アプリ不要!ブラウザで漫画が読みやすい電子書籍ストア

電子書籍を読むにはアプリをインストールする必要がある…

と思われがちですが、Google Chrome(グーグル クローム)やSafari(サファリ)などのブラウザを利用することで、スマホ・パソコンでもアプリ無しで電子書籍を読むことができます


(参考:ブックライブのブラウザビューワーで「花園メリーゴーランド」1巻を開いたところ)

これが意外と便利で、利用環境によってはアプリよりも読みやすかったり。ですが「ブラウザでの読書」の対応状況は、ストアによってもまちまち。またメリット・デメリットもあります。

というわけで以下、ブラウザでの電子書籍利用の特徴と、ブラウザで電子書籍が読みやすいストアをまとめてみました。なおパソコン・スマホ・タブレット共通の内容です。

ブラウザでの電子書籍読書の特徴

ブラウザ」とは、ざっくり言うとWEBサイトを表示するためのアプリケーション。Google Chrome、FireFox、Safari、Microsoft Edgeなどの種類があり、パソコン・スマホ・タブレットなどにインストールされています。

普段はあまり意識しないかもしれませんが、

  • WindowsならChromeやFireFox
  • AndroidならばChrome
  • iOSならばSafari

などの利用が一般的。自分で使いたいブラウザを追加インストールもできます。

電子書籍ストアを利用する場合、「ブラウザでストアを開き、本を購入→アプリに移動して読書」という流れが多いと思いますが、ストアが対応していれば、アプリを使わなくてもブラウザビューワーでそのまま読書をすることができます。

↑上記はパソコンのChromeブラウザで開いたブックライブのサイト。書籍の詳細ページなどから「ブラウザで読む」をクリック、同一画面でそのまま漫画読書が可能。スマホ・タブレット等のブラウザでも同様の読書ができます。

また「読後スキップ」や「しおり」などの機能を実装している電子書籍ストアもあります。

参考:ブックライブ 快適なマンガライフを!ブラウザビューア機能のご紹介

アプリでの読書と大きく異なるのは、ダウンロード形式ではなくストリーミング形式であること。オンライン前提ですが、ページをめくったタイミングなどで必要な書籍データを読み込む形なので、読書を始めるのに時間がかかりません。

メリット・デメリット

以下、ブラウザ利用でのメリット・デメリットです。ブラウザ+電子書籍の特性を理解すると、より読書が捗るでしょう。

ブラウザ読書のメリット

  • アプリをインストールせずに読書ができる
  • 書籍データをダウンロードしなくて良い
  • 端末のデータ容量を気にしなくて良い

ブラウザで電子書籍を読む最大のメリットは、アプリのインストールや書籍データのダウンロードをしなくても本が読めること

なので、端末のストレージ容量が少なくても読書を楽しむことができます。特に電子書籍漫画はデータ容量が大きく、ダウンロードするスペースが必要ですが、ストリーミング形式であればその心配をしなくても良いでしょう。

ブラウザ読書のデメリット

  • オフラインでは電子書籍が読めない
  • 読書の都度、通信データを消費する
  • 一部、ブラウザで読めない書籍がある

書籍を開くたびにデータを読み込む形式のため、オフライン状態では読書ができません。またデータを端末に保存しないので、都度、通信データを消費します。Wi-Fiが使える環境で利用した方が良いでしょう。

ほか、ブラウザビューワーに対応していない電子書籍もあります。漫画作品はほぼビューワーに対応していますが、特に一般書籍で非対応なケースがあるようです(ストアや電子書籍の版元によって異なります)。


参考:ブックライブの対応端末表記


参考:DMMブックスの対応端末表記

上記のように、電子書籍ストアによっては書籍ページに対応端末が記載されていることがあります。読める環境が気になる場合は、購入時に確認してみましょう。

どんな時に便利?

上記のメリット・デメリットを踏まえて、ではどんな時にブラウザビューワーを使うと便利なのか?

例えば、

  • アプリをインストールしたく無い時
  • スマホ・タブレットなど端末の容量が少ない時
  • パソコンで電子書籍を読みたい時
  • インターネット回線速度が充分に確保できている時

といったケースで利用すると、電子書籍読書が捗るでしょう。

特にパソコンの場合、各電子書籍ストアで用意されている「パソコン用アプリ」を使うよりも、ブラウザビューワーを利用した方が手軽に読書ができます

またスマホ・タブレットでも、端末の容量が少ない場合は、ブラウザビューワーでの読書がオススメ。書籍データのダウンロードを待たず、かつデータを保存せずに読書ができるので、端末のデータ保存領域を節約できます。

ブラウザで電子書籍マンガが読みやすいストア

以下、ブラウザで電子書籍漫画が読みやすいストアのご紹介です。各項目で掲載している画面は「パソコン+Google Chrome」のものですが、スマホ・タブレットなどその他の環境でも同等の読書が可能です。

ブックライブ(BookLive!)

個人的に一番利用している電子書籍ストア【ブックライブ(BookLive!)】。使っている理由の一つが、ブラウザでの読書がとてもしやすいから。

電子書籍の詳細ページやMy本棚から「ブラウザで読む」をタップし、そのまま電子書籍を読むことができます。反応もとてもスムーズ。パソコンではマウスホイールによるページ送りも便利です。

便利なのは、ブラウザの本棚からも書籍を探しやすいこと。読みたい本にたどり着きやすい工夫があり、使い勝手がとても良いです。ブックライブでは無料漫画も多数用意されているので、ぜひ使い心地を試してみてください。

【ブックライブ(BookLive!)】

【ブックライブ 秋得キャンペーン】
新規会員限定!70%ポイントバック 10/31まで

ebookjapan(イーブックジャパン)

Yahoo!系列のブックストア「【ebookjapan(イーブックジャパン)】」。マイページの本棚などから書影をタップし、「いますぐ読む」でブラウザ読書ができます。

動作もとてもスムーズ。個人的に、ebookjapanはアプリよりもブラウザの方が漫画が読みやすいと感じます。ダウンロードではなくストリーミング形式で読書をしたい、という方にオススメ。

なおebookjapanは他の電子書籍ストアに較べて、漫画の画質が比較的良いと感じます(多分解像度が高い)。他ストアでも全く問題は無いのですが、特に画質にこだわりたい!という方はebookjapanサイトで確認してみてください。

【ebookjapan】

ebookjapanでは横山光輝・永井豪・ちばてつやなど、独占配信されている漫画も多数あります。Kindleやブックライブなど他のストアと併用しての利用も便利です。

DMMブックス

大人向けコンテンツで定評のある【DMMブックス】。ブラウザでの読書もなかなかの読み心地。

書籍詳細ページより「ブラウザで読む」を選ぶことで、ブラウザビューワーでの読書ができます。

DMMブックスのパソコン用ビューワーは最近、マウスホイールでのページ送りにも対応し、とても読みやすくなりました。週末や深夜帯は若干もたつく時があるのはご愛嬌w。

【DMMブックス】

参考:Kindle

AmazonのKindle電子書籍もブラウザでの読書に対応していますが、他のストアに較べると少し特殊。

Kindleでは書籍の詳細ページ、または「マンガ本棚」「Kindle Cloud Reader」から読書ができるのですが、漫画・固定レイアウト版の電子書籍以外は、ブラウザでの読書に対応していないようです。テキスト形式の電子書籍はアプリ利用が必要となるのでご注意を。

【Amazon Kindleトップ】

まとめ

以上、「アプリ不要!ブラウザで漫画が読みやすい電子書籍ストア」でした。

端末に書籍データをダウンロードしにくい時、アプリをインストールしたくない時などに利用すると、漫画読書が捗ります。使い方も簡単なので、気になったストアで試し読みなどしてみてください。パソコンのモニターでの漫画読書も読みやすいですよ。

各電子書籍ストアの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました