電子書籍で漫画を読むならブックライブとKindleが便利。オススメの理由は?

初めて電子書籍を利用して以来、漫画の多くを電子書籍で読むようになりました。

読みたい時に即購入可能、割引・セールもあってお得に本を読めるのが、とても便利。本の置き場所に困らないのも助かります。

そんな電子書籍での漫画読み。多くのストアを使ってきましたが、現在は「ブックライブ(BookLive!)」とAmazonの「Kindle(キンドル)」の2つをメインに、漫画を読んでいます。

特にブックライブでの所有書籍冊数は、1,500を超えました(無料本や漫画以外の本も含みます)。購入比率としては、「ブックライブ 7:Amazon 2:紙書籍ほか 1」といった感じです。

ブックライブとKindleを電子書籍購入のメインで使っている理由は、他の電子書籍ストアより圧倒的に便利で使いやすいから

どちらも漫画が好きな方にオススメしたいストアですが、両者には微妙な違いや、それぞれのメリット・デメリットがあります。それを踏まえて以下、ブックライブとKindleの特徴などをご紹介します。

時間が無い人向け・オススメの理由まとめ

ブックライブとKindleのメリットを手っ取り早く知りたいんだ!

という方向けのまとめです。

ブックライブのメリット

  • 新刊・セール中の書籍にも使える日替わりクーポン「クーポンガチャ」による値引きが、安定してお得
  • 新規入会で50%オフクーポンがもらえる
  • 無料漫画や開催中のセール・キャンペーンがわかりやすい
  • アプリでもブラウザでもサクサク読める
  • サイトが使いやすい
  • Tポイントが貯まる・使える

安定した値引き・お得感と、読みやすさ・サイトの使いやすさ・わかりやすさなどがメリットです。

【ブックライブ(BookLive!)】

Kindleのメリット

  • アプリが使いやすい
  • 電子書籍専用端末がある
  • 突発的な大幅値引き・ポイント還元がある
  • レコメンド(おすすめ)機能が有用
  • 読み放題サービスが用意されている
  • Kindleでしか読めない漫画がある

電子書籍用の専用端末や読み放題サービス、品揃えの豊富さなど、他のストアには無い独自のメリットが数多くあります。

【Amazon Kindleトップ】

併用がオススメ

結論から書くと、ブックライブ・Kindleを併用して漫画の購入・読書をするのがオススメ

  • 独自の大幅値引きセールや、値引きされている完結済み漫画は、Kindleで購入。
  • 新刊・連載中の漫画や、各電子書籍ストアで同じセールをしている時は、クーポンを使ってブックライブで購入。

こんな感じで両者を併用すると、漫画購入がお得になり、多読がしやすくなります。なお「Kindle以外の電子書籍を使ったことがない」という方は、ブックライブの無料作品コーナーで使用感を試してみてください。

【ブックライブ(BookLive!)】

新刊・連載中の漫画はクーポンを利用してブックライブで、大幅値引きセールやセール中の完結済み漫画はKindleでそれぞれ買うと、お得。漫画の多読に役立ちます。
【ブックライブ 秋得キャンペーン】
新規会員限定!70%ポイントバック 10/31まで

以上、時間が無い人向けのまとめでした。もう少し詳しいことを知りたい方は、ブックライブ・Kindleのより詳しい長所・短所について、以下もご覧ください。

ブックライブのメリット

ブラウザ・アプリでの読書がサクサク

なんといっても、漫画が読みやすい!いろいろな電子書籍ストアを使いましたが、ブックライブはアプリでもブラウザでも、トップクラスの読みやすさがあります。

まずページ送りがとても軽快。パソコン用アプリ・ブラウザでも、スマホ・タブレット用アプリでも、サクサク漫画を読むことができます。

PC+ブラウザは、マウスホイール対応なのでページ送りが楽々。ストレスの無いスムーズな漫画読書が楽しめます。

なおスマホ・タブレットでも、ブラウザでの読書が可能です(ストリーミングなのでWi-Fi環境推奨)。

こちらはブックライブのアプリ画面。アプリのレスポンスは良好。漫画を読んでる途中でも画面中央タップで、シリーズ書籍の一覧を表示。読みたい巻にピンポイントで移動できます。

その他、しおり機能やタップ設定・ページ送りの効果設定などもあり、電子書籍アプリとして標準以上の便利機能が備わっています

クーポンガチャがお得

ブックライブには他のストアにはない、お得なクーポン「クーポンガチャ」があります。

クーポンガチャでは「青年マンガ全作品クーポン ○%OFF」のような、当日限り有効な値引きクーポンが出現(漫画以外のクーポンも出ます)。クーポンをもらえるのは一日一回ですが、出てきたクーポンが気に入らない時はツイッターでシェアすることで、一回だけ再挑戦可能です。

このクーポンが便利なのは、新刊書籍や普段セール対象にならない書籍も、値引き価格で購入できること。もちろんセール対象の書籍にも適用できるので、同じセールをしている他のストアよりも、お得な価格で購入できます。

なおブックライブを初めて使う場合は、もれなく50%オフクーポンがもらえます。欲しい本がある時に利用してみてください。

セール・キャンペーンがわかりやすい

電子書籍ストアでは、無料セール、値引きセール、各種キャンペーンなどが行われます。ストアによってはセール内容がわかりにくいことがありますが、ブックライブでは「セール・キャンペーンをまとめたページ」が用意されており、とても便利。

トップページやカテゴリトップでのセール告知のほか、

実施されているキャンペーンの一覧や、

無料本のまとめページも用意されています。セール対象・値引率・セール期間などがわかりやすく、また意外なセール書籍を知ることも

具体的な表示の一例については、下記リンクより確認できます。

サイトが使いやすい

これは声を大にして言いたいのですが、ブックライブはサイト(ストア)がとても使いやすい!です。他の電子書籍ストアよりも、特に下記の点で圧倒的に優れています。

  • サイトの表示速度が速い
  • 電子書籍の検索機能が使いやすい

サイトの表示速度については、実際に「ブックライブ(トップページ)」にアクセスしてもらえれば、表示のスムーズさがお分かりいただけると思います。

また細かく項目を設定できる書籍の検索機能が、とても優秀。

ブックライブサイトから「絞り込み検索」を選ぶと、

キーワードのほか、ジャンル・掲載誌・出版社などが指定可能。

さらに値引き状況、巻数などの指定もでき、また検索結果から「試し読み増量作品」や「分冊版」の除外もできるので、より精度の高い検索ができます(※画像はスマホ版ですが、PCサイトでももちろん同様の検索ができます)。

電子書籍ストアは数多くありますが、個人的にここまで高機能な検索機能を実装しているサイトはあまり無いと思います。ブックライブは表示速度・検索機能以外にも、ストアにユーザーの利便性を高める配慮がされており、本探しや購入に役立っています。

ブックライブ(トップページ)

ポイントが貯まる

ブックライブでは書籍購入時に「Tポイント」が付与されますが、購入金額に応じた「会員ランク」で、Tポイント付与率がアップします。

例えば前月の累計購入金額が10,000円以上のプラチナランクならば、翌月のTポイント付与率は3%!漫画購入の際にポイントをお得に利用できます。

ランク条件・付与率等については、下記よりご確認ください。

ブックライブのメリットまとめ

・アプリ・ブラウザとも動作がサクサクで読みやすい
・日替わりのクーポンガチャがお得
・セール・キャンペーンがまとまっていてわかりやすい
・サイトが使いやすくてストレス無く購入ができる
・ポイントが貯まってお得

なおブックライブではPayPayなど、キャッシュレス決済での支払いに対応。クレカが無くても電子書籍が購入できます。下記記事でもご紹介しているのでご参照ください。

クレカ無しでも電子書籍マンガは買える!ストア別:クレジットカード無しで漫画を買う方法
電子書籍というと「購入にクレジットカード(クレカ)が必要」と思われがち。ですが実際は「クレカ無し」でも電子書籍が買えるように、クレカ決済以外の購入方法も各ストアで用意されています。 本記事では「ストア別のクレカを使わない決済・...

【ブックライブ(BookLive!)】

ブックライブのデメリット

レビュー・レコメンドがやや弱い

総合的に見て、ブックライブに大きな不満はありません。

が、強いて言えば、Amazonよりレビューの数が少ないこと、またレコメンド(オススメ・関連作品の表示)機能の精度が今ひとつ、というのが弱いところでしょうか。やはりこれらの分野に関しては、Amazonが圧倒的に優れています。

とはいえ、レビュー・レコメンドに関してはAmazonの一人勝ちであり、ブックライブが特に他の電子書籍ストアと比較して劣っている、というわけではありません。

またレビューも投稿を促すキャンペーンなどで、少しずつ充実してきたという印象。これからのさらなる発展に期待です。

Kindleのメリット

アプリでの読み心地が良い

Kindleアプリを長年使っていますが、漫画や書籍の読み心地はとても良い、と感じます。

ライブラリでは「コレクション」を作ることで、購入した書籍をまとめることが可能。

読書時のページめくりもスムーズ。読書の進捗具合をパーセンテージで表示してくれたり、スキップした位置を示してくれたりと、Kindleアプリならではの機能も備えています。

また頻繁なアップデートで改善・不具合の解消をしている、という印象。安心して漫画が読めるアプリです。

電子書籍専用端末がある

Kindleでは、Kindle Paperwhiteなどの電子書籍専用端末が用意されています。

スマホ・タブレットではなく省電力で大容量の電子書籍端末を使いたい、という方にはKindle端末の利用が有用でしょう。ただし「Kindle専用」なので、他の電子書籍ストアは利用できないことに注意。

大幅な値引き・ポイント還元も

Kindleでは時おり、電子書籍を大幅値引き・ポイント還元するセールが行われます。

ぶっちゃけ、タダみたいな価格で本を販売することも。これは国産電子書籍ストアに真似のできない、Kindleの大きな強み。

ただセールは不定期なので、下手に続きものの漫画を買ってしまうと、タイミングの良い値引きが受けられないことも。

私は連載中の漫画はブックライブのクーポンで、完結済みの漫画はKindleのセールで購入、といった使い分けをしています。

レコメンド機能が強い

レコメンド、つまりオススメ機能が優れているのが、Kindleの大きな強み・便利さ。

他の電子書籍ストアはタイトルや著者名から関連書籍を勧めるだけですが、Kindleではちゃんと内容に沿った漫画をオススメしてくれます

この機能で買った漫画は数知れず。レコメンド機能をたどっていくだけで、おもしろそうな漫画を見つけることができます。

読み放題サービスがある

Kindleでは、月額定額読み放題サービス「Kindle Unlimitedが提供されています。

漫画だけでなく、各種雑誌や書籍も読み放題の対象。最新の漫画・人気の漫画はラインナップ外ですが、それでも元を取れる書籍の数が揃っています。

漫画が定額読み放題のサブスクリプション・サービスはKindle Unlimited以外にもありますが、インディーズ漫画やKindleでしか読めない書籍もあるので、ラインナップはKindleが一番といっていいでしょう。

また初月30日間は無料体験できるのも嬉しいところ。目一杯、読み放題を楽しむことができます。

Kindleでしか読めない漫画がある

上でも少し触れましたが「各電子書籍ストアでしか読めない漫画」というものがあります。Kindleではそれが群を抜いて多い。

これは他社に先駆けて、Kindleの独自出版フォーマットを確立した、というのが大きいのですが、それを利用してKindleプラットフォームのみで公開されている漫画が多数あります。

懐かしのあの作品や同人漫画も、Kindleでは読める、かもしれません。

Kindleのメリットまとめ

・アプリの読み心地が良好
・電子書籍専用端末が用意されている
・独自の大幅値引きセール・ポイント還元がある
・レコメンド機能が優秀
・読み放題サービス「Kindle Unlimited」がある
・Kindleでしか読めない電子書籍が多数存在

【Amazon Kindleトップ】

Kindleのデメリット

検索が使いにくい

Kindleもブックライブと同じく不満点は少ないのですが、数少ない難点は、漫画を探すための「検索機能」がもう一つ使いにくいところ。

セール対象の漫画・無料作品だけを探す、といった条件指定がやりにくかったり、シリーズ本の「まとめ表示」機能がなかったり。

書籍点数が多いだけに、もうひと工夫が欲しい。最近は検索結果にスポンサーリンクを挟んでくるようになったので、それもマイナス。

まあ細かいアップデートで使いやすさを向上させてくるのがAmazonの強みなので、今後の機能改善に期待です。

まとめ。併用がおすすめ!

以上、電子書籍ストアブックライブとKindleの、メリット・デメリットでした。

どちらも漫画読みではトップクラスのパフォーマンスを発揮してくれるのですが、個人的には「トータルではブックライブの方が使いやすい」という印象です。

ただKindleのメリット、特にレビュー機能は捨てがたいものがあるので、現状はブックライブを重点的に使いながらも、Kindleと併用しています。

特に両方を使っていると、それぞれのセールやクーポンでお得に漫画購入ができるので便利。

  • 独自の大幅値引きセールがある時はKindleで。
  • 電子書籍ストアの共通セールや新刊を買う時は、クーポンを利用してブックライブで。

といった使い方をするとお得、漫画読書がたいへん捗ります。

もちろんブックライブ・Kindleとも、漫画以外の書籍・雑誌も便利に読むことができます。ストアやアプリで、ぜひその使いやすさを体験してみてください。

余録:成人向け作品はDMMブックスで買え!

さて、ここまではKindleとブックライブの話題でしたが、最後にもう一つだけ書いておきたいことがあります。それは

成人向けコンテンツはDMMブックス一択!

ということです(※DMMブックスの成人向けブランドは「FANZA」ですが、同じDMMアカウントで相互に行き来可能)。

なぜならDMM(FANZA)はその分野のコンテンツ量が他ストアに比べて圧倒的に豊富、かつ比較的「処理」が紙書籍に近いから(※出版社にもよります)。

また一般向けの漫画や本はKindle・ブックライブで、一方DMMブックスを「エッチなコンテンツ専用」で、という使い方をすると、端末を共有していたりする時にも便利です。

電子書籍ストアとしての全体的な使い心地・読み心地は、Kindle・ブックライブの方が良いと個人的には思います。ですが成人向けコンテンツに関しては、DMMブックスに勝るもの無し!ぜひ他ストアと較べてみてください。

【DMMブックス】

・電子書籍での漫画読みはブックライブとKindleの併用がオススメ。クーポンやセールの利用を使い分けてお得に購入できます。
成人向け漫画はDMMブックスがオススメ。いろんな意味で捗ります。
タイトルとURLをコピーしました