ドラマ・恋愛漫画感想・レビュー

漫画『去る者は日々に疎し』感想―性と生・生と死のコントラストが紡ぐ恋愛ドラマ

[ページ内に広告が表示されます]

死んだ恋人が忘れられぬまま大人になった男は、死臭を漂わせるAV女優に出会い、その心を揺り動かされていく―。

去る者は日々に疎し 2 (ヤングチャンピオン・コミックス)

葉月京さんの漫画『去る者は日々に疎し』(協力:折笠りょこさん)。死の匂いを嗅ぎ分けられる男と訳ありAV女優の出会いから始まる、ちょっとセクシーな恋愛ドラマです。

連載は秋田書店ヤングチャンピオンで、2024年2月現在、単行本1~7巻が刊行中。

金・土・日はPayPay還元大増量!
ebookjapan コミックウィークエンド

『去る者は日々に疎し』感想・レビュー

どんな話?主なあらすじ

死が近づいている人間が発する「甘ったるい匂い」を嗅ぎ分けられる、仏具店勤務の会社員・弓削命(ゆげみこと)。

しかし高校時代の彼女・希望(のぞみ)を救えなかったことを悔い、同名女優が出ているAVを見ることでしか「生」を実感できない彼。

「ただ生きているだけ」の悶々とした日々を過ごす。

去る者は日々に疎し 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

ある日仕事で立ち寄った墓地で、「甘い匂い」を漂わせる女性とすれ違う命は、彼女の持つペットボトルを思わずはたき落とす。

驚く表情を見せた女性は、お世話になっているAV女優・妻夫木希望(つまぶきのぞみ)本人だった…!

無料会員登録で『70%OFF+50%OFF
+何冊でも20%OFF
』クーポン!
マンガ読むならブックライブ

オカルト風味を持つ主人公たち

墓地での出会いの後、縁あって再会した命と希望。不思議な交流を続けていく二人の様子が、漫画『去る者は日々に疎し』で描かれていきます。

去る者は日々に疎し 3 (ヤングチャンピオン・コミックス)

実は命は「死の匂いを嗅ぐと性欲が高まる」体質で、希望との触れ合いでは思わず気持ち(とアソコ)が高まったりして…?

生きがいの無い人生を送る彼が「生」を感じ、その人生に変化を見せていくように。

一方、セクシー女優としてAV業界で生きる希望。一見気ままに生きているようで、心の奥底には他人には窺いしれない大きな澱みが

徐々にその背景が明らかになるのですが、それがなかなかヘビーな内容。

また希望は命の背後に「何かが見えている」ようで、それが彼の心を徐々に揺り動かすことに…?

性質は違えどオカルトな能力を持つ二人。その関係性を深めていく様子に、不思議なドキドキが。

「生と性」「生と死」のコントラストが面白い

「仏具店社員とAV女優」が不思議な出会いを果たし、なんとな~く良い感じの雰囲気でスムーズに交流が…

とは行かないのが『去る者は日々に疎し』。ヒロインがセクシー女優ということで、業界ならではの「闇」を垣間見せていくストーリーが展開

去る者は日々に疎し 6 (ヤングチャンピオン・コミックス)

その元凶となるのは、希望の後見人である関西弁の怪しげなオバちゃん。

かつてよんどころない事情から家を出た希望は、彼女に拾われ女優となったのですが、このオバちゃんがクセの強い人物で…!

普通の恋愛ドラマよりもやや重たいストーリーなのですが、その中で描かれる主人公ふたりの「生と性」「生と死」のコントラストが非常に印象的。

他の恋愛漫画には無い緊張感、ミステリアスな雰囲気が、独特の面白さを演出。続きが気になる…!

セクシー描写が良いドロドロ感を演出

ちなみに作者の葉月京さんは、『恋愛ジャンキー』のようなセクシー系の作品が多い漫画家さん。

本作はセクシー描写がメインの漫画ではありませんが、物語冒頭からハードなXXXXがあったりして、いい意味でビックリ(笑)。

また劇中で希望の撮影シーンも随所に挿入されるのですが、これが18禁作品に負けず劣らず本格的でこれまたビックリ。流石ヤングチャンピオン(笑)。

いや真面目な話、非常に洗練された描写で、物語の見どころの一つとなっています。

このセクシー要素が命と希望の交流、さらには物語全体に良い感じの「ドロドロ」を付加

惚れた腫れただけではない重量感のある恋愛ドラマ、クセになるほど引き込まれる…!

まとめ

以上、葉月京さんの漫画『去る者は日々に疎し』の感想・レビューでした。

18禁ではないセクシー系の漫画は数多くありますが、本作は「恋愛ドラマ」「セクシー描写」「オカルト要素」が奇跡的に絡み合っていて、他の作品には無い面白み・深みを感じます。

セックス描写が一般作品よりは激しめなので、読む人を選ぶかもしれませんが、ハマればとことんハマる!物語。

さて、今後苦難の予想される主人公ふたりの道は、どこに繋がっていくのか?今後の盛り上がりに増々期待が高まります。

なお『去る者は日々に疎し』は、1巻と同時刊行の漫画『若気の至りまくり、夏。』と連動。

こちらの主人公・虹渡(にじと)が勤める葬儀社は、命が勤務する仏具店の隣にある関連会社、という設定。ほか、一部キャラクターの設定にも関係があります。

ひと夏のアバンチュールで、爆乳お姉さんと関係を持った虹渡。

しかしのちに葬儀で再会したお姉さんは実は人妻で、ドSな夫に虐げられていて?というエッチなドラマ。命も1巻後半でゲスト出演します

『若気の至りまくり、夏。』を未読でも『去る者は日々に疎し』の理解に問題はありませんが、読んでおくと世界観がより広がること請け合い。今後のリンク加減も楽しみです。

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。