オカルト・ホラー漫画

オカルト・ホラー漫画

漫画『ニクバミホネギシミ』感想―過去と現在が交錯、謎に迫るオカルト・ホラー

若くして異様な死を遂げた叔母。その死の真相を探る青年は、彼女の「友人」が語る恐怖体験に引きずり込まれていく…。 パレゴリックさんの漫画『ニクバミホネギシミ』。独特の画風から生み出される恐怖が、読み手の心を捉えて離さない!オカルト・ホラー漫画...
オカルト・ホラー漫画

漫画『カオスゲーム』感想―お前は神を見たか?ダークなオカルト能力バトル

悪徳政治家の取材中、理不尽な暴力に巻き込まれた女性雑誌記者。しかしそこで「人智を超えた出来事」が起こり…? 山嵜大輝(やまざきだいき)さんの漫画『カオスゲーム』。不可解過ぎる「運命」に巻き込まれた主人公が「真実」に迫っていく、オカルティック...
オカルト・ホラー漫画

少女漫画の制作現場発!実話系オカルト漫画『ゆうれい談』感想

「角川ホラー文庫」レーベルからの刊行、山岸凉子さんの『ゆうれい談』全1巻。 山岸凉子さんのオカルト・ホラー系の単行本6冊が、2023年7~8月にKADOKAWA・講談社より電子書籍化されました。本書はその内の1冊で、6冊中唯一の実話系オカル...
オカルト・ホラー漫画

未来を視る青年と戦災孤児少女の不思議な縁―漫画『白眼子』感想

戦災孤児だった少女は、未来を視る力を持つ不思議な青年「白眼子」に出会い、その運命を大きく変えていく―。 山岸凉子さんの『白眼子(はくがんし)』。戦後の北海道で数奇な運命をたどった少女と、彼女が出会った不思議な青年を描く、オカルト風味も絡んだ...
オカルト・ホラー漫画

市松人形の怪!山岸凉子の純和風ホラー漫画『わたしの人形は良い人形』感想

本来ならば火葬されるはずだった市松人形が、何の因果か代々受け継がれ、やがて恐怖を巻き起こしていく…。 山岸凉子さんの『わたしの人形は良い人形』。長らく電子化されなかった山岸凉子さんのホラー作品集が、2023年7~8月に一気に電子書籍化!古典...
おすすめ漫画まとめ

唯一無二の民俗オカルト・ホラー!諸星大二郎『妖怪ハンター』まとめ

異端の考古学者・稗田礼二郎が、日本各地の民俗的怪奇現象に遭遇する『妖怪ハンター』シリーズ。 諸星大二郎さんの代表作の一つであり、唯一無二の世界観を持つオカルト・ホラー漫画です。 本記事では漫画『妖怪ハンター』シリーズの概要と、現在読める既刊...
オカルト・ホラー漫画

漫画『怪異界』感想―薄幸OLと伝説の妖怪が「怪異」に出会うホラー・ドラマ

不幸続きの派遣OLが、キャンプ場で出会った「何か」。それは人か?猿か?それとも―。 宮尾行巳さんの『怪異界(かいいかい)』。民俗学や都市伝説をベースに、リアルな筆致で「魔」を描き出すオカルト・ホラー漫画です。 連載は日本文芸社の漫画アプリ「...
オカルト・ホラー漫画

漫画『魔法使いの娘ニ非ズ』感想―恐怖案件が怖面白い!長編オカルト・ホラー

那州雪絵さんのホラー漫画『魔法使いの娘』の続編、『魔法使いの娘ニ非ズ(まほうつかいのむすめにあらず)』全7巻。 数々の恐怖案件に、主人公・初音とそのパートナー・兵吾が関わっていく、オカルト・ホラー漫画です。 前作のストーリーを引き継ぎながら...
オカルト・ホラー漫画

漫画『となりの百怪見聞録』感想―日常の「隣」に蠢く怪異描く純和風ホラー

謎の画家に導かれ路地へ入ると、そこは日常の「となり」にある夜市だった。妖かし蠢く異世界で、青年は失せ物を見つけ出すことができるのか―? 綿貫芳子さんの『となりの百怪見聞録(ひゃっかいけんぶんろく)』。ちょっと偏屈な装丁家と、怪しげな老画家。...
オカルト・ホラー漫画

『コワい話は≠くだけで。』感想―怪談話が漫画家のリアルを侵食!新感覚ホラー

「怖い話」のコミカライズを手掛ける女性漫画家。連載が進むにつれ、自身の「リアル」にも不穏な空気が…? 原作:梨さん+漫画:景山五月さんの『コワい話は≠くだけで。』。「リアリティのある現代の怪談話」と、「そのコミカライズを描く漫画家の恐怖体験...
オカルト・ホラー漫画

漫画『営繕かるかや怪異譚』感想―住まいに潜む恐怖を描く和風ホラー

住宅・古民家で起こる、得体の知れない怪異現象。恐怖を解決するのは、霊感を持たない営繕屋の青年ー。 小野不由美さんの同名原作小説を、加藤和恵さんがコミカライズした『営繕かるかや怪異譚(えいぜんかるかやかいいたん)』。 卓越した画力で描かれる、...
オカルト・ホラー漫画

漫画『瀬文麗歩のイイ奇聞』1巻ショート・レビュー

朱村咲さんの漫画『瀬文麗歩のイイ奇聞』(せぶみれいふのいいきぶん)1巻のショート・レビュー。
オカルト・ホラー漫画

漫画『使い魔サンマイと白の魔導師』ショート・レビュー

明治カナ子さんの漫画『使い魔サンマイと白の魔導師』のショート・レビュー。
オカルト・ホラー漫画

漫画『どすこいスピリチュアル』感想―ガチで怖い!実話系オカルト・ホラー

何でも取材する雑食系ライターが、行く先々でなぜか!仕入れてしまう怖いネタ。 そんな恐怖話の数々をコミカライズしたのが、漫画『どすこいスピリチュアル』シリーズ。ちょっとコミカルだけどガチで怖い!実話系ホラー・オムニバスです。 原案はライターの...
オカルト・ホラー漫画

漫画『うずまき』感想―”渦巻き”の恐怖が町を覆う!伊藤潤二の傑作ホラー

小さな町で起こった"ある異変"は、やがて渦を巻くように町全体を覆いはじめ… 『富江』シリーズなどで著名な作者・伊藤潤二さんの長編ホラー漫画『うずまき』。美しさとグロテスクさを併せ持つ、代表作品の一つです。 連載は小学館ビッグコミックスピリッ...
オカルト・ホラー漫画

山岸凉子の実話系ホラー漫画『押し入れ』闇に潜む眼の正体は…?

2021年10月に『レベレーション(啓示)』『ヤマトタケル』『青春の時代』など、漫画家・山岸凉子さんの作品の一部が電子書籍化されました。 本記事でご紹介する単行本『押し入れ』もその一つ。 実話系の恐怖話ほか、ホラー系の短編4編を収録した短編...
オカルト・ホラー漫画

ホラー漫画「座敷女(ざしきおんな)」ショート・レビュー

望月峯太郎さんのホラー漫画「座敷女(ざしきおんな)」のショート・レビュー。
オカルト・ホラー漫画

漫画『おろち』感想―不思議な美少女が誘う恐怖!楳図かずおの傑作ホラー

謎の少女"おろち"を狂言回しとして描かれる、楳図かずおさんの漫画『おろち』全4巻(小学館ビッグコミックススペシャル版)。 ホラー漫画家として定評のある楳図かずおさんですが、恐怖だけでなくその高いドラマ性に衝撃を受けるホラー・オムニバスです。
オカルト・ホラー漫画

漫画『僕が死ぬだけの百物語』感想―意味深タイトルが怖い!ホラー・オムニバス

部屋で「百物語」を語り続ける少年。百話を終えた時、彼の身に何が起こるのか…? 意味深タイトルの『僕が死ぬだけの百物語』。少年がひたすら、オカルト・怪奇・都市伝説風の怖い話を語り続ける、新感覚のホラー漫画です。 作者は的野アンジさんで、連載は...
オカルト・ホラー漫画

漫画『ゆうやけトリップ』感想―ふんわり怖い!少女たちの心霊スポット探訪

町の心霊スポットを取材することになった女子中学生。ひとりでは怖いから、転校生に声をかけてみた。 「帰り道、ふたりで心霊スポットに寄り道しませんか?」 不思議な懐かしさのある坂の町を舞台に、二人の少女のふんわりな冒険を描く、"ともひ"さんの『...