【ブックライブ】新規会員限定!70%ポイントバック 10/31まで

パソコンで電子書籍マンガを読む方法+電子書籍ストア比較・おすすめ

「電子書籍」はスマホアプリや専用端末だけではなく、パソコン(Windows・Mac)でも「2種類の方法」で電子書籍の読書ができます。

パソコンで電子書籍は読みにくいのでは?と思われるかもしれませんが、ストアを選んで使い方を理解すれば、全く問題なく使えます。

以下、「パソコンで電子書籍マンガを読む方法」をご紹介。併せて「パソコンで利用しやすい電子書籍ストア選びのポイント」もまとめています。

※記事作成にあたり、動作確認は「Windows10+Chromeブラウザ+スクロールホイール付きマウス環境」で行っています。またインターネット回線は「固定の光回線」を利用しています。
※各ストアの特徴等につきましては記事作成時のものであること、サービス提供元にて随時更新される可能性のあることをご留意ください。

パソコンで電子書籍を読む2種類の方法

パソコンで電子書籍を読む方法は、主に下記の2種類があります。

  • ブラウザビューワー
  • パソコン用リーダーアプリ

どちらの方法を採用しているかは、電子書籍ストアによって異なります。両方とも使えるストア、片方しか使えないストア、一部書籍のみ両方使えるストアなど、対応状況は様々です。

ブラウザビューワー

電子書籍ストアが「ブラウザビューワー」を実装していれば、Webブラウザ(ChromeやFirefoxなど)で電子書籍が読めます。

ブラウザで電子書籍ストアにアクセスし、書籍ページや本棚に移動。「本を読む」などのアクションを取ることで、特別なアプリを必要とせずに電子書籍読書ができます。

Kindleで商品ページからマンガを開いた場合】

ブックライブ(BookLive!)の本棚から読む場合】

ブラウザビューワー利用の場合は、基本的にページをめくるたびに電子書籍データの一部を読み込む「ストリーミング形式」で、書籍データ全体をダウンロードしなくても良いのがメリット。

反面、都度の読み込みが必要なので、オンライン状況での利用が前提。固定回線やWi-Fiなど、通信が安定した環境での利用がメインとなるでしょう。

パソコン用リーダーアプリ

パソコン用リーダーアプリの場合は、スマホアプリ等と同様、電子書籍のデータを端末にダウンロードしてから読書をします(ダウンロードしながら読書ができるストアもあり)。

利用には、各電書ストアで配布されている専用のデスクトップアプリをインストールする必要があります。

【参考:KindleのWindows用アプリ】

【参考:ブックライブのWindows用アプリ】

この形式では「アプリのインストール」という事前準備が必要ですが、予め電子書籍をダウンロードしておけるので、ネットの無い環境でも読書ができるのが強み。なお電子書籍ストアによっては、パソコン用の専用アプリが用意されていない場合もあります。

ストア選びのポイント

パソコンで電子書籍が読めるストアについては、

  • ブラウザビューワーで電子書籍が読めるか
  • 専用アプリの有無とOS対応状況
  • マウスホイールでページ送りできるか

といった点をチェックすると良いでしょう。

ブラウザビューワーで電子書籍が読めるか

パソコンで電子書籍を読む場合は、固定回線など「通信環境の安定している場所での利用」が多いと思います。その場合はインストール不要で、アプリよりも手軽に読書ができるブラウザビューワーの利用がオススメ

ですが一部ストアではブラウザビューワー機能を実装していなかったり、または「特定ジャンルの電子書籍」がブラウザビューワーに対応していないことがあります(AmazonのKindleでも、漫画以外はほぼ未対応)。

下記のように一部ストアでは、電子書籍の詳細ページにて対応端末を表記しています。読みたいジャンルの電子書籍がブラウザで読書できるか、事前に確認しておくと良いでしょう。

【ブックライブ(BookLive!)】の対応端末表記例

【DMMブックス】の対応端末表記例

専用アプリの有無とOS対応状況

一方「ノートPC+モバイルルーター」のような環境では、できるだけ通信容量を減らしたいところ。その場合は各ストアで用意されている、専用デスクトップアプリの利用が便利です。

自宅など、安定した回線のある環境で書籍データをダウンロードしておき、出先では読むだけ、という使い方をすると、通信量を節約できます。

【DMMブックス】のアプリダウンロード画面

しかしストアによっては専用アプリが用意されていなかったり、または使用環境が限定されている場合があります(Macでは使えない、など)。利用したい電子書籍ストアが自分の環境に合ったデスクトップアプリを提供しているか、確認しておきましょう。

マウスホイールでページ送りできるか

最後、パソコンで電子書籍を読む時に大事なのが「読みやすさ」。

特に「ページ送りのマウスホイール対応」は重要視したいポイント。マウスホイールのクルクルでページがめくれると、読書がめちゃくちゃ捗ります

↓マウスのスクロールホイール

ブラウザビューワーのマウスホイール対応状況は、各電子書籍ストアの試し読みで確認することができます。

ほか、読書の感覚は電子書籍ストアや提供アプリによって異なるので、できれば試し読みをしておくと良いでしょう。読みやすいストアを使うことで、ストレスの少ない読書ができます。

パソコンでおすすめの電子書籍ストア

上記のポイントを踏まえて以下、パソコンで漫画が読みやすいオススメの電子書籍ストアです。

ブックライブ(BookLive!)

  • ブラウザでの読書:○
  • アプリでの読書:○(Windowsのみ)
  • マウスホイール対応:

電子書籍サイト「ブックライブ(BookLive!)」。ブラウザビューワー・アプリ両方の読書に対応しています(アプリはWindows版のみ)。


【参考:ブックライブのビューワーで「三拍子の娘(1)」を開いたもの】

ブックライブは、とにかくブラウザビューワーのレスポンスが良くて使いやすい!読み込み速度・ページめくりの反応が良好で、拡大・縮小や縦スクロールにも対応。ストレスなく漫画が読めてパソコンでの電子書籍利用に欠かせません。もちろんアプリでの読書もサクサク

個人的にはKindleよりも多く利用している電子書籍ストアで、日替わりクーポン「クーポンガチャ」による値引きもお得で重宝。Kindle以外で良い電子書籍ストアをお探しの場合は、新規登録でもらえる「50%OFFクーポン」や「無料作品コーナー」を利用して使い心地を試してみてください。オススメ。

【ブックライブ(BookLive!)】

ebookjapan(イーブックジャパン)

  • ブラウザでの読書:○
  • アプリでの読書:○(Windowsのみ)
  • マウスホイール対応:

Yahoo!の電子書籍ストアebookjapan。ブラウザビューワー、パソコンのアプリで読書ができます(アプリはMac OS非対応)。

ブラウザでの閲覧はマウスホイール対応、動作も軽快で読みやすいです。また他のストアよりも比較的画質が高いのも、ebookjapanならでは。少し変わっているのが「3段送りモード」。1ページを上段・中段・下段と3段階で表示する、という独特の表示形式を搭載しています。

Windowsアプリでの読書も、スムーズな操作感。ページ送りがサクサクできて気持ちの良い読書ができます。ページの拡大は拡大鏡で行う仕組み。虫眼鏡ボタンをオンにしてページにマウスを重ねると、その部分のみが拡大されます。これは他ストアのアプリにはない、面白い操作感です。

特徴的なのは「背表紙モード」が搭載されていること。本棚に本が埋まっていく感覚が楽しめます。ebookjapanはPayPayのキャッシュバックキャンペーンを頻繁に行うので、PayPayユーザーに特にオススメ。上手に利用するとかなりお得に電子書籍が読めます

【ebookjapan】

DMMブックス

  • ブラウザでの読書:○
  • アプリでの読書:○(Win・Mac両対応)
  • マウスホイール対応:

数多くのWEBサービスを展開しているDMMの電子書籍部門【DMMブックス】。ブラウザビューワーおよびアプリで電子書籍マンガが読めます。

ブラウザ・アプリとも、マウスホイールによるページ送りに対応。また設定を変更することにより「縦方向へのページ送り」や、「見開き表示のオン/オフ」(1P表示か2P表示か)などを選択することが可能です。

またアプリには90度ずつ画面表示を回転させるというユニークな機能が。向きを変えてイラストを確認したい時などに重宝します。ブラウザビューワー・アプリとも、かゆい所に手が届く操作感があります。

なお「DMM」の最大のメリットは、成人向け作品が充実していること。他ストアではキツめの処理も、紙書籍に近いです(DMMの成人向けコンテンツは「FANZA」ですが、同一アカウントで相互利用ができます)。成人向けの電子書籍はDMM一択、と言っていいでしょう

【DMMブックス】

Amazon(Kindle)

  • ブラウザでの読書:△(固定レイアウトの書籍が対象)
  • アプリでの読書:○(Win・Mac両対応)
  • マウスホイール対応:

人気電子書籍ストア、AmazonのKindle。ブラウザビューワーとアプリでの読書に対応。ブックライブと併用してよく利用するストアです。

マンガの読み心地はスムーズで、マウスホイールでのページ送りにも対応しています。なおKindleでのブラウザ読書は、基本的に固定レイアウトの電子書籍が対象。テキスト形式の書籍は対応していないので、注意が必要です。

PC用アプリでのマンガ読書も比較的読みやすいのですが、書籍のダウンロードに若干時間がかかるかな…という印象。アプリよりはブラウザでの読書がオススメ

【Amazon Kindleトップ】

その他の電子書籍ストア

参考として、その他の電子書籍ストアの情報です。

  • Renta!(レンタ)
    購入以外にも、低価格で電子書籍をレンタル読みできるストア。ブラウザでの読書はマウスホイール対応でスムーズ。パソコン用アプリは用意されていません。
  • honto
    ブラウザでの読書は可能ですが、書籍によっては対応していないものがあります(アプリのみで閲覧可能)。パソコン用アプリもあり、まずまずの使い心地。アプリはマウスホイールが拡大縮小に割り当てられています。
  • まんが王国
    コミック専門の電子書籍ストア。PCアプリはありませんが、ブラウザでの読書はサクサクで快適。なにより無料漫画が大量に揃っているのが嬉しいストア。会員登録(無料)をしておくと読める漫画が増えます
  • 楽天Kobo
    楽天の電子書籍サービス「Kobo」。Windows・Macで使えるアプリは提供されていますが、逆にブラウザでの読書ができないという珍しいサービス。楽天ポイントを消費したい、という時に使うと良いでしょう

 まとめ

以上、「パソコンで電子書籍マンガを読む方法+電子書籍ストア比較・おすすめ」でした。スマホやタブレットでの漫画読書ももちろん良いのですが、パソコンの大画面で漫画を読むと、雑誌や単行本に近い見開きの迫力を感じることができます。

またブラウザビューワーでの漫画読書は、かなり快適。ダウンロードを待たずに、購入後すぐに漫画が読めるのも魅力的です。スマホ・タブレットとあわせて利用してみてはいかがでしょうか。

なお管理人は電子書籍ストアの品揃えやセールによって、複数ストアを使い分けています。あるストアで見つからなかった書籍が別のストアで電子化されている、といったこともあるので、電子書籍ストアの併用がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました