オカルト・ホラー漫画漫画感想・レビュー

漫画『カオスゲーム』感想―お前は神を見たか?ダークなオカルト能力バトル

[ページ内に広告が表示されます]

悪徳政治家の取材中、理不尽な暴力に巻き込まれた女性雑誌記者。しかしそこで「人智を超えた出来事」が起こり…?

山嵜大輝(やまざきだいき)さんの漫画『カオスゲーム』。不可解過ぎる「運命」に巻き込まれた主人公が「真実」に迫っていく、オカルティックな能力バトル・サスペンスです。

カオスゲーム(1) (アフタヌーンコミックス)

連載は講談社の漫画雑誌「アフタヌーン」。2024年3月現在、単行本1~4巻が刊行中。以下『カオスゲーム』の主なあらすじ・面白さ・見どころを、極力ネタバレ無しでご紹介します。

『カオスゲーム』感想・レビュー

どんな話?主なあらすじ

週刊誌の若手女性記者・鈴木蘭(すずきらん)。政治家と暴力団の癒着を追うが、逆に組員により倉庫に拉致、暴行を受けそうになる。

そこに突如、顔に異様な傷のある「盲目の男」が乱入。「なぜか」不運が連鎖し、襲いかかったヤクザたちが死んでゆく。「俺はお前の災いだ」

その隙に乗じて脱出を図る蘭だったが、同僚を殺され、自身も拳銃を突きつけられる。しかし発砲寸前、銃は「なぜか」不発、命を拾う。

その蘭に何かを感じ不気味に笑う男。「お前、神を見たことがあるだろう」と謎の言葉を残し、去っていく。その眼には「奇妙な幾何学模様」が…

漫画が読みやすい【ブックライブ
新規限定+おまけクーポン
全1巻から長編までお得!

オカルト風味あふれるサスペンス・ドラマ

凄惨な「殺戮」から生き延びた蘭。実は彼女の腹部には、生まれながらに「3つの円が重なった痣」が。また第一話冒頭では「母親の胎内にいた頃、私は神様を見た―」という「不思議な記憶」の描写も。

果たしてそれらは、「盲目の男」の眼に浮かぶ幾何学模様と、何らかの関係があるのか?シリアス&オカルト風味のサスペンス・ドラマが展開されていきます。

カオスゲーム(3) (アフタヌーンコミックス)

そして蘭は、彼女を「取材」に来たオカルト系雑誌のライター・東(あずま)と手を組み、「幾何学模様」が関係する「3人家族が同日に別々の事故で死んだ」事件の調査に向かうことに。

が、そこに向けられる「強烈な悪意」。蘭と東の命を狙って、バイオレンスでオカルティックな出来事が連続して襲いかかる!

謎の幾何学模様が意味するものは?

以降、「動物を操る力」「物体を自在に動かす力」など、様々な「能力」を駆使する敵に襲われる二人。

彼らにはいずれも「盲目の男」と同じ「直線形の痣」があり、その背後には「盲目の男」も関係するカルト教団の存在が…?

一般人を巻き込むことにも躊躇を見せない敵たちが、「殺意」をむき出しにして襲いくる。その迫力が何とも言えない恐ろしさ…。

カオスゲーム(2) (アフタヌーンコミックス)

一方「曲線系の痣」を持つ蘭。相手のような「能力」は今のところ発揮しないのですが、持ち前の負けん気の強さと行動力で、相手を撃退していく。その活躍が大きな見どころ。

その彼女には敵を恐れさせる「ある特殊な能力」があり、またそれが故に命を狙われるのですが、その力には自身も知らない秘密が…?オカルティックなバトルと、徐々に明かされていく「秘密」が、不気味な面白さを演出しています。

金・土・日はPayPay還元大増量!
ebookjapan コミックウィークエンド

巧みな画力で物語に引き込まれる

そんな『カオスゲーム』。蘭+東のボケ・ツッコミによる笑いと、オカルト風味のダークな能力バトルが最高!に良い雰囲気。

作者・山嵜大輝さんは、「アフタヌーン四季賞2020冬 四季大賞」を受賞したホラー読み切り『岸辺の夢』で、一躍話題になった漫画家さん。

岸辺の夢 - 山嵜大輝 / 【コミックDAYS読み切り】岸辺の夢 | コミックDAYS
【アフタヌーン四季賞2020冬 四季大賞】若き画家の二宮は、実在しない同じ女性の夢を毎晩見ていた。その女性を絵に描き、好評を得ていたが、ある日、阿久沢と名乗る男に「見せたいものがある」と自宅に招待される。そこには「同じ女性」をモデルにした様...

その初連載・初単行本である『カオスゲーム』、洗練された画力とテンポの良い物語運びで、謎が謎を呼ぶ展開に引きずり込まれていきます。

また主人公・蘭のキャラクターが、非常に魅力的。シャキシャキした真っ直ぐな性格、細身の体にみなぎるパワー、そして本人も知らない「謎」を抱えた彼女。


ちょっと口が悪いのですが(笑)、少年漫画の主人公のような輝きを持つ彼女。「出生の秘密」や「能力の謎」と相まって、その面白すぎる一挙手一投足から目が離せない!

『カオスゲーム』まとめ

以上、山嵜大輝さんの漫画『カオスゲーム』の感想・レビューでした。

オカルト風味あふれるストーリー、コミカルで魅力的なキャラクター、そして徐々に姿を現していく「謎」が、巧みな画力によって紡がれていく物語。

タイトルにもある「ゲーム」が今後どのような様相を見せていくのか、恐ろしくも楽しみです。

カオスゲーム(1) (アフタヌーンコミックス)

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。