電子書籍での漫画読みにはBookLive!とKindleがおすすめ

2011年に電子書籍を利用して以来、漫画の多くを電子書籍で読むようになりました。

やはり、読みたい時に即購入できて、割引・セールがあってお得。本の置き場所に困らないのも助かります。

そんな電子書籍での漫画読み。多くのストアを使ってきましたが、現在は「BookLive!(ブックライブ)」とAmazonの「Kindle(キンドル)」の2つを、メインで利用しています。

無料本もいくらかありますが、BookLive!での書籍購入はもうすぐ700に届きます。購入比率としては、「BookLive! 7:Amazon 2:紙書籍 1」といった感じ。

BookLive!とKindle、どちらも他の電子書籍ストアより圧倒的に使いやすく、漫画が好きな方にオススメしたいストアです。

本記事では両者のメリット・デメリットを踏まえて、その便利さをご紹介します。

スポンサーリンク

BookLive!のメリット

ブラウザ・アプリでの読書がサクサク

なんといっても、漫画が読みやすい!

いろいろな電子書籍ストアやアプリを使いましたが、BookLive!はアプリでもブラウザでも、トップクラスの読みやすさです。

これは実際に、パソコンならブラウザ、スマホ・タブレットならアプリで試して欲しいのですが、ページ送りが軽快。サクサク漫画を読むことができます。

PC+ブラウザでの読書は、マウスホイール対応なのでページ送りが楽々。なおスマホ・タブレットでもブラウザでのストリーミング読書は可能です(Wi-Fi環境推奨)。

こちらはアプリ画面。漫画を読んでる途中でも、画面中央タップでシリーズ書籍の一覧を表示。読みたい巻にピンポイントで移動できます。

その他、しおり機能やタップ設定・ページ送りの効果設定など、電子書籍アプリとして標準的な便利機能を備えています。

整理に本棚機能が便利

アプリでは、任意の本棚を作って購入した本を整理できます。

私は漫画は「男性マンガ」「女性マンガ」といった分類で整理しています。他にも実用書用の本棚を作っています。

BookLive!の便利なところは、シリーズ本を自動で分類してくれるところ。複数巻ある本は、自動で一つの表示にまとめてくれます。

書影をタップすると、シリーズ本を一覧で見ることができます。

フォローで新刊通知

BookLive!では、「フォロー」をすることにより、作品や作者の最新刊を知ることができます。

書籍購入時にフォローしたり、気になる作品・作者をフォローリストに入れておくと、最新刊に関するお知らせが届きます。これが地味に便利。買い逃しを防ぐことができます。

クーポンガチャでお得に買える

各電子書籍ストアでは値引きやポイント還元がありますが、BookLive!では他のストアにはない、お得なクーポンがあります。

それが、一日一回引ける、「クーポンガチャ」。

「女性向けマンガ全ジャンルクーポン 20%OFF」のような、当日限り有効なクーポンを引くことができます(漫画以外のクーポンも出ます)。

割引率はだいたい15~20%ぐらい。運が良ければ25%オフクーポンが出ることも?

出てきたクーポンが気に入らない時は、ツイッターなどSNSでシェアすることで、一回だけ再挑戦することもできます。

各種キャンペーン・セールとも併用できるので、ガチャの引きによってはさらにお得に漫画が読めることに。

なおBookLive!を初めて使う場合は、もれなく50%オフクーポンがもらえます。欲しい本がある時に利用してみてください。

セール・キャンペーンがわかりやすい

電子書籍ストアでは、頻繁に無料セール、値引きセール、各種キャンペーンが行われます。が、ストアによっては少しセール内容がわかりにくいことも。

BookLive!ではそんなセール・キャンペーンをまとめたページが用意されており、とても便利。

トップページやカテゴリトップの告知のほか、

実施されているキャンペーンの一覧や、

どの本が対象なのか、どのくらいの値引率なのか、いつまでセールをしているのか、がすぐにわかる仕組みになっています。情報が整理されており、ユーザーも迷うことがありません。

具体的な表示の一例については、下記リンクより確認できます。

ポイントが貯まる

BookLive!では「Tポイント利用手続き」を行い、アカウントとTポイントを連携させることにより、書籍購入時にTポイントが付与されます。

通常はオレンジ会員ですが、購入金額によりシルバー、ゴールド、プラチナとランクがアップ。ランクが上がれば、Tポイント付与率がアップ!します。

前月の累計購入金額が10,000円以上のプラチナランクならば、翌月のTポイント付与率は3%!漫画購入の際にポイントをお得に利用できます。

ランク条件・付与率等については、下記よりご確認ください。

クレカが無くても買える

BookLive!では、クレジットカード以外の決済方法が用意されているので、クレカを持っていない方でも電子書籍を購入することができます。

具体的には、「BookLive!プリペイドカード」を購入し、アカウントに登録することで、額面のポイントをサイトで利用できるようになります。

BookLive!プリペイドカードは三省堂書店や、各種コンビニなどで購入できます。

運営母体が大手印刷会社

最後、BookLive!というサービスについて。

BookLive!の運営は「株式会社BookLive!」ですが、その母体となっているのは、大手印刷会社「凸版印刷」です。

BookLive!(ブックライブ)は、
凸版印刷グループの電子書店です。TSUTAYA、株式会社東芝、日本電気、三井物産の出資を受け、日本最大級の電子書籍配信サービスを行っています。
(BookLive!サイトのフッターより)

凸版印刷という名前に聞き覚えの無い方もいるかもしれませんが、大日本印刷と並んで国内印刷業界を担う、2大印刷会社の一社です。

お手持ちの本の奥付を見ていただくと、だいたい凸版印刷か大日本印刷の社名が記載されているはずです。

そんな大手出版社が運営しているということで、中小の電子書籍サービスよりもそのバックグラウンドに安心を感じます。

BookLive!のデメリット

レビューが弱い

個人的には大きな不満は無いのですが、強いて言えばレビューの数が少なく、書籍購入における参考にするには心もとない、といったところ。

やはりレビューに関しては、Amazonが圧倒的に優れています。

とはいえ、この分野はAmazonの一人勝ちなので、BookLive!が特に他の電子書籍ストアと比較して劣っている、というわけではありません。

Kindleのメリット

アプリでの読み心地が良い

Kindleアプリを長年使っていますが、漫画や書籍の読み心地はとても良い、と感じます。

ライブラリでは、「コレクション」を作ることで購入した書籍をまとめることが可能。

ページめくりもスムーズ。読書の進捗具合をパーセンテージで表示してくれるのも、Kindleならでは。

また頻繁なアップデートで改善・不具合の解消をしている、という印象。安心して読書ができるアプリです。

電子書籍専用端末がある

Kindleでは、Kindle Paperwhiteなどの電子書籍専用端末が用意されています。

電子書籍ストアで新しいモデルを投入しているのは、もうKindleと楽天koboぐらいでしょう。

スマホ・タブレットではなく、省電力で大容量の電子書籍端末を使いたい、という方は、Kindleの利用がオススメです。

大幅な値引き・ポイント還元も

Kindleでは、時おり電子書籍を大幅値引き・ポイント還元するセールを行います。

ぶっちゃけ、タダみたいな価格で本を販売することも。これは国産電子書籍ストアに真似のできない、Kindleの大きな強み。

ただセールは不定期なので、下手に続きものの漫画を買ってしまうと、タイミングの良い値引きが受けられないことも。

私は続きもの漫画はBookLive!のクーポンで、完結済みの漫画はKindleのセールで購入、といった使い分けをしています。

レコメンド機能が強い

レコメンド、つまりオススメ機能が、Kindleはとても強い。

他の電子書籍ストアは、タイトルや著者名から関連書籍を勧めてくれるだけですが、Kindleではちゃんと内容に沿った漫画をオススメしてくれます。

この機能で買った漫画は数知れず。レコメンド機能をたどっていくだけで、おもしろそうな漫画を見つけることができます。

読み放題サービスがある

Kindleでは、月額定額読み放題サービス「Kindle Unlimitedを提供しています。

漫画だけでなく、各種雑誌や書籍も読み放題の対象。最新の漫画・人気の漫画はラインナップ外ですが、それでも元を取れる書籍数。

初月30日間は無料体験できるのも嬉しいところ。目一杯、読み放題を楽しむことができます。

Kindleでしか読めない漫画がある

各電子書籍ストアでしか読めない漫画、というものがあります。BookLive!やその他のサービスでもありますが、Kindleではそれが群を抜いて多い。

これは他社に先駆けて、Kindleの独自出版フォーマットを確立した、というのが大きいのですが、それを利用してKindleプラットフォームのみで公開されている漫画が多数あります。

懐かしのあの作品や同人漫画も、Kindleでは読める、かもしれません。

Kindleのデメリット

ブラウザでの読書が弱い

KindleでもブラウザやPC用アプリで読書ができるのですが、アプリや専用端末と違い、もう一つスムーズに読書ができません。

ページ送りで引っかかったり、ダウンロードが遅かったり、エラーでしばらく閲覧できなかったり。

もしパソコンブラウザでの読書を重視する、という場合は、BookLive!の利用をオススメします。

併用がおすすめ

以上、電子書籍ストアBookLive!とKindleの、メリット・デメリットでした。

どちらも漫画読みではトップクラスのパフォーマンスを発揮してくれるのですが、個人的にトータルでは、BookLive!の方が使いやすい、という感じ。

ただKindleのメリット、特にレビュー機能は捨てがたいものがあるので、現状はBookLive!を重点的に使いながらも、Kindleと併用しています。

特に両方を使っていると、それぞれのセールやクーポンでお得に漫画購入ができるので便利。

もちろんBookLive!・Kindleとも、漫画以外の書籍・雑誌も便利に読むことができます。ストアやアプリで、ぜひその使いやすさを体験してみてください。