パソコンで電子書籍マンガを読む方法+電子書籍ストア比較・おすすめ

「電子書籍」と言うとスマホアプリや専用端末が思い浮かびますが、パソコン(Windows・Mac)でも電子書籍の読書ができます。

しかしストアによってその対応状況はまちまち。また使い勝手にも差があります。そこで本記事では、パソコンを使った電子書籍読書の特徴や重要視したポイント、各ストアの特徴などをまとめてみました。

なお本ブログはマンガ専門なので、以下で記す「電子書籍」については、ほぼ「マンガ」とお考えください。動作確認にあたっては、Windows10+Chromeブラウザ+スクロールホイール付きマウスで、インターネット回線は固定の光回線を利用しています。

※各ストアの特徴等につきましては記事作成時のものであること、サービス提供元にて随時更新される可能性のあることをご留意ください。

2種類の利用方法

パソコンでの電子書籍利用について、読書の方法は「ストリーミング」と「ダウンロード」の2種類があります。どちらの方法を採用しているかは、電子書籍ストアによって異なります(両方を採用しているストアも多数あります)。

ストリーミング(ブラウザ)

アプリ等に移動することなく、電子書籍をブラウザ(ChromeやFirefoxなど)でそのまま読むことができる電子書籍ストアでは、ストリーミング形式を採用しています。


(↑参考:Kindleで商品ページからマンガを開く)

ページをめくるたび(もしくは先読みで)都度、電子書籍データの一部を読み込むので、本一冊分のデータをダウンロードしなくても読めること、また特別なアプリを必要としないことがメリットです。

例えば私が個人的に多くの電子書籍を購入している「BookLive!(ブックライブ)」でも、ストリーミング方式を採用。試し読みや買い物をしたあとの読書を、ブラウザ上でシームレスに行うことができます。

反面、本を開くたびにデータを読み込むことになるので、通信が安定しない環境ではスムーズに読書ができない場合も。Wi-Fi環境で利用するか、後述のダウンロード形式で読む、といった対応が考えられます。

ダウンロード(+専用アプリ)

ダウンロード形式はスマホアプリ等による読書と同様、端末に電子書籍のデータを落としておく形式です(ダウンロード途中でも読書ができるストアもあります)。また読書にあたっては、パソコン用の専用アプリをインストールする必要があります。


(↑参考:BookLive!のWindows用アプリ)

電子書籍のデータ容量や通信環境によってはダウンロードに時間がかかる、というデメリットがありますが、一度落としてしまえば、あとはスムーズに読書ができます。多数の電子書籍データを保存しても、最近のパソコンは記憶領域が大きいので、特に心配はいらないでしょう。

ストア選びのポイント

パソコンでの電子書籍利用にあたっては、以下の点をチェックすると良いでしょう。

  • ストリーミング(ブラウザ)・アプリ(ダウンロード)の対応状況
  • ページ送りなどのレスポンス(反応)の良さ
  • ページ送りがマウスのホイールに対応しているか
  • 購入した漫画の整理のしやすさ(本棚機能など)
  • その他、特徴的な機能

ストリーミングとダウンロードについては、個人的にはストリーミングに対応しているストアの方が便利だと感じます。特に通信環境が安定しているところでの読書では、ブラウザでインターネット閲覧の延長線上でマンガが読めるので便利。

また読みやすさに目を向けると、マウスホイールに対応しているかどうか、が重要な要素。マウスホイールをクルクルするだけでページめくりができるので、漫画の読みやすさが大きく変わってきます。

↑マウスのスクロールホイールの方が、クリックよりもスムーズ・スピーディにページ送りができます。

おすすめ電子書籍ストア

以上を踏まえ、実際にパソコンのブラウザで読書をして、漫画が読みやすいと感じた電子書籍ストアです。

BookLive!(ブックライブ)

  • ブラウザでの読書:○
  • アプリでの読書:○(Windowsのみ)

電子書籍サイト「BookLive!」。個人的にメインで利用しているストアです。ストリーミング・アプリの読書に対応(アプリはMac OSには非対応)。

とにかくブラウザのレスポンスが素晴らしい。マウスホイール・クリックとも、ページめくりの速度が良好。ダブルクリックでの拡大・縮小や、縦スクロールにも対応。ストレスなく漫画を楽しむことができます。

各漫画へのアクセスは、商品ページまたは「My本棚」から。My本棚では購入順や作品名順で並び替えができるほか、本棚内の検索も可能。グリッド表示にも対応してくれると便利なのですが、これは今後のアップデートに期待。

アプリでの読書もサクサク。ダウンロード・マウスホイールによるページ送り・本棚の使いやすさなど、読書がしやすいように作り込まれています。実際に試し読みなどしてもらえれば、そのレスポンスの良さを感じていただけるでしょう。

この使いやすさが、BookLive!をメインで利用している何よりの理由。日替わりクーポン「クーポンガチャ」と組み合わせて電子書籍がお得に買えるのも、オススメのポイントです。

BookLive!公式

Amazon(Kindle)

  • ブラウザでの読書:○(基本、マンガのみ)
  • アプリでの読書:○

言わずと知れた人気電子書籍ストア、AmazonのKindle。ストリーミングとアプリでの読書に対応。BookLive!と併用して利用しています。

ストリーミングでのマンガ読書は、Amazonの商品ページ・KindleマンガTOP・マンガ本棚(アカウントサービスメニューから移動可能)などから個別のマンガを開いて、ブラウザ上で直接読むことができます。

マウスホイール対応で読書はスムーズ。設定から縦スクロールを選ぶことも可能。ただしブラウザでの読書では、拡大縮小が行えないのが残念。

アプリでのマンガ読書は、なぜかダウンロードに若干時間がかかるかな…という印象。マウスホイールも対応していますが、クリックによるページ送りよりも気持ち、もっさりな動作感。

とはいえ、Kindleって以前はパソコンでの読書に力を入れていない感じだったのですが、最近はだいぶ使えるようになった、と感じます。アプリよりはブラウザでの読書がオススメ。

KindleマンガTOP

ebookjapan(イーブックジャパン)

  • ブラウザでの読書:○
  • アプリでの読書:○(Windowsのみ)

Yahoo!の電子書籍部門となったebookjapan。ブラウザでのストリーミング、パソコンのアプリでマンガが読めます(アプリはMac OS非対応)。

ブラウザでの閲覧はマウスホイール対応。動作も軽快で読みやすいです。拡大・縮小機能は実装されていませんが、その代わりに「3段送り」モードを搭載。1ページを上段・中段・下段と3段階で表示する、という変わった表示形式です。

Windowsアプリでの読書も、スムーズな操作感。ページ送りがサクサクできて気持ちの良い読書ができます。ページの拡大は拡大鏡で行う仕組み。虫眼鏡ボタンをオンにしてページにマウスを重ねると、その部分のみが拡大されます。

拡大・縮小の方式が他の電子書籍ストアに較べて独特ですが、これは好みの問題でしょうか。アプリの虫眼鏡モードはなかなかおもしろい操作感です。特筆すべきは、アプリの本棚で旧eBookJapanにあった「背表紙モード」が搭載されていること。本棚に本が埋まっていく感覚が楽しめます。

ebookjapanのその他の特徴としては、Yahoo!傘下に入ったことでキャッシュレス決済「PayPay」も使えるようになったこと。パソコンで漫画を読むなら、使い心地を試しておきたい電子書籍サービスです。

ebookjapan公式

DMM電子書籍

  • ブラウザでの読書:○
  • アプリでの読書:○

数多くのWEBサービスを展開しているDMMの電子書籍部門「DMM電子書籍」。ストリーミングおよびアプリでの漫画閲覧にも対応しています。

残念ながらブラウザ・アプリとも、マウスホイールによるページ送りには非対応。マウスクリックによる動作は軽快なので、マウスホイールにはこだわらない、という方は特に気にしなくてもよいかも。

また設定を変更することにより縦方向へのページ送りや、見開き表示のオン/オフ(1P表示か2P表示か)などを選択することが可能。WEB漫画形式の作品で、読みやすさがアップします。

またアプリには90度ずつ画面表示を回転させるという、ユニークな機能が。向きを変えてイラストを確認したい時などに重宝します。

その他「DMM」ということで、大人向けの作品が充実しているのは言わずもがな(DMMの成人向けコンテンツは「FANZA」ですが、同一アカウントで相互利用ができます)。

独占コンテンツや独自無料漫画もあり、またDMMのサービスで共通して使えるポイントが貯まるので、上手に利用するとよりお得に漫画の読めるのではないでしょうか。個人的にはKindleやBooklive!など、他の電子書籍ストアとの併用をオススメしたい。

【DMM.com 電子書籍】

その他の電子書籍ストア

参考として、その他の電子書籍ストアの情報です。

  • Renta!(レンタ)
    購入以外にも、低価格で電子書籍をレンタル読みできるストア。ブラウザでの読書はマウスホイール対応でスムーズ。パソコン用アプリは用意されていません。
  • honto
    ブラウザでの読書は可能ですが、書籍によっては対応していないものがあります(アプリのみで閲覧可能)。パソコン用アプリもあり、まずまずの使い心地。アプリはマウスホイールが拡大縮小に割り当てられています。
  • 楽天Kobo
    楽天の電子書籍サービス「Kobo」。Windows・Macで使えるアプリは提供されていますが、逆にブラウザでの読書ができないという珍しいサービス。楽天ポイントを消費したい、という時に使うと良いでしょう。

 まとめ

以上、「パソコンで電子書籍マンガを読む方法+電子書籍ストア比較・おすすめ」でした。スマホやタブレットでの漫画読書ももちろん良いのですが、パソコンの大画面で漫画を読むと、雑誌や単行本に近い見開きの迫力を感じることができます。

またストリーミングでの漫画読書に対応していれば、購入→即・読書という流れで漫画が読めるのも魅力的。携帯端末との読書とあわせて利用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました