漫画『MASTERキートン Reマスター』―「20年後のキートン」描く続編

考古学者にしてロイズのオプ(保険調査員)、そしてSASのサバイバル・マスターでもある、平賀=キートン・太一の活躍を描いた漫画『MASTER(マスター)キートン』。

その20年後を描く正統な続編が、漫画『MASTERキートン Reマスター』。オリジナル版『MASTERキートン』最終18巻の刊行より、実際に20年が経っての新作です。

ストーリー・長崎尚志さん+漫画・浦沢直樹さんのゴールデンコンビで、2012年から不定期連載されていた全8編を単行本化した全1巻。2022年に電子書籍化もされています。

『MASTERキートン Reマスター』感想・レビュー

「その後」のキートン描くストーリー

元・イギリス特殊空挺部隊SASのサバイバル・マスターで、危険も伴うオプの仕事で世界を飛び回っていたキートン。オリジナル『MASTERキートン』のラストでは、本分である考古学の道へと歩んでいきます。

それから20年後を描く本作『MASTERキートン Reマスター』。第一話『眠り男』では、ルーマニアのブカレスト大学で講義をする「その後のキートン」の姿が

良かった!夢が叶ったんだ…。

と思いきや、探偵事務所の元相棒・ダニエルの残務を整理するため、再びオプとして世界を駆け巡ることに。初老となったキートンの「その後の活躍」が、各話で描かれていきます。

20年の時を経て成長したキートン…?

基本的なシルエット、飄々とした雰囲気は前作のままですが、頭髪には白いものがまじるようになった「20年後のキートン」。その中身もそれ相応の成熟を…と思いきや、基本は相変わらずのキートン先生

元SASの教官(マスター)として体を張りながらも、お人好しで人間くさく、そして考古学に静かな情熱を燃やす彼。

第3話『マリオンの壁』ではかつての恩師とともに、トロイアの城塞都市を再現したミニチュアの前で、童心に帰ったかのように歴史談義に花を咲かしたり。その姿に懐かしさと不思議な安心を感じます

太平や百合子の「その後」も

そして『MASTERキートン Reマスター』では、「キートンの家族」の気になるその後のエピソードも。

第5話『女神とサンダル』では、老いてなお(いろんな意味で)健在な父・太平の姿が。「幼馴染の女性を守って欲しい」という太平の依頼から、キートンの意外なルーツが明らかになっていく、非常に興味深いストーリー。

さらに第7話『マルタ島の女神』では、成長しアラフォーになった百合子が登場!父と同じく考古学の道へ進み、現在はマルタ島に住む彼女。しかしその人生には悲喜こもごもが…?

その百合子のもとを訪ねたキートンは、父として、研究者として、彼女と同じ時間を過ごすのですが、この父娘のエピソードがとても素敵なもの。『MASTERキートン』の魅力の一つである「ホームドラマ」が、続編でも存分に味わえます。

6回使えて最大3,000円お得!
ebookjapan初回限定70%OFFクーポン

「人生のマスター」へと歩むキートンの姿

もちろん「オプとしてのキートン」が活躍するサスペンス・ストーリーが、『MASTERキートン』ならではの面白み。『Reマスター』でも世界情勢や社会問題、そして各地の文化や歴史が緻密に組み込まれた案件が描かれます。

イタリアでは人身売買に絡んだ不法滞在者の身元調査、クロアチアでは元マフィアの移送警護、アイルランドではヤードの元刑事への取材に同行…。

そんなオリジナルと変わらない面白さを持つ各話。読みながらグイグイと引き込まれていくのですが、その中から浮かび上がってくるのは「20年の時を経たキートンの成長」

父親として娘を思うキートン、若きSAS時代の仲間を通して照らしだされるキートン、学問の壁に悩むキートン…。

『MASTERキートン』の頃の面影はそのままに、人間として円熟味を増したその佇まい。「『人生の達人』に近づきつつあるキートン」を感じて、不思議な充足感のある続編です。

『MASTERキートン Reマスター』まとめ

以上、長崎尚志さん+浦沢直樹さんの漫画『MASTERキートン Reマスター』感想・レビューでした。

オリジナルの雰囲気はそのままに、懐かしさの先に新しさを感じる良い続編。『MASTERキートン』らしさが存分に味わえます。

なお最終話『栄光の八人』は「これにて『MASTERキートン』完結!」という内容では無いので、続巻がワンチャンある、かも…?(無いかな…)

『MASTERキートン Reマスター 豪華版 デジタルVer.』(1,100円)は、

でかなりお得に読めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました