電子書籍の総合情報

電子書籍は「後払い決済」で買える?Paidy・atoneなどの対応状況

[ページ内に広告が表示されます]

電子書籍ストアの決済方法は、徐々にバリエーションが追加。主流のクレジットカードのほか、携帯電話のキャリア決済やキャッシュレス決済なども利用できます。

その中でも最近よく見る決済方法が「後払い(あと払い・あとばらい)サービス」で、対応している電子書籍ストアも増えてきています。

そこでどんな電子書籍ストアが、どんなあと払いサービスで支払いできるのか?について、「後払いで電子書籍が買えるストア」「対応している後払いサービス」のまとめです。

「後払い(あと払い)サービス」とは?

「後払い(あと払い)サービス」とは、対応ストアでその決済方法を選択すると、翌月などにまとめて支払いを行える、というもの。Paidy(ペイディ)atone(アトネ)などが代表的です。

クレジットカードと異なるのは、

  • 利用にあたって特に審査が必要ない
  • メールやSNSの認証などで簡単に登録できる
  • あとで支払い方法(銀行振込やコンビニ払いなど)を選択できる

というところ。クレジットカード以外の決済手段として使え、また「今月ちょっとお財布が寂しい…」という時でも、先に欲しいものが購入できるのがメリットです(ご利用は計画的に)。

※実際の利用方法は各サービスによって異なります。また所定の手数料が必要になる場合があります。詳しくはサービスの公式サイトをご確認ください。

後払いサービスに対応している主な電子書籍ストア

以下、後払いサービスに対応している電子書籍ストアと、それぞれのストアで使える後払いサービスのまとめです。

Kindle(Amazon)

Amazonの電子書籍ストア「Kindle(キンドル)」は、後払いサービス「Paidy」に対応しています。

Kindleは基本的にワンクリックで注文が確定します。そのためPaidyを利用するためには、事前にユーザーアカウントページの「コンテンツと端末の管理>設定>Kindleの支払い設定」から、Paidyの支払い設定をする必要があります。

ブックライブ(BookLive!)

電子書籍ストア「ブックライブ」では、後払いの決済方法として「Paidy」に対応しています。

金・土・日はPayPay還元率アップ!
電子書籍ストアebookjapan

まんが王国

ポイント購入制の電子書籍ストア「まんが王国」。後払いサービス「atone」がポイント追加の支払いに利用できます。ただし「月額コース料金」の支払いには利用できないのでご注意を。

ebookjapan

漫画コンテンツが豊富な「ebookjapan」。Yahoo!運営の電子書籍ストアということで、同じくYahoo!のサービスである「PayPayあと払い」が使えます。

DMMブックス

「DMMブックス」ではクレジットカード以外に、DMMポイントでの支払いができますが、そのチャージに「Paidy」を利用可能です。

まとめ

以上、「後払い決済が使える電子書籍ストア」でした。対応ストアが徐々に増えてきましたが、全体としてはまだまだ数が少ない印象。今後の展開が待たれます。

ですが、クレジットカード以外で「電子書籍の後払い」ができる=ツケで電子書籍が買える(意訳)のは、なんだかちょっと面白い(笑)。

上手に利用して、電子書籍を楽しんでください。

記事中でご紹介した電子書籍ストアはこちら

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。