漫画「その名は101」―血を分けた超人たちを倒せ!バビル2世の新たな闘い

「3つのしもべ」を従えて宿敵・ヨミを倒したバビル2世。その後の彼を待ち受けていたのは、その血をもとに生み出された超人たちとの闘いだった!

横山光輝さんのSFアクション漫画「その名は101(ワンゼロワン)」全5巻。大人気作品「バビル2世」の正当な続編で、101と名前を変えたバビル2世の新たな闘いが描かれます。

「その名は101」感想

あらすじ・概要

世界征服をもくろむ悪の首領・ヨミを倒したあと、とある研究施設にて善意のために自らの血を提供していたバビル2世=山野浩一

しかしその血を輸血した人間が自身と同じ超能力を持つ人間となること、それがCIAによって悪用されていることを知り、施設から脱走。「作られた超人たち」を倒すために、一人過酷な闘いに臨んでいく

…というストーリー。前作「バビル2世」では終始ヨミとの闘いが描かれましたが、「その名は101」では「超人VS超人」の超能力バトルが展開されます。また劇中ではバビル2世は、施設内のコードネームである「101(ワンゼロワン)」と呼ばれます。

1対1の超人バトルが面白い

施設を抜け出した101。しかしロデム・ロプロス・ポセイドンら「3つのしもべ」はアメリカ軍に封じ込められた状態。かくしてCIAの差し向ける超人たちと、己の身一つで闘うことに。

  • 刃物を仕込んだボディアーマーで回転攻撃を仕掛ける赤毛のジャック
  • 101の血が入ったことで凶悪性を増した殺人鬼・ドミノ
  • 家族との暮らしを守るために101に挑むジェームス

などユニークなキャラクターを持つ超人たちが登場し、101に闘いを挑みむのですが、この「1対1の超人バトル」が非常に面白い!

「バビル2世」では「バビル2世+3つのしもべ VS ヨミ+配下の軍団」が基本的な構図でしたが、「その名は101」ではその図式をガラリと変更。人同士が戦うことでバトルにドラマ性が加味、闘いのバリエーションも増え、手に汗握ること必至。

また自身と同じ超能力者に対して101の切り札となるのは、ヨミとの闘いでも見せた「エネルギー衝撃波」。その描写は前作よりも洗練され、非常に迫力のあるものに。「バビル2世」からさらに進化したアクションシーンが楽しめます。

悲哀に満ちたヒーローの背中

さらに「その名は101」ならではの面白みが、101の「人間味」へのクローズアップ描写

自身の血によって作り出された超人たちを倒し、傷つくたびに、「残るは何人…」とひとりつぶやく101。そして血塗られた闘いに感じる、むなしさ・やりきれなさを見せるその背中

ヒーロー然としていた「バビル2世」とは異なるその姿に、悲哀とも寂寥感とも言えない感覚を覚えるのですが、それが101という主人公をより魅力的な人間に見せています。孤独なヒーローって、なんか胸にグッと来るんですよね…。

ちなみに「その名は101」序盤ではなんと!101のラブロマンスも!前作では女性が全く登場しませんでしたが、それもあって非常に興味深いエピソードです。

過酷な闘いの結末は…?

そして孤独にして過酷な闘いを続ける101は、最終5巻にてついに「3つのしもべ」への手がかりを掴みます。いやー、101の超能力バトルも魅力的なのですが、やはりロデム・ロプロス・ポセイドンが揃っての「バビル2世」でもあるんですよね。

しかし!101が「3つのしもべ」の手がかりを掴んだ裏には、ある陰謀が。さらに「あの人物」の影もよぎり…?

これ以上はネタバレになるので自重。っていうかすぐに分かると思うのですが(笑)。かくして「最後の戦い」へと赴く101=バビル2世。その結末や如何に!「バビル2世」シリーズのラストとなるシーンは、何とも余韻の残るもの。ぜひ本編でお楽しみを。

まとめ

以上、横山光輝さんの漫画「その名は101」の感想でした。ヒーロー性の高い「バビル2世」とはまた異なる風合いを持つSFアクション作品。個人的には「その名は101」の方が好みです。

なお「その名は101」5巻には、読切のSF短編「ポイント4」を収録。航空機や艦船の消失が続く海域、その謎に挑む超能力少年たちの活躍が描かれるのですが、これが短編ながらも読み応えのある佳作SF。こちらもご一緒にお楽しみを。

「その名は101」「バビル2世」ほか横山光輝漫画の電子書籍は、電子書籍ストアebookjapanで配信されています。記事作成現在、Kindleでは配信されていないのでご注意を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました