漫画「機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス」―ガンダムVS伝説巨神

長谷川裕一さんのガンダム漫画「機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス」。ガンダムの外伝的中編作品を二本収録した、全1巻の単行本です。

表題作はガンダム漫画としては珍しい、Vガンダムのサイド・ストーリー。そして収録のもう一作「機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンテス」は、ガンダムとイデオンが…?

「機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス」感想

機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス

リガ・ミリティアとザンスカール帝国が戦いを繰り広げる宇宙世紀0153年。敵に襲われ宇宙を漂流していたウッソ・エヴィンは、謎の老人グレイ・ストークに助けられ、連結型コロニー「ダンディ・ライオン」へたどり着く。

しかしコロニーを兵器と誤認したザンスカールは、ニュータイプ・スケイルの駆る金色のMS「ジョング」で攻撃。ウッソとグレイ・ストークは共同戦線を張るが、実はコロニーにはある秘密が…?


ザンスカールのニュータイプ部隊や、ジオングを参考に製造したジョングなどが登場する、ユニークな「機動戦士Vガンダム」のサイド・ストーリー

注目は「木星じいさん」ことグレイ・ストークと、彼の操る大型MS「ガンプ」。60年以上前(UC.0090年代)から稼働する20M級のMSと、木星帰りのニュータイプ、その正体は…?ガンダム・ファンならばニヤリとする配役です。

他にもコロニー「ダンディ・ライオン」に隠された秘密など、SF心あふれるストーリーも本作の大きな魅力。約100ページの漫画ながら、見どころの多い一作。長谷川裕一さんの描くウッソやVダッシュガンダムも新鮮です。

【ブックライブ】新規会員限定【全作品50%OFFクーポン】もらえます。

機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンテス

宇宙世紀0091年、木星圏で超・大型MSのパーツが発見。ジオン軍残党に利用されることを懸念した連邦軍は、秘密裏にアムロ・レイとMSZ-009M「プロトZZ」を木星コロニー・オリュンポスに派遣。木星船団のNT、ジュドー・アーシタに協力を仰ぐ。

そして調査の結果、ジオンの司令官がミネバ・ザビをパイロットとして、異星文明である「伝説の巨神」の復活を画策していることを突き止めるアムロたち。しかし巨神が暴走、宇宙は壊滅の危機に…


…えー、あらすじの通り、ネタ色が強いです(笑)。が、ネタも真剣にやれば面白い作品に仕上がる、という好例。約150Pのボリュームとも相まって、なかなか読み応えのあるガンダム漫画。ジュドー・アーシタが主役というのも珍しい。

アムロが木星圏に行っていたり、ミネバ・ザビほかのキャラクターが登場したりと、ガンダム正史としてはアレなのですが、全編、緊迫感あふれるアクションが満載で、グイグイ引き込まれます。

まあ「伝説巨神イデオン」は「機動戦士ガンダム」と同じく富野由悠季さんが監督という繋がりがあるのですが、「機動戦士ガンダム」が他のアニメ作品とコラボしている、ということ事態が非常に稀有であり、ある意味貴重な作品です。現在はこういう漫画はもう描けないでしょうね、多分。

まとめ

以上、漫画「機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス」の感想でした。絵柄としてはやや古めなのですが、機動戦士ガンダムの外伝的コミックとしてユニークな単行本です。

なお「木星じいさん」グレイ・ストークは、「機動戦士クロスボーン・ガンダム」の短編集「スカルハート」収録の一編「最終兵士」にも登場。本作を読んでおくと、クロスボーン・ガンダム・シリーズをより深く楽しめるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました