漫画「それでも町は廻っている(通称「それ町」)」―鋭い観察眼とトリッキーな構成が魅力の全16巻

石黒正数さんの「それでも町は廻っている」、通称「それ町」全16巻。連載終了後も時々読みますが、一度手を付けるとついつい次の巻、次の巻、と進んで読み終わりません。

SFアクションでもなく、バトルでもなく、ファンタジーでもない、基本コメディな漫画。だけど気づけば16巻もの巻数を重ねていた、という大人気作品。アニメ化もされました。

「それでも町は廻っている」感想

あらすじ・概要

「それ町」は女子高生・嵐山歩鳥(あらしやま・ほとり)を主人公とする、基本一話完結形式の物語。

幼馴染の男子・真田、同級生のタッツン・針原さん、金髪美人の紺先輩、弟のタケル・妹の雪子、担任の森秋先生、古道具屋の亀井堂静ら個性豊かなキャラクターが登場、彼女の生活圏を中心に日常系コメディが展開されます。

基本的には町や学校が舞台となり、笑いにあふれたゆるやかな日々の出来事が描かれるのですが、時折サスペンス・ミステリー風味や、オカルト・ホラー、SF、ファンタジーといった予想外な要素がぶっこまれてくるのが、何よりの面白味。

なお歩鳥がメイド服を着ているのは、馴染みの婆ちゃんが営む「喫茶シーサイド」がメイドカフェに転身したのをきっかけに、そこでバイトをするようになったから。

鋭い観察眼が生み出す笑い

さて「それでも町は廻っている」は何が面白いのか?

…基本は歩鳥のボケっぷりと、それに対する周囲のツッコミ。これがシンプルに面白いのですが、その源にあるのは、作者・石黒正数さんの世の中に対する見方・鋭い観察眼

その一端が描かれるのが、歩鳥が眠れなくなった弟・タケルと夜更かしをする「ナイトウォーカー」というエピソード(2巻16話)。

深夜の外出で、歩鳥と入ったコンビニで深夜0時を超えた瞬間、タケルは衝撃を感じます。それは、生まれて初めて「起きたまま日付をまたいだ時」の、不思議な感覚。あ、こういうの感じたことあるよな…。

「それ町」は小学生~高校生ぐらいの話ですが、思春期に誰もが感じたけど忘れている感覚・出来事が、ストーリーにふんだんに盛り込まれています。石黒正数さんはその辺りの観察レベルと記憶力が異様に高く、物語への組み込み方がとても秀逸。

エピソードを読むと、ハッとする気づきとともに、共感を呼び起こされて不思議な充足感を感じます。

伏線を回収する楽しさ

「それ町」のもう一つの楽しさは、伏線の回収。

読んでいると気づくのですが、「それ町」で描かれる各エピソードは、時系列がバラバラ。基本的には歩鳥の高校三年間が描かれるのですが、エピソードの順序は唐突に前後します。

時系列を読み解く一つのバロメーターは、歩鳥の髪型(歩鳥の髪型が唐突に変わっていたり、元に戻っていたりする)。さらに正しい時系列は、「それでも町は廻っている 公式ガイドブック廻覧板」にて確認できます。

全16巻を通してエピソードの順序を読み解くと、「あの話がここに繋がっていたのか!」といった驚きがあって面白い。完結しているからこそのお楽しみがあるのですが、それにしてもトリッキーなその構成がスゴイ。

また区切りが付いていたと思っていたエピソードが、後半の巻で意外な形で登場したりも。

印象的なのは、1巻第4話の「」。歩鳥の担任・森秋先生の祖父が描いた、不気味な絵にまつわる謎が明かされます。

このエピソードはこの1話で完結していると思いきや、14巻第113話「」、そして最終16巻の第126話「」へと、意外な繋がりを見せることに。

これは読んでいて、「ここで1巻の話を持ってくるのか!」と素直に驚きました。マンネリを感じさせない驚きの展開。読んでいて飽きないおもしろさがあります。

なおこのエピソードはなかなか味わい深い結末を見せるのですが、それはぜひ単行本でお楽しみください。

まとめ

以上、石黒正数さんの「それでも町は廻っている」通称「それ町」全16巻の感想でした。単なるコメディにとどまらず、SF・オカルト・ミステリー風味と、多彩なおもしろさを味あわせてくれる漫画です。

また主人公・歩鳥だけでなく、その良き友人である紺先輩・タッツンらとの交流も、大きな見どころ。彼女らの友情が最終16巻で結実する様には、静かな感動が。

笑いながらサラッと読んで、忘れた頃にもう一度読み返すと止まらなくなる、絶妙に面白い、オススメの漫画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました