懐かしのレトロ漫画

1970・1980・1990年代に発表された作品中心、ちょっと懐かしい漫画の紹介・感想です。

SF漫画

新要素を加えて電子書籍化!漫画『GUNHED リニューアル版』レビュー

懐かしのメカ・アクション映画『ガンヘッド』。そのコミカライズが長い時を経て電子書籍で復活! 追加エピローグなどの新要素を収録し、2024年3月に復刊された、麻宮騎亜さんの漫画『GUNHED リニューアル版』レビューです。 以下、『GUNHE...
ドラマ・恋愛

漫画『人間交差点ベストセレクション』レビュー:人の息づかい感じるヒューマン・ドラマ

ヒューマン・ドラマが好きなのだけれど、最近は食指が動く漫画があんまり無いな…。 ならば昔の漫画を読めばいいじゃないか!と思って読んたのがこちら。原作・矢島正雄さん、漫画・弘兼憲史さんの『人間交差点ベストセレクション』上下巻です。 断片的には...
SF漫画

漫画『UFOロボ グレンダイザー』レビュー:永井豪のSF巨大ロボットもの

故郷を追われた宇宙人・デューク=フリードは、万能円盤UFOロボ「グレンダイザー」を駆り、地球を襲う凶悪な円盤軍団に立ち向かう!永井豪さんの漫画『UFOロボ グレンダイザー』レビューです。 『UFOロボ グレンダイザー』は1975年より放送さ...
SF漫画

『ミノタウロスの皿』『カンビュセスの籤』ほか『藤子・F・不二雄SF短編』おすすめエピソード

少年・少女向け漫画を描くかたわら、社会風刺やブラック・ユーモアを絡めた「SF(SUKOSHI FUSHIGI)短編」を生み出してきた藤子・F・不二雄さん。そのSF短編漫画の中から選んだおすすめエピソードです。 現在、藤子・F・不二雄さんのS...
SF漫画

漫画『エスパー魔美』感想―超能力美少女が華麗に活躍?さわやかSF

超能力"少年"を題材にした漫画は数多くありますが、「超能力"少女"が主人公の少年向け漫画」というのは、連載当時めずらしかったのでは。 TVアニメ化もされた藤子・F・不二雄さんの漫画『エスパー魔美』。多彩な超能力を発揮する主人公・魔美のさわや...
オカルト・ホラー漫画

漫画『うずまき』感想―”渦巻き”の恐怖が町を覆う!伊藤潤二の傑作ホラー

小さな町で起こった"ある異変"は、やがて渦を巻くように町全体を覆いはじめ… 『富江』シリーズなどで著名な作者・伊藤潤二さんの長編ホラー漫画『うずまき』。美しさとグロテスクさを併せ持つ、代表作品の一つです。 連載は小学館ビッグコミックスピリッ...
SF漫画

近藤和久版『機動戦士Zガンダム』感想―メカ描写が魅力のアニメ・コミカライズ

数々のガンダム漫画を描かれてきた近藤和久さんが、TVアニメ『機動戦士Zガンダム』本放送時に連載していたのが、本記事でご紹介する漫画『機動戦士Zガンダム』全3巻。 面白い!というタイプの作品ではないのですが、なかなか味のあるコミカライズ。 オ...
ebookjapan

漫画『その名は101』感想―血を分けた超人たちを倒せ!「その後のバビル2世」の闘い

「3つのしもべ」を従え宿敵・ヨミを倒したバビル2世。その後に待ち受けていたのは「自身の血で生み出された超人たち」との闘いだった! 横山光輝さんのSFアクション漫画『その名は101(ワンゼロワン)』全5巻完結。大人気作品『バビル2世』の正当な...
ebookjapan

漫画『バビル2世』感想―宿敵ヨミを倒せ!「3つのしもべ」を従える超能力少年

古代に生きた宇宙人の遺産を受け継ぎ、悪の首領と超能力バトルを繰り広げる少年描く漫画『バビル2世』。『鉄人28号』『三国志』などと並ぶ、横山光輝さんの代表的作品です。 連載は秋田書店少年チャンピオンで、全12巻完結(続編あり)。1970年代の...
SF漫画

漫画『ヴイナス戦記』感想―金星の大地を青春が焦がす!未完のSF大作

金星に入植した人類が繰り広げる領土争い。その渦中に身を投じた若者たちの運命は―? 安彦良和さんの『ヴイナス戦記』。学研の漫画雑誌「コミックNORA(ノーラ)」に連載され、作者本人によりアニメ映画化もされたSF漫画です。全4巻完結(※未完。詳...
ebookjapan

SF漫画『マーズ』―ラストが衝撃的過ぎる!横山光輝の巨大メカ・バトル

海底火山の噴火とともに目覚めたのは、地球の命運を握る少年だった―! 地球の破壊をめぐって巨大メカが激突する、横山光輝さん描く迫力のSFアクション漫画『マーズ』全5巻。「予想外の結末」がインパクトあり過ぎ!な作品です。
オカルト・ホラー漫画

漫画『おろち』感想―不思議な美少女が誘う恐怖!楳図かずおの傑作ホラー

謎の少女"おろち"を狂言回しとして描かれる、楳図かずおさんの漫画『おろち』全4巻(小学館ビッグコミックススペシャル版)。 ホラー漫画家として定評のある楳図かずおさんですが、恐怖だけでなくその高いドラマ性に衝撃を受けるホラー・オムニバスです。
ebookjapan

漫画『EXPLORER WOMAN RAY』感想―女性考古学者の遺跡探索アドベンチャー

女性考古学者・レイは、日記に残された祖父の足跡をたどり、今日も世界を駆け巡る! 岡崎武士さんの『EXPLORER WOMAN RAY(エクスプローラーウーマン・レイ)』。若き女性考古学者の冒険を美麗な筆致で描く、ちょっと懐かしのアクション漫...
SF漫画

士郎正宗『攻殻機動隊』感想:世界に衝撃を与えた近未来SFアクション

1991年の単行本で漫画ファンに、1995年の押井守監督によるアニメ映画化で世界に衝撃を与えた『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』。現在も新作アニメが展開される、人気のSF作品です。 本記事ではそのシリーズ原点である...
スポーツ漫画

ゴルフ漫画『あした天気になあれ』チャー・シュー・メンで世界を狙え!

荒川の河川敷で一人クラブを振っていた少年は、やがてプロゴルファーとなり、世界へと羽ばたいていく! 『あしたのジョー』と並ぶ巨匠・ちばてつやさんの代表的作品『あした天気になあれ』全58巻。 週刊少年マガジンに約10年に渡って連載、少年誌の枠を...
アクション・格闘技漫画

漫画『デビルマン』感想―驚愕の最終回がスゴイ!永井豪の傑作アクション

悪魔と合体、「デビルマン」となった少年・不動明は、デーモン族との壮絶な戦いの果てに何を見るのか…? 永井豪さんの漫画『デビルマン』。1970年代の発表ながら、今なお世界に強烈なインパクトを与えづける傑作バイオレンス・アクション。「驚愕の最終...
SF漫画

SF漫画『火の鳥』は今読んでも面白いの?全巻あらすじ紹介&感想

数多くの漫画を遺した漫画界の巨匠・手塚治虫さん。その中でも有名な作品の一つが『火の鳥』。作者のライフワークと評される名作SF漫画ですが、 「手塚治虫をあまり知らない人が、いま初めて『火の鳥』を読んでも面白いと感じるのか?」 と素朴な疑問も。...
ゲーム・ギャンブル漫画

漫画『銀と金』感想―裏社会を悪党が駆ける!福本伸行の傑作サスペンス

裏社会のフィクサーである男と、文無しだが心に「芯」を持つ男。二人が出会った時、日本社会の歯車が静かに動き出す…! 福本伸行さんの『銀と金』全11巻完結済み(※未完)。作者の代表作『アカギ』『カイジ』と同様のギャンブル要素ほか、政治・金融・命...
ドラマ・恋愛

漫画『花園メリーゴーランド』感想―秘境の民俗エロティック・サスペンス

どこか淫靡な雰囲気を醸し出す閉鎖的な集落を舞台に、大人の階段を登る少年描くエロティック・サスペンス『花園メリーゴーランド』全5巻完結。 約20年ほど前の漫画ですが、今読んでも興奮する!(もちろん面白すぎて) 作者は柏木ハルコさんので、小学館...
ドラマ・恋愛

手塚治虫の怪作『七色いんこ』―代役専門の役者にして泥棒、その目的は?

代役専門の舞台役者にして泥棒である"いんこ"の活躍描く、手塚治虫さんの漫画「七色いんこ」全7巻感想。各話に実在の演劇作品を組み込んだ、異色のサスペンス作品です。