【電子書籍ストア別】購入に使えるプリペイドカード・ポイント

電子書籍ストアの支払い方法と言えば、クレジットカードが一般的。ですが各ストアでは「プリペイドカード」や「各種ポイント」での決済方法も利用可能。クレカ無しでも電子書籍が読めるようになっています。

以下「プリペイドカードの使い方例」と「主要なストアで使えるプリペイドカードやポイント」のまとめです。なお記載の情報は基本的に記事作成時のもので、各サービスで変更になる場合があることをご理解ください。

プリペイドカードの使い方(例)

以下、電子書籍ストアへのプリペイドカード登録例です。個人的に良く漫画を購入する「ブックライブ(BookLive!)」を利用してみました。

まずプリペイドカードを購入します。電子書籍ストアによって異なりますが、だいたいコンビニ・スーパー・家電量販店などで買うことができます。

カードを台紙からはがし、スクラッチ部分(「中央から軽く削ってください」)の部分にある数字を確認します。

ブックライブのサイトから「Myページ」に移動。「店頭決済・クーポン」から「デジタル図書券・プリペイドカード」に移動し、「入力画面はこちら」をクリック。

表示された画面にて、プリペイドカードに記載のカード番号とPIN番号を入力。あとは画面の案内に従って、登録を完了させます。

登録が完了すると、プリペイドカードのポイントが反映されます。あとはお買い物時にポイントでの支払いを指定すると、決済にポイント残高が反映されます。

という感じで、電子書籍ストアにプリペイドカードを簡単に反映できることが、お分かりいただけたのではないでしょうか。今回はブックライブを例としましたが、どのプリペイドカードも概ね同様の手順でポイントを登録できると思います。

主要電書ストアで使えるプリペイド・ポイント

以下、主要なストアで利用できるプリペイドカードやポイント例です。ストア利用の参考にしてみてください。

Kindle(Amazon)

Amazonの【Kindle電子書籍】では

  • 店頭で購入できる専用プリペイドカード
  • サイトでチャージできるギフト券

などが使えます。なおチャージタイプのAmazonギフト券は、

  1. サイトで5,000円以上チャージ
  2. コンビニ・ネットバンキング・ATMで現金で支払い
  3. ポイントを受け取る

という手順を踏むと、最大2.5%のポイントアップとなります。これは終了日未定のキャンペーンなので、詳しくは【Amazonチャージ】にてご確認ください。

【Amazon Kindleトップ】

ブックライブ(BookLive!)

電子書籍ストア【ブックライブ(BookLive!)】では、

  • 店頭で買える専用プリペイドカード

が利用可能です。ローソン・ミニストップ・イトーヨーカドー・平和堂などのコンビニ・スーパーのほか、三省堂書店・大垣書店などの書店で購入できます。ブックライブでは他にも、Tポイントでの支払いが可能です。

【ブックライブ(BookLive!)】

DMMブックス

【DMMブックス】では

  • 店頭で買える専用プリペイドカード

が書籍の購入ほか、DMMで提供されているサービスの支払いに利用できます。プリペイドカードを登録し、DMMポイントとしてDMMに貯蓄しておく形式です。

【DMMブックス】

honto(ホント)

紙書籍と電子書籍、両方の取り扱いがある【honto(ホント)】

  • 店頭で買える専用プリペイドカード(hontoポイントチャージ用チケット)
  • 図書カードNEXT

が支払いに利用できます。「図書カードNEXT」が使えるのは、紙書籍の販売もあるhontoならでは。「hontoポイントチャージ用チケット」は購入金額+5%分のポイントがチャージされ少しお得。丸善・ジュンク堂・文教堂ほか、提携書店で購入可能。

【honto(ホント)】

楽天Kobo

楽天の電子書籍サービス【楽天Kobo】では、

  • 店頭で買える楽天ポイントギフトカード

で楽天ポイントをチャージ、電子書籍の決済に使用することができます。カードは各種コンビニやドラッグストア、家電量販店などで購入できます。

【楽天Kobo】

ebookjapan(イーブックジャパン)

【ebookjapan(イーブックジャパン)】では専用プリペイドカードなどは用意されていませんが、「Tポイント」を支払い時に利用できます。

なおTポイントで決済する場合、キャッシュレス決済PayPayとの併用はできないのでご注意を。

【ebookjapan(イーブックジャパン)】

まとめ

以上、「【電子書籍ストア別】購入に使えるプリペイドカード・ポイント」でした。クレカが無くてもプリペイドカードやポイントで電子書籍が購入できることがお分かりいただけたのではないでしょうか。利用しやすい方法で、電子書籍をお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました