SF漫画おすすめ漫画(ジャンル別)おすすめ漫画まとめガンダム漫画

アニメに負けない面白さ!おすすめガンダム漫画【宇宙世紀編】

[ページ内に広告が表示されます]

近年、特に漫画雑誌「ガンダムエース」発刊以降、アニメとは異なる面白さ、アニメに負けない面白さを持つガンダム漫画が増えてきました。

そんなガンダム漫画から、読んで面白かったおすすめ作品をまとめました。本記事では宇宙世紀(UC)ものをご紹介。時代でざっくり区切っています。

金・土・日はPayPay還元大増量!
ebookjapan コミックウィークエンド

一年戦争~Z以前

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

アニメでキャラデザなどを担当、漫画家としても著名な安彦良和氏によるファースト・ガンダムのコミカライズ機動戦士ガンダム THE ORIGIN』。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(24) (角川コミックス・エース)

ただ単に一年戦争をなぞるだけではなく、

  • キャスバル・アルテイシアがシャア・セイラになるまで
  • ザビ家の兄弟たちの若かりし頃
  • シャアとガルマの出会い
  • 一年戦争が開戦に至るまで
  • MSが戦局で重要な地位を占めるようになった過程

などアニメ本編では語られなかった部分が、製作に大きく関わった安彦氏本人によって補完されています。

また圧倒的な描写力による他のガンダム漫画とは一線を画す迫力・美麗さも大きな魅力。ガンダム初心者からガンダム玄人まで、幅広く楽しめる作品です。

なお『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』はフルカラー版も刊行されています。安彦良和さんの美麗な作画をより楽しむには、こちらがオススメ。

フルカラー版 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN(1) (角川コミックス・エース)

『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』の感想記事はこちら

70%OFF+おまけ(50%・20%OFF)
クーポン
』で漫画がお得!
ブックライブ新規限定クーポン

機動戦士ガンダム サンダーボルト

『MOONLIGHT MILE』の太田垣康男氏による、完全オリジナル・ストーリー(※)のガンダム漫画『機動戦士ガンダム サンダーボルト』。

※本作については、作者本人が「ガンダム正史とサンダーボルトの世界線は別物」と公言されています

機動戦士ガンダム サンダーボルト(22) (ビッグコミックススペシャル)

一年戦争末期、サンダーボルト宙域にてFAガンダムとサイコ・ザクが激戦を展開。さらに戦後、サイコ・ザクは謎の宗教組織「南洋同盟」へ。連邦・ジオン・南洋同盟の三つ巴の争いへと発展…という戦いが描かれます。

太田垣康男らしい個性的なキャラクターや、「アトラスガンダム」などの新MSが多数登場。『機動戦士ガンダム』もSF漫画の名手が描くとこうもハードなSFストーリーになるのか…!と驚きが。

機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画

『機動戦士ガンダム MSV‐R ジョニー・ライデンの帰還』の作者・Ark Performanceさんによる『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』全4巻。

機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画(1) (角川コミックス・エース)

終戦間近のジオン公国で密かに進行する、ギレン・ザビ暗殺計画。首謀者「レギンレイブ」の正体を追う捜査官を描いた、ガンダム漫画の中でも異色のサスペンス作品。

「ペズン計画」「セシリア・アイリーン」など、ガンダムファンならニヤリとする小ネタを仕込んだストーリー。連邦対ジオンの戦いの裏、軍部ではこんな陰謀が進行していたのかもしれない、と思わせる内容がユニークです。

機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク

『THE BLUE DESTINY』『コロニーの落ちた地で…』などガンダムの外伝ゲーム6作品と、『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』を収録したPS3のゲーム『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』(2014)。

その『ミッシングリンク』をコミカライズしたのが、漫画版『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』全4巻。

機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク(1) (角川コミックス・エース)

連邦内のはみ出し者を集め、自軍内の粛清など危険任務を遂行する特殊部隊「スレイヴ・レイス」。司令官グレイヴの裏切りで新型MS「ペイルライダー」を差し向けられた彼らは、ジオン軍マルコシアス隊と手を組み反撃を開始する、というストーリー。

新MS以外にも「イフリート」「ガンダム・ピクシー」などゲームに登場したMSが大活躍。ペイルライダーは「EXAM」の後継「HADES」を搭載、といった設定も外伝ならでは。安彦良和風の作画をする作者・おおのじゅんじ氏の画力もクオリティ高し。

機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー -カイ・シデンのメモリーより-

カイ・シデンを主人公に据えた、”ことぶきつかさ”さんの『機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー -カイ・シデンのメモリーより-』。

機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー -カイ・シデンのメモリーより-(1) (角川コミックス・エース)

サイド3で「ホワイトベース展」が開催。オブザーバーとして招かれたカイが一年戦争を振り返るという趣向。カイの記憶から呼び起こされる、アニメでは描かれなかったホワイトベース・クルーの様子が、実に興味深いもの。

MSアクションの無いガンダム漫画ですが、その後のジョブ・ジョンウォン・リー、そしてF91のロイ・ユングもゲスト出演するなど、ガンダム世界を幅広く網羅した濃厚な内容です。

Z・ZZ以降~逆シャア以前

機動戦士ガンダム MSV‐R ジョニー・ライデンの帰還

初代ガンダムファンおなじみのMSV(モビルスーツバリエーション)。そのMSVに端を発したMSV-R企画をベースにしたガンダム漫画『機動戦士ガンダム MSV‐R ジョニー・ライデンの帰還』。全26巻完結。

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(1) (角川コミックス・エース)

UC0090年(ZZと逆シャアの中間ぐらい)、地球連邦軍の兵器調査組織FSS所属のレッド・ウェイラインとリミア・グリンウッドを軸に、ジオンのエース部隊「キマイラ隊」が守った「ザビ家の復讐装置」を巡る戦い描くサイド・ストーリーです。

レッドはジオン軍エース・パイロット「ジョニー・ライデン」なのか?キマイラが秘匿したザビ家の財宝「ミナレット」とは?…といった謎要素の解明と、迫力の戦闘シーンが魅力のガンダム漫画。Zガンダムの雄・ヤザン先生も大活躍するよ!

『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』の感想記事はこちら

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー -カイ・シデンのレポートより-

ジャーナリストとなったカイ・シデンによって語られる、一年戦争~Z・ZZ間のガンダム・サイド・ストーリー。”ことぶきつかさ”さんの『機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー -カイ・シデンのレポートより-』全2巻。

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー -カイ・シデンのレポートより-(1) (角川コミックス・エース)

「劇場版Z」をベースに、元WBクルー、レコア、ベルトーチカなど、サブキャラクターとの会話・出来事を通して、カイ・シデンがガンダム世界の補完・再構築を行うオムニバスです。

アクションシーンはほとんどありませんが、ゲーツ・キャパやナミカ―・コーネル、アジス・アジバといったマニアックな人物たちが登場。アニメの裏側では、カイ・シデンがこんな風に動き回っていたかも、と思わせる大人の雰囲気を醸し出すガンダム漫画

コミックシーモア
新規限定70%OFF+最大2万ポイント還元
マンガ多すぎ!コミックシーモア

機動戦士ゼータガンダム1/2(ハーフ)

グリプス戦役時の裏側で起こっていた「かもしれない」出来事を描く、長谷川裕一さんの『機動戦士ゼータガンダム1/2(ハーフ)』。

機動戦士ゼータガンダム1/2 (角川コミックス・エース)

ティターンズのテスト・パイロットで後にカラバ・エゥーゴの一員となるエドガー・エドモンド・スミスが、可変MSのテスト機・1/2Z(ハーフゼータ)を駆り、様々な戦場に関わっていく物語。

Zガンダム正史の裏で、歴史を動かす歯車の数々が動いていた、と思わせる作りがウマい。なお本作には『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の名物キャラクター、ウモン・サモンが主役を務める「番外編」も収録

ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム

昔、玩具店などで「模型情報」という薄い雑誌が、100円ぐらいで販売されていたのをご存知でしょうか。

その模型情報に掲載、『機動戦士ガンダム ダブルフェイク』として刊行された漫画の再編集版『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』。知る人ぞ知るガンダム漫画です。

ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム (電撃コミックス)

時代はZZ~逆シャアの間。コロニー公社の下請けで働くダリーは、ハンドメイドのガンダム「Dガンダム」で偶然、ネオ・ジオン残党「カラード」を撃退。連邦の巡洋艦「アラハス」にスカウトされ…というストーリー。

コメディチックなノリは好き嫌いの分かれるところだと思いますが、ネオ・ジオンの女性士官イリア・パゾムや、逆シャアのドーガ・シリーズにつながるMS、ズサ・ダイン、ガザW(ウィラ)などが登場。「ZZ・逆シャアのMSV」としても見どころの多い作品です。

逆シャア以降~F91以前

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン

絶大な人気を誇るガンダム映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。その監督・富野由悠季氏自身による映画脚本の第一稿を元にしたモチーフ小説機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』のコミカライズ。全7巻完結。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン(1) (角川コミックス・エース)

基本的なラインは映画『逆シャア』を踏襲する本作。ネオ・ジオンやロンド・ベルの作戦展開などがわかりやすく、映画のおさらいに最適。また物語後半では『ベルトーチカ・チルドレン』独自の展開へ。

Hi-νガンダムナイチンゲールという、これまで設定のみだったMSが躍動。アムロとシャア、手に汗握る二人の対決が描かれます。そしてアムロの子を体内に宿した、ベルトーチカの運命やいかに…?

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』の感想記事はこちら

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

30年以上の時を経て、遂に映像化された小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。そのコミック版である本作は、『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』の続編という位置付け。2023年9月現在、4巻まで刊行中。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) (角川コミックス・エース)

英雄ブライト・ノアの息子でありながら、反地球連邦運動のリーダー「マフティー・ナビーユ・エリン」となったハサウェイ。MS形態で大気圏内単独飛行が可能な「クスィーガンダム」を駆り、連邦政府に戦いを挑むが…?

連邦政府の腐敗といった社会的な情勢や、やや色気のある背景を持つヒロインなど、アダルトな雰囲気を漂わせる原作を、漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』の作者・さびしうろあきさんが丁寧にコミカライズ。原作ファンも納得の「大人のガンダム」となっています。

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の感想記事はこちら

F91以降

独自セール&大人・同人コンテンツが充実!
電子書籍ストア・DMMブックス

機動戦士ガンダムF91プリクエル

富野由悠季氏による小説版F91『機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード』をベースに、映画『機動戦士ガンダムF91』の前日譚(PREQUEL)を描く『機動戦士ガンダムF91プリクエル』。2023年8月時点で5巻まで刊行、以下続巻。

機動戦士ガンダムF91プリクエル 5 (角川コミックス・エース)

力強く訴えたいのは「安彦良和タッチ」でガンダム世界を描く、作者・おおのじゅんじさんの手腕が凄すぎる!ということ。

  • モニカ・アノーによるF91の開発風景
  • フロンティアⅣ進行前のクロスボーン・バンガード
  • シーブックとセシリーの出会い

などのエピソードが、安彦良和氏がキャラデザを務めた映画『F91』と同じテイストで描かれます。

F91のテスト機やクロスボーン・バンガードのMSなど、異様にクオリティの高いメカニック描写がとにかくスゴイ!リアリティあふれるコロニー内部の生活風景や宇宙戦艦の巨大感など、ガンダム漫画の中でもトップクラスなSF感にも注目。

『機動戦士ガンダムF91プリクエル』の感想記事はこちら

機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス

戦闘で傷ついたウッソ・エヴィンは、ザンスカールの少女パイロット・カムイと共に、旧式MS・ガンプに乗る「木星じいさん」グレイ・ストークに救われる。彼は仲間たちと超巨大コロニーで平和に暮らすが、そこにザンスカールの攻撃が…!

機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス (角川コミックス・エース)

長谷川裕一さんの『機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス』全1巻。SF要素の強い「これぞ長谷川裕一!」なガンダム漫画。ところでグレイ・ストークは16歳の時から60年間、木星船に乗っているのですが、変わった経歴の人物ですね?(すっとぼけ)

なお本作は『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンテス』を併録。ジュドーとアムロを主体に、なんとガンダムVSイデオンをやっちゃいます。イロモノですがこれが予想外の面白さ。正史として見るにはちょっとアレですが、読んでおいて損のない一品。

『機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス』の感想記事はこちら

まとめ

以上、宇宙世紀を舞台にしたオススメのガンダム漫画まとめでした。

ガンダム漫画、今は本当にクオリティの高い作品が多いですね。気になる作品もまだまだあるので、読んだら追記していく予定です。

↓長谷川裕一さんの『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズについては、下記記事にてまとめています!

【クロスボーン編】このガンダム漫画が面白い!おすすめガンダムコミック
宇宙世紀0123年が舞台の劇場版アニメ『機動戦士ガンダムF91』は、初めての「アムロとシャアのいない宇宙世紀ガンダム」でしたが。それ以降のガンダム世界を描くのが長谷川裕一さんの『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズ。 作風・絵柄は、ガン...

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。