Windows PCで電子書籍マンガを読む方法。ストア別アプリ比較など

電子書籍での読書はスマホやタブレットの利用が一般的ですが、「Windows PCで電子書籍マンガを読みたい!」という場合もあるかと思います。

そんなWindowsで電子書籍読みたい派のために、Windows PCで電子書籍を読む方法と、ストアで提供されているデスクトップアプリの比較をまとめました。

なお本記事ではWindows版デスクトップアプリでの電子書籍読書をご紹介していますが、ストアによってはMac版の提供もあります。

基本はブラウザビューワーがオススメ

Windows PCで電子書籍マンガを読むには、下記の二種類の方法があります。

  • ブラウザビューワー
  • デスクトップアプリ

このうち「デスクトップアプリ」はPCへのインストールが必要なため、基本は「ブラウザビューワー」の利用がオススメです。

ブラウザビューワーは、各電子書籍ストアが提供している機能。ストアにChromeやFireFox、Safariなど各種ブラウザでアクセスし、読みたい書籍を選択すると、そのまま読書ができる、という仕組みです。


(参考:ブックライブのブラウザビューワーで「三拍子の娘」を開いた画面。)

特殊なアプリを必要としないことや、電子書籍データを丸々一冊分ダウンロードしなくても本が読めるのがメリット。基本的にはオンラインでの利用が前提となります。

ブラウザビューワーは、下記のような電子書籍ストアで利用可能です。

ただし「ブラウザビューワーでは読めない電子書籍」もあります。下記はブックライブとDMMブックスの書籍詳細ページにある、対応端末の表記です。読みたい書籍がブラウザでの読書に対応しているかは、各書籍ページにて確認しておくと良いでしょう。


【参考:ブックライブの対応端末表記】


【参考:DMMブックスの対応端末表記】

参考までにAmazonのKindleは、ブラウザでの読書に「Kindle Cloud Reader」を利用しますが、基本的にはマンガなど固定レイアウト版電子書籍のみの対応となっているようです(テキスト形式の書籍は読書不可)。

PC用アプリで電子書籍を読むケース

ブラウザビューワーでは電子書籍が読めないケースもあります。

  • ネット回線が遅い時、またはオフラインの時
  • 読みたい本がブラウザビューワーに対応していない時
  • ストアがブラウザビューワー機能を提供していない時

といった場合には、PC用のデスクトップアプリを利用することになるでしょう。


参考:DMMブックスのアプリダウンロード

例えば「移動中の電子書籍読書」では、通信容量をできるだけ節約したいはず。そのような時のために

  • デスクトップアプリのインストール
  • 読みたい書籍データのダウンロード

を予めしておくと、通信容量を減らさずにパソコンで読書ができます。

ほかにも「デスクトップアプリのみの独自機能」を実装したアプリ等もあり、便利なパソコン用アプリ。ですがアプリによってはインストールに時間がかかったり、PCの再起動を要求される場合があります。時間に余裕がある時にインストール作業をしておくと良いでしょう

ストア別デスクトップアプリ比較

以下、実際の使用経験をもとに、電子書籍ストアのWindows用デスクトップアプリをご紹介します。基本的にはどのストアのアプリも使い心地にも問題はない、という前提で、その中でも気になったことをメモ的に記載しています。

ブックライブ(BookLive!)

電子書籍ストア「【ブックライブ(BookLive!)】」では、Windows用の「BookLive!Reader」が提供されています。

他の端末にインストールしたアプリとの同期(本棚設定など)が可能。マウスホイールによるページ送りに対応し、動作感はサクサク。マンガをスムーズに読めます。

また間隔を秒単位で指定可能な「自動ページめくり機能」を使うことで、流し読みできるのも便利。ストレス無く電子書籍が読めるアプリです。

【ブックライブ(BookLive!)】

【ブックライブ 秋得キャンペーン】
新規会員限定!70%ポイントバック 10/31まで

ebookjapan(イーブックジャパン)

【ebookjapan】では、2018年のリニューアルに対応したWindows用アプリが提供されています。

ebookjapanと言えば「背表紙本棚」が有名ですが、Windows版でもちゃんと再現されています(背表紙表示以外もできます)。書影をタップすると、「今すぐ読む」か「ダウンロード」を選択できるのも便利。

また書籍のズームに「虫眼鏡」機能を実装しているのが、ebookjapanアプリならでは。機能をオンにすると、マウスカーソルが乗った部分のみが「虫眼鏡的に拡大される」という面白い操作感。マンガのディテールを集中的に確認したい時に便利です。

【ebookjapan】

DMMブックス

【DMMブックス】では、Windows版リーダーアプリとして「DMMブックスアプリ Win32bit版」と「DMMブックスアプリ Win64bit版」の二種類が配布されています。環境に合わせてインストールするタイプを選びましょう。

アプリの動作感は非常に良好。スムーズに動作してマンガが読みやすいです。またDMMブックスアプリの特徴として、豊富なメニュー・ビューワー設定があります。

サムネイル表示からダイレクトに読みたいページに移動できたり、時計回り・反時計回りに画面が90度ずつ回転するボタンが実装されていたりと、他のアプリとは一味異なる機能が付いています。パソコンで電子書籍マンガを読む方は、DMMブックスアプリを使うとひと味違うユニークな読書体験ができるでしょう。

【DMMブックス】

Kindle

Amazonの【Kindle電子書籍】では、Windows用アプリとして「Kindle for PC」が提供されています。


(参考:Kindle for PCで押見修造「ワルツ」を開いた画面)

ユーザー数がとても多いKindle。Windows版も高性能…かと思いきや、書籍のダウンロードに若干時間がかかる、マンガを読むと動作がもっさり、という印象(一般書籍の読書感は良好)。

Kindleはブラウザビューワーでの読書はスムーズにできるので、マンガはできればそちらで読んだ方が良いでしょう。

【Amazon Kindleトップ】

honto(ホント)

Amazonと同じく紙書籍の販売もある電子書籍ストア「honto(ホント)」。Windows用アプリ「hontoビューアプリ」が提供されています。

サクサク読めて良好な読書感。「ページ一覧」でサムネイルを選んで読みたいページに移動できるのは、hontoならではの便利さ。

一方、マウスホイールが拡大縮小に割り当てられるなど、他のアプリに比べて若干独特な操作感も。まあ特に使いにくいというわけではないので、この辺りは好みでしょうか。

【honto(ホント)】

楽天Kobo

楽天の電子書籍ストア「楽天Kobo」。Windows用アプリとして「楽天Koboデスクトップ」が提供されています。


(参考:楽天Koboデスクトップで「ルート225」を開いた画面)

マウスホイールでのページ送りや、ダブルクリックでの拡大縮小など、スムーズな反応でマンガ読書ができます。

反面、特に目新しい機能もなく、他のアプリに較べて若干の物足りなさが。楽天Koboはブラウザビューワーが無いので、パソコンではこのアプリを使うしかないのですが、もう少し面白い機能が付いていると良かったかも。

【楽天Kobo】

オススメは?

以上、「Windows PCで電子書籍マンガを読む方法。ストア別アプリ比較など」でした。いろいろな電子書籍ストアがパソコンでの読書に対応していることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

上記を踏まえてオススメは、「ブックライブ(BookLive!)」「ebookjapan(イーブックジャパン)」「DMMブックス」などでしょうか。個人的にはブックライブがアプリ・ブラウザともサクサクなので、良く利用しています。

電子書籍と言えばAmazonのKindleが有名ですが、環境によっては国産の電子書籍ストアが便利な場合もあります。お使いの環境によって、いろいろ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました