのオプ、元SASのサバイバル・マスターであるという、キートンのバック・グラウンド。そして飄々とした風貌と性格、現地のものを利用する生き残り術など、全18巻を形作る原型が、第一話にして完璧に詰まっています

「これは面白い漫画だ!」ということを、読者に強烈に印象づけたエピソードなのではないでしょうか。

俺が入隊試験を受けた、SASのサバイバル技術の… 教官(マスター)だ!!(1巻P28より)

まとめ

以上、勝手に独断で選ぶ漫画MASTERキートン・ベストエピソード10でした。何であの話がないの?と仰るのもウンウン、よくわかります。が、あくまでも個人的選出なのでご容赦を。

しかしMASTERキートンは、いま読んでも面白い!非常にオススメなのですが、残念ながら電子書籍化はされていません。現在入手可能な「MASTER KEATON 完全版」(全12巻)を紙書籍で購入するか、コミックレンタルなどをチェックしてみてください。

…電子化されるといいなぁ。

MASTER KEATON / 1 完全版 (ビッグコミックススペシャル)浦沢 直樹,勝鹿 北星,長崎 尚志 ほか:小学館
MASTERキートン 完全版 コミック 全12巻完結セット (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)浦沢 直樹:小学館
DMMコミックレンタル:1冊95円のDMMコミックレンタル!

コメント

タイトルとURLをコピーしました