電子書籍はPayPay(ペイペイ)で買える?支払い方法と使えるストア

「キャッシュレス決済」の利用がすっかり定着しましたが、電子書籍もキャッシュレス決済での支払いに対応しているストアが増えました。

その中でも特に取り扱いが多いのが「PayPay(ペイペイ)」。各種キャンペーンと連動することも多く、電子書籍でのお買い物が捗ります。

本記事では以下、「決済方法の具体例」「PayPayが使える電子書籍ストア」をご紹介します。

PayPayを使った支払い方法の例

まず電子書籍を購入する時に、どのような感じでPayPayを支払いに使うのか?その具体例をご紹介します。

利用した電子書籍ストアは「ebookjapan(イーブックジャパン)」で、PayPayがすでに利用可能になっている状態です。

下記はパソコン+Chromeブラウザでお買い物をしていますが、スマホなどでも基本的に同じ流れです。

まず購入したい電子書籍をカートに入れ、「購入手続き」に進みます。

PayPayとYahoo!Japan IDの連携が完了していれば、支払い方法として「PayPay残高」が表示されます。Tポイントとの併用も可能です。

今回はPayPayで全額支払うので、そのまま「購入を確定する」をクリック。

以上で購入が確定しました。PayPayもebookjapanも「Yahoo!Japan」が運営しているサービスなので、とてもスムーズにお買い物ができます。

なおebookjapanでは「ebookjapanアプリ」でも電子書籍が購入できますが、支払いには「コイン(GooglePlay支払い)」が必要となります。

WebならばPayPayでチャージできますが、それよりも上記のようにWebサイトから電子書籍購入→直接PayPay支払いをした方が簡単です。

新規限定『6回使える70%OFFクーポン』(1購入で最大500円引き)で最大3,000円お得!金曜日はPayPay還元コミックフライデー開催

PayPayで電子書籍が買えるストア

上記のように決済時にPayPayを指定することで、PayPay残高を電子書籍の購入に利用することがお分かりいただけたと思います。

ではPayPayはどのような電子書籍ストアで利用可能なのか?

PayPay公式を確認してみると、以下の電子書籍ストア・サービスでPayPayの利用が可能となっています(2022年10月現在)。

なお【DMMブックス】のように、「PayPayで直接の支払いは出来ないが、ポイントチャージが可能(実質PayPay支払いができる)」といった電子書籍ストアも存在します。

PayPayでKindle電子書籍は買える?

さて気になるのは「PayPayはKindle電子書籍の購入に使えるのか?」

Amazonのヘルプを見ると、「PayPay(ペイペイ)をお支払い方法に追加する方法」というページがあり、その中に「Kindle購入について」という項目があります。

Amaoznヘルプ:PayPay(ペイペイ)をお支払い方法に追加する方法

この説明によると、「コンテンツと端末の管理」から「Kindleの支払い設定」へ移動、「PayPayアカウント追加」をすると、PayPayアプリへ移動…という流れで設定が完了するようです。

アプリが出てくるので、スマホ・タブレット用になるのでしょう。私の環境では残念ながら設定が完了しなかったのですが、「KindleをPayPayで支払いたい!」という方は確認してみてください。

まとめ

以上、PayPayが利用できる電子書籍ストアと、購入の具体例でした。普段からPayPayでお買い物をされている方は、特に違和感なく利用できるのではないでしょうか。

なお電子書籍ストアebookjapan(イーブックジャパン)では、PayPayの還元率がお得になるキャンペーンが頻繁に開催されています。

ebookjapanとPayPayは、同じYahoo!が運営するサービス。なので他の電子書籍ストアと較べてもお得な還元率となっていることが多く、電子書籍の購入が捗ります。


【ebookjapanのキャンペーン例】

ebookjapanでは初回ログインで【1購入につき最大500円、合計6回まで使える値引きクーポン】がもらえます。PayPayと組み合わせて使うととてもお得なので、ぜひチェックしてみてください。

ebookjapanは「初回限定70%OFFクーポン」のほか、毎週金曜日開催の「コミックフライデー」がお得。エントリー&全額PayPay残高支払いで「最大20%のPayPayポイントが還元」されるので、金曜日のまとめ買いがオススメです。
タイトルとURLをコピーしました