近藤和久版・漫画「機動戦士Zガンダム」―メカ描写が魅力のコミカライズ作品

数々のガンダム漫画を描かれてきた近藤和久さんが、TVアニメ「機動戦士Zガンダム」本放送時に連載されていたのが、本記事でご紹介する漫画「機動戦士Zガンダム」全3巻。

面白い!というタイプの作品ではないのですが、なかなか味のあるコミカライズ。オリジナルは講談社より刊行、現在はKADOKAWAの復刻版を電子書籍で読むことができます。

漫画「機動戦士Zガンダム」感想

概要

近藤和久氏の漫画「機動戦士Zガンダム」は、TVアニメ「機動戦士Zガンダム」と連動したコミカライズ。1985年~の本放送と並行して、講談社の児童向け月刊誌「コミックボンボン」(※小学館「コロコロコミック」的な漫画雑誌)に約1年間連載された作品です。

…と書いただけではピンとこないかもしれませんが、「1年間放送のテレビアニメ(Zガンダムは全50話)」の内容を「月刊マンガ雑誌で並行して一年間連載」という、現在と比較するとやや特殊な状況下で製作された漫画です(※当時は他にもこういう連載体制があった)。

なお現在復刻されているKADOKAWA版には、オリジナルの単行本にはなかったカラーページや宇宙世紀年表などが追加されています。

【ブックライブ】新規会員限定【全作品50%OFFクーポン】もらえます。

ストーリーはクセがある

一年間放送=月4回放送のTVアニメを、月イチ刊行の漫画雑誌でコミカライズした漫画版「機動戦士Zガンダム」。基本はTVアニメをなぞりながらも、一部展開はダイジェストされたりカットされたり、またはオリジナルとなっています。

そのため漫画単体で読むと、ストーリーはやや難解。おそらくZガンダムを全く知らない人が読むと、訳がわからないのでは(これはしょうがないとは思うのですが…。内容的にも作者の苦労が窺えます)。

逆にTV版のストーリーを知っているファンが読むと、むしろアニメとの違いが面白い(多分)。キリマンジャロ編がなかったり、ロザミアが出てこなかったり、後半にオリジナル展開があったり(後述)。「古いけど新鮮なZガンダム」を楽しめます

【ブックライブ 秋得キャンペーン】
新規会員限定!70%ポイントバック 10/31まで

「濃いメカ描写」は一見の価値あり

近藤和久さん、正直に書くとキャラクター描写にはやや難があります(味わい深いものがあるのですが…)。反面、MSをはじめとしたメカ描写が非常に「濃い」

ガンダムMk-2、リック・ディアス、百式、ZガンダムといったエゥーゴのMSや、ハイザック、ガルバルディβ、マラサイ、サイコ・ガンダム・ギャプランほか連邦・ティターンズのMS、そしてアーガマ、ドゴス・ギア、グワダンといった戦艦など、TVと同じく多数のメカニックが登場するのですが、これがなかなかの迫力。

30年以上前の漫画ですが非常に力の入ったメカ描写、丁寧な作画には一見の価値があります。特に百式やマラサイは思い入れがあるのでしょうか、妙にカッコイイ(笑)。戦闘シーンが多いのも、ガンダム漫画としては嬉しいところ。

オリジナル要素がユニーク

そして近藤和久版「機動戦士Zガンダム」ならではの魅力が、オリジナル要素。リック・ディアスのキャノンタイプやフルアーマータイプのガンダムMk-2といった小ネタレベルから、独自キャラクター・MSまで、ユニークな要素が劇中の随所で登場。

特にネオ・ジオンの量産型MSがガザCでなく、ディジェ風の外見を持つチャイカになっていたり、ハマーン・カーンがキュベレイではなく、近藤和久氏オリジナルのMS「G-3(ゲー・ドライ)」に搭乗したり、といった設定・描写が特徴的。

また3巻後半で登場するティターンズのドルク中尉は、本作ならではの面白いキャラクター。マラサイのマイナーチェンジMS「グリフィン」を駆り、BGMに乗って踊るように戦う彼。出番は数ページながら、一度見ると忘れられないインパクト(笑)。

他にもストーリー圧縮の必要性からか、エマやレコアの撃破状況が変更されていたり、コロニーレーザー内での戦闘シーンが無かったりと、特に終盤でTVアニメと展開が大きく異なる本作。「正当なコミカライズにして、Zガンダムのアナザー・ストーリー」のような、不思議な漫画です。

「サイド ストーリー オブ ガンダム Z」(未完)

漫画「機動戦士Zガンダム」に関連して、近藤和久さんのガンダム漫画「サイド ストーリー オブ ガンダム Z」をご紹介。こちらはコミックボンボンでの連載ののちに、バンダイの模型情報誌等で近藤和久さんが連載した作品。

シャア(クワトロ)がバスクの下でジオンの残党狩りをしていたり、カミーユがエゥーゴ(※本作ではジオンの系譜である組織)でアッシマーのパイロットをしていたり、と大胆なアレンジが行われている作品。「サイドストーリー」というよりは「アナザーストーリー」的な物語です。

残念ながら未完で、中途半端なところで終了しているのですが、大胆なストーリー構成とメカニック描写に見どころのある作品。特に百式改ほか、ガンダムMk-3、Zグスタフ、シュツルム・イェーガー(ギャプラン風の変形MS)など、作中登場の個性的なMSは一見の価値あり。余力があればご覧いただきたい一作です。

まとめ

以上、近藤和久さんの漫画「機動戦士Zガンダム」全3巻の感想でした。オススメのガンダム漫画、とは決して言いにくいのですが、独特な味わいのある作品。今読むとレトロさと同時に、現代の漫画には無い新鮮な感覚があります。

もちろん絵柄的には年代を感じるのですが、30年以上前に描かれていたことを考えると、ある種のクオリティの高さ・凄みのある漫画。最近のガンダム漫画は読み尽くしちゃったな…という方、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました