漫画『営繕かるかや怪異譚』―美麗で繊細な和風ホラー!超ボリュームで読み応えあり

住宅や古民家で起こる、得体の知れない怪異現象。住民の心を脅かす恐怖を解決するのは、霊感を持たない営繕屋の青年ー

小野不由美さんの同名原作小説を、加藤和恵さんがコミカライズした『営繕かるかや怪異譚(えいぜんかるかやかいいたん)』。

卓越した画力で描かれる、確実な恐怖とドラマ感が面白い!380ページ超えのボリュームで読み応えバツグンの、純和風ホラー漫画です。

『営繕かるかや怪異譚』感想・レビュー

あらすじ・概要

『営繕かるかや怪異譚』のオリジナルは、『十二国記』『屍鬼』などの代表作を持つ、小野不由美さんのホラー小説。2022年11月現在、シリーズ3冊が刊行されています。

その単行本第一巻に収録の6編『奥庭より』『屋根裏に』『雨の鈴』『異形のひと』『潮満ちの井戸』『檻の外』を、集英社「ジャンプSQ.」にて加藤和恵さんが漫画化、単行本としてまとめたのが、本作『営繕かるかや怪異譚』です。

日本家屋で起こる怪異現象の数々に、「営繕かるかや」として営繕業に勤しむ青年・尾端(おばな)が関わり、その「技能」をもって解決していく様が描かれていきます。

※「営繕」とは、建築物の「営造」と「修繕」を行う職業のこと。

漫画『営繕かるかや怪異譚』電子版(1,100円)は、

など電子書籍ストアの「初回限定クーポン」がオススメ。お値段やや高めな漫画もお得に読めます。

住居に潜む「魔」が怖い…!

亡き叔母から受け継いだ古民家で、一人暮らしを始めた女性。その家の奥には、箪笥で入り口を塞がれた「開かずの間」が。何度閉めてもいつの間にか開いてしまう、その部屋の襖。その奥に居るものは…?(『奥庭より』)

雨の日に、鈴の音とともに現れる「喪服の女」。人ならざる「それ」には、人の死をもたらすとの噂が。袋小路奥の家屋に住む女性は、その歩みが徐々に自分のもとへ迫っていることに気づきー。(『雨の鈴』)

幼い娘と地元へ戻ったシングルマザー。親戚から借りた古い家で暮らし始めるが、「離れの車庫」には居るはずのない「人の気配」を感じる。それは日に日に高まり、ついに娘の身にも危険が…?(『檻の外』)

『営繕かるかや怪異譚』各話で住居やその周辺に現れる、妖怪とも、悪霊とも、神ともしれない「何か」。言わば「魔」とでも表現されるそれは、やがてヒタヒタと住人の生活に忍び寄り、そして両者が出会うその時…!

その瞬間の、雰囲気のあるホラー描写が何とも恐ろしい…!グロ表現は一切ないのですが、「魔」が住民の心を脅かし、蝕んでいく過程が丹念に描かれることで、恐怖が増幅!精神的にジワジワ来る、バツグンのホラー感があります。

恐怖案件を解決する営繕屋青年の手腕は…?

その恐怖案件を解決していくのが、ひとりで「営繕かるかや」を営む青年・尾端(おばな)。ラフな格好で現れる彼は、工具の入ったバッグを背負っている以外はごくごく普通、笑顔がさわやかなお兄ちゃん。

しかしひとたび怪異の前に立つと、驚異的な除霊能力を発揮!…しない(笑)。それどころか霊感が全くない、という人物。

そんな彼がホンモノな案件を「独特の方法」で解決していくのですが、その方法が面白い。それは…

「普通の営繕」。ごくごく普通に、営繕職人として、家の改修工事をするだけ。

が、恐怖体験をした住人の声を通して、そこに棲む「魔の声」に耳を傾け、人間にとっても「魔」にとっても最適な営繕を行う尾端青年。それにより結果的に事態が収拾され、生活が落ち着いていく、という過程が『営繕かるかや怪異譚』の醍醐味。

尾端青年は物語の主人公というよりは、恐怖案件とその解決を結びつける「触媒」的な役回りなのですが、その確かな仕事ぶりに思わず「なるほど…」と唸ることしきり。

得体の知れぬ「魔」に怯える住人たちが、心のこもった営繕により救われていく。そんな「恐怖のあとのスッキリ感」に心地よさを感じます

新規会員は好きな電子書籍1冊が半額になる「50%OFFクーポン(値引き上限無し)」と、「おまけの割引クーポン×2」がもらえます!

卓越した画力と緻密な構成が作り上げるホラー・ドラマ

古民家や旧家で起こる怪異の数々と、その解決が描かれる漫画『営繕かるかや怪異譚』。原作の小野不由美さんは、百物語を題材にしたホラー・ショート『鬼談百景』など、ホラージャンルでも著名な作家さん。

その小説を、代表作『青の祓魔師(エクソシスト)』の漫画家・加藤和恵さんがコミカライズしているのですが、これが実にクオリティが高い。プロの漫画家さんに言う言葉では無いかもしれませんが、とにかく絵が上手い!

また原作内に出てくる住居や地形を平面図に起こすなど、小説を漫画化するにあたって緻密な設定を用意。そこから生み出される「物語の説得力」がスゴイ。生活感のある古民家と、そこで生活する人々、そしてその裏で密やかに息づく「魔」の存在感が絶妙!です。

小野不由美さんの原作というベースを、加藤和恵さんが卓越した画力と構成力で見事に漫画化した本作。怖いところはきっちり怖く、しかしそれだけではない満足感を与えてくれる、読み応えのあるホラー・ドラマとなっています。

新規限定『6回使える70%OFFクーポン』(1購入で最大500円引き)で最大3,000円お得!金曜日はPayPay還元コミックフライデー開催

『営繕かるかや怪異譚』まとめ

以上、小野不由美さん・加藤和恵さんの漫画『営繕かるかや怪異譚』の感想・レビューでした。

ストーリー・ビジュアルともハイクオリティなホラー漫画。何度もじっくり読み返したくなる魅力がありオススメ。また382ページのビッグ・ボリュームで、バツグンの読み応えがあります。

ホラー漫画ファンだけではなく、多くの漫画ファンに手に取っていただきたい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました