全3巻完結のおすすめ漫画まとめ

手頃で読みやすい巻数で、確実なおもしろさが詰まっている。全3巻完結のおもしろい漫画まとめです。随時更新予定。

スポンサーリンク

リウーを待ちながら

リウーを待ちながら(1) (イブニングコミックス)朱戸アオ:講談社

富士の麓に位置する地方都市を襲った、伝染病「ペスト」によるアウトブレイク。対応に奔走する、女性医師・玉木と疫研の原神。しかし死者は増える一方で、収束の気配を見せない。果たして致死率100%の感染症に対抗する術はあるのか?

朱戸アオ「リウーを待ちながら」
[朱戸アオ 著 講談社「リウーを待ちながら」1巻より引用]

良質な医療サスペンスを描かせたら右に出るものはいない、朱戸アオさんの長編連載作品「リウーを待ちながら」。感染症の恐怖、そして事態に直面した人々の悲哀が、リアルに展開されます。

もし本当に、日本で感染症によるアウトブレイクが発生したら、劇中のような事が起こるに違いない。そんな気持ちを抱かせる内容。いたずらに恐怖を煽るでも無く、お涙頂戴でも無く、冷静な視点で描かれる医療ヒューマン・ドラマです。

うたかたダイアログ

うたかたダイアログ 1 (花とゆめコミックス)稲井カオル:白泉社

金髪の片野くんと、クールで天然ボケな宇多川さん。二人がバイト先のドラッグストアを中心に笑いを振りまく、稲井カオルさんのラブコメ漫画「うたかたダイアログ」。

稲井カオル「うたかたダイアログ」3巻
[稲井カオル 著 白泉社「うたかたダイアログ」3巻より引用]

とにかく、作者・稲井カオルさんの会話センスが素晴らしい一作。途切れることなく笑いを生み出す、滑らかなボケとツッコミの応酬が、全3巻ノンストップで繰り広げられます。

全編笑いに包まれながらも、片野くんの片思いは成就するのか、気のない素振りの宇多川さんの胸の内はどうなのか、というラブ要素も気になるところ。ベタベタせずカラッとしているので、男子にもオススメ。笑いとニラニラが止まりません。

ちづかマップ

ちづかマップ(1) (フラワーコミックススペシャル)衿沢世衣子:小学館

古地図が大好きな女子高生・鹿子木ちづか。幼馴染みの三四朗や祖父・善七、そして友人たちとともに、地図を片手に東京や地方の名所を歩き回る。

という、ゆるふわな街・再発見漫画「ちづかマップ」。講談社版・旧「ちづかマップ」全1巻を下敷きに、リニューアルされた全3巻。

衿沢世衣子「ちづかマップ」
[衿沢世衣子 著 小学館「ちづかマップ」1巻より引用]

衿沢世衣子さんのさらりとした線で、活き活きと描かれるキャラクターたちが、東京を中心に日本の街や名所を探検します。読んでると「おでかけしてみようか」という気になってくる、楽しい漫画。構えずに読める作品です。

一変世界

一変世界 1巻 (バンチコミックス)明治 カナ子:新潮社

不思議な森に囲まれた神殿の中で修行をおくる、大巫女見習いの少女・プーリョ。普段は男装し、幼なじみのエズリンと遊ぶ彼女だが、やがて失踪した先代の秘密に迫り…。

という、明治カナ子さんのファンタジー漫画「一変世界」。序盤はほのぼのファンタジー。絵柄の可愛さと相まった、ふんわり優しい雰囲気に包まれた世界が描かれます。

…と思いきや、徐々に姿をあらわにしていく、世界の裏の姿。森の魔物や妖しげな「五賢人」の影がちらつき、果たしてプーリョの進む道は闇か光か、という物語。

明治カナ子「一変世界」
[明治カナ子 著 新潮社「一変世界」1巻より引用]

ダーク・ファンタジーほどの暗さではありませんが、物語全体にひっそり・どんよりと漂う闇の影。読み進めていくと、明治カナ子さんの作り上げた世界にどっぷりはまっていく、不思議な物語です。

残念ながら大人の事情により、描かれなかったエピソードもあるよう。ですが、そんなことは気にならないぐらいおもしろい漫画。ファンタジー好きの方にオススメしたい。

この世界の片隅に

この世界の片隅に : 上 (アクションコミックス)こうの史代:双葉社

昭和初期を生きる、絵が得意な浦野すず。結婚のため広島から呉へ。

折しも世は、第二次世界大戦の真っ只中。生活に必要な物資は次第に不足していくが、すずはささやかな楽しみを見つけながら、夫・周作とその家族と共に生きる。

そして戦局は進み、広島には「あの日」が―。

こうの史代「この世界の片隅に」
[こうの史代 著 双葉社「この世界の片隅に」上巻より引用]

2016年後半に話題をかっさらった、同名映画の原作「この世界の片隅に」。「夕凪の街 桜の国」のこうの史代さんにより描かれた、戦争をテーマとした全3巻。

テーマが戦争…と書くと構えてしまうかもしれません。ですがこうの史代さんによる優しい絵柄で、ユーモアたっぷりに描かれる当時の風情が何より魅力的な本作。まずはそれを楽しむ気持ちで読んでみてはいかがでしょうか。きっと心に残るものがあるはず。

超嗅覚探偵NEZ

超嗅覚探偵NEZ 1 (花とゆめコミックススペシャル)那州雪絵:白泉社

ペット専門の探偵・松下操は、犬以上の超人的な嗅覚の持ち主。その能力で行方不明のペットや探しものを見つけ出す。

そんな松下の同級生である刑事・神保は、とある事件をきっかけに彼と再会。その能力を捜査に使える、と判断した上司の命令で、松下に協力を依頼する。

が、松下は大の警察嫌いで―。

那州雪絵「超嗅覚探偵NEZ」
[那州雪絵 著 白泉社「超嗅覚探偵NEZ」1巻より引用]

那州雪絵さんの「超嗅覚探偵NEZ」。「デビルイヤーとデビルアイがあってなぜデビルノーズが無い!」と憤る、ちょっと変わった能力者・松下がおもしろい。「超人的な嗅覚」という稀有な能力を描く、ある種の超能力漫画。

コメディ色強めかと思いきや、ミステリー要素も予想外に本格的で納得の作り込み。ラストは意外な方向へ。

おとうふ次元

おとうふ次元 1 (MFC)カミムラ 晋作:KADOKAWA / メディアファクトリー

現代世界で遭難したタイム・トラベラー「ジン・トライ」。未来からの救助を待つ彼がとった行動は…何もしないこと!

過去への干渉を最低限にとどめようと行動するジンだが、しかし現代には未来を変えてしまうほどの危険がいっぱいで―?

森繁拓真/カミムラ晋作「おとうふ次元」
[森繁拓真/カミムラ晋作 著 KADOKAWA/メディアファクトリー「おとうふ次元」1巻より引用]

「バタフライ・エフェクト」を逆手にとったSFコメディ漫画「おとうふ次元」。読者にとって何気ない日常でも、未来を改変できないという縛りのあるジンにとっては脅威である、というところにおかしみが生まれます。

しかしジンの行動を見ている内に、私達が当たり前と思っていたことも、見方を変えると実はちょっと不思議なことだと気付かされたり。コメディとしてもSFとしても秀逸な漫画。女性陣が微妙にカワイイのもポイント。

I.C.U.

I.C.U. 1巻 (ビームコミックス)タイム 涼介:KADOKAWA / エンターブレイン

元物理学者・磯呂井心(イソロイシン)。職を失い、かつての友人・或木仁(アルギニン)の下で除霊に携わることに。

除霊師でありながら霊視のできないニンは、霊の見える少女・アミノをスカウト。ここに異能な除霊チームが誕生する。


[タイム涼介 著 KADOKAWA「I.C.U. 」1巻より引用]

「日直番長」のタイム涼介氏による、異色の心霊漫画「I.C.U.」。絵柄は独特なのですが、心霊現象の描写、真に迫っていて結構怖いです。タイム涼介氏特有の軽妙なセリフ回しがクセになる、オカルト漫画の隠れた秀作。

白い街の夜たち

白い街の夜たち 1 (ビームコミックス)市川 ラク:KADOKAWA / エンターブレイン

服飾系の専門学校に通う文子(あやこ)は、ふとしたきっかけでトルコ料理店でバイトを始めることに。

トルコ人オーナー・ホジャさん、従業員兼ベリーダンサーのざくろに囲まれ、次第にトルコ文化になじんでいく文子。先が見えずに苦しい気持ちを抱いていた彼女は、やがて自分の進む道を見つけ―。

市川ラク「白い街の夜たち」
[市川ラク 著 KADOKAWA/エンターブレイン「白い街の夜たち」1巻より引用]

ターキッシュな雰囲気あふれるコミック、市川ラクさんの「白い街の夜たち」。食事、ベリーダンス、イスラムの戒律…。日本人が普段ふれる機会の少ない、トルコ文化の描写が魅力。

その中で描かれる、一人の女性の成長。異文化に触れて新しい道を見出し、そして大人になっていく彼女の姿がまぶしい。

ブルー・ワールド

新装版 ブルー・ワールド(1) (アフタヌーンコミックス)星野之宣:講談社

太古の時代へと続く謎の穴「ブルー・ホール」。イギリスとアメリカは合同調査隊は、ブルー・ホールを通り1億4500万年前のジュラ紀世界へ。

しかし突如起こった異常により、閉ざされる現代への道。取り残された人々はわずかな帰還の可能性にかけ、恐竜世界でのサバイバルに突入するが…?。

星野之宣「ブルー・ワールド」
[星野之宣 著 講談社「ブルー・ワールド」1巻より引用]

星野之宣さんの「ブルー・ワールド」。オリジナルは全4巻、新装版は全3巻。

恐竜世界で人類はどのように生き延びるのか?というSFファン・恐竜ファンならば誰もが描く夢を、見事に漫画化。「恐竜VS人間」のリアルなファイトが、想像以上の迫力で描かれます。

人間同士のいがみ合いも起こる中、主人公たちは無事に現代世界へ帰還できるのか?緊迫のSFサバイバル。

サイコろまんちか

サイコろまんちか(1) (月刊少年ライバルコミックス)小出もと貴:講談社

対人スキルゼロだが、心理学に異様に詳しい女子高生・伊東。彼女が幼馴染みのイケメン・阿部や、心理学研究部の面々と共に、学内の相談事・困り事を心理学で解決?という心理学コメディ。小出もと貴さんの「サイコろまんちか」。

小出もと貴「サイコろまんちか」
[小出もと貴 著 講談社「サイコろまんちか」1巻より引用]

変態チックな伊東や、彼女にいいように言いくるめられる阿部たちに、大笑い必至。しかし作中で解説される「心理学」は、いずれもマジメなものばかり。意外と実生活に活かせそう?

読み始めると笑いが止まらない、名作コメディ漫画です。

東京物語

東京物語 1 (ハヤカワコミック文庫)ふくやま けいこ:早川書房

時は昭和初期。帝都東京の出版社に勤める桧前平介は、とある宝石盗難事件を通じて謎の青年・牧野草二郎と出会う。

下町の人々から「草ちゃん」と慕われる草二郎と、親交を深めていく平介。しかし彼には何やら不思議な力があり、その過去にも秘密が…。

ふくやまけいこ「東京物語」
[ふくやまけいこ 著 早川書房「東京物語」1巻より引用]

かつて徳間書店の「アニメージュ」に連載されていた漫画、ふくやまけいこさんの「東京物語」。現在は文庫版が全3巻で刊行中。

ふくやまけいこさんの柔らかな絵柄が魅力的な作品。昭和ロマン漂う東京の風景も、ほんわかレトロなミステリー・サスペンス。草ちゃんの秘密に絡むアクション展開もあり、予想外なドキドキを感じます。

当時読んでいた方も、ラストを見逃していた方も、また手にとってみてはいかがでしょうか。

明日のない空

明日のない空 1巻塀内夏子:電書バト

東大阪で定時制高校に通いながら、ハンドボールに熱意をもやす少年たちと、それを見守る少女の物語。塀内夏子さんの「明日のない空」。

塀内夏子「明日のない空」
[塀内夏子 著 電書バト「明日のない空」1巻より引用]

決して恵まれているとは言えない環境の中、泥臭く生きていく彼らの姿。そしてスポーツシーンで描かれる躍動感。他のスポーツ漫画では決して読むことのできない、濃密な物語があります。

ハンドボールに情熱を燃やす少年たちの熱さ、そしてそれを見守るヒロイン・瑤子の存在が素晴らしい。

決してマネしないでください。

決してマネしないでください。(1) (モーニングコミックス)蛇蔵:講談社

工科医大で理論物理を専攻するバリバリの理系学生・掛田くん。学食のお姉さん・飯島さんに恋をするも、女性へのアプローチベタからあえなく撃沈。

蛇蔵「決してマネしないでください。」1巻
[蛇蔵 著 講談社「決してマネしないでください。」1巻より引用]

しかしまずは仲良くなるところからはじめよう、と教授や仲間の協力を得て、飯島さんと一緒に楽しい実験を行うが―?

絵・物語・知識と三拍子そろった、笑って学べる理系コメディ。蛇蔵さんの「決してマネしないでください。」。

「スタントマンはなぜ炎にまかれても平気なのか?」「切れた蛍光灯を灯すにはどうすればいいのか?」といった疑問を、実際の科学実験や偉人の功績に絡めて掛田くんたちが解決しようとする過程が楽しい!

ちゃんと理論・理屈にもとづいてのアプローチなので、学生にも読んで欲しい漫画。おもしろいです。

BW(ビューティフルワールド) 麻雀星取伝説

BW(ビューティフルワールド) 麻雀星取伝説(1) (近代麻雀コミックス)志名坂高次:竹書房

さて、本記事は「おすすめの全3巻完結漫画」という体でお送りしているもの。ここで取り上げようかどうか迷いましたが、個人的に好きな漫画なので挙げておきます。志名坂高次さんの「BW(ビューティフルワールド) 麻雀星取伝説」。

麻雀勝負でやり取りする「星」を100個集めると、なんでも願いが叶う世界。星取り戦に巻き込まれた麻雀ド素人の高校生が、謎の女性・茜とともにやがて巨大な敵に立ち向かっていくというSF麻雀漫画。

志名坂高次「BW(ビューティフルワールド) 麻雀星取伝説」1巻
[志名坂高次 著 竹書房「BW(ビューティフルワールド) 麻雀星取伝説」1巻より引用]

…はい、アホ漫画です。ツッコミどころは山程ある。が、アホも突き抜けると伝説に成りうる、という作品。一歩間違えれば命を失う星取り戦で行われる、緊迫した麻雀勝負。本格麻雀漫画「凍牌」も描く作者による麻雀描写は、真剣そのもの。

しかし対戦相手が妖怪みたいな人間に憑依されていたり、坊主の一声で瞬時に妊娠したり、実は彼らの存在する世界が◯◯◯だったり、という破天荒な展開。シリアスさとバカバカしさが表裏一体となった内容に、思わず笑ってしまう。シャレのわかる方に読んでいただきたい一品。

謎のあの店

謎のあの店(1) (Nemuki+コミックス)松本英子:朝日新聞出版

著者・松本英子さんが、自身の周辺や人生で気になっていた「中身のよくわからないお店・サービス」に体当たり取材をする、というエッセイ・コミック「謎のあの店」全3巻。


[松本英子 著 朝日新聞出版「謎のあの店」1巻より引用]

飲食店の他、温泉・旅館・占い屋・前世療法・猛禽カフェなど、多彩な業種の「あの店」が登場。体験してみて良かった、という話だけではなく、やっぱりしょぼかった、見た目通りひどかった、みたいな話も含まれるのが正直でリアリティあり。

一見、飄々とした線に見える松本英子さんの作画ですが、店の内部の描写が実に写実的でウマイ。まるで自分が「あの店」を体験しているかのような雰囲気が味わえます。このなんとも言えない読了感がクセになってくる、不思議な漫画。

三等星のスピカ

三等星のスピカ(1) (Kissコミックス)イシノアヤ:講談社

イシノアヤさんの「三等星のスピカ」。

ボーイッシュな三年生のマネージャーに惹かれる、脳天気な一年生キャッチャー。

背が低いことを気にしている、同じく一年生のピッチャー。

ピッチャーの遠縁で、彼のことが気になっているが素直になれず、つい邪険な態度を取ってしまう同級生女子。

そんな少年少女たちや野球部員を軸に、いたって普通の高校の、普通の一年間が描かれる、青春群像劇。

イシノアヤ「三等星のスピカ」
[イシノアヤ 著 講談社「あああ」1巻より引用]

ドラマティックな出来事はないけれど、イシノアヤさんの風味ある線によって描かれる、朴訥とした学生たち。

この「ふつうに描かれる普通」というのが、絶妙な心地よさを生み出している漫画。読後に不思議な気持ちに包まれます。

まとめ

以上、「全3巻で完結するオススメのおもしろい漫画」でした。全3巻漫画を読み次第、随時追記予定。

コメント