Windows PC用アプリで電子書籍マンガを読む方法。ストア別アプリ比較など

[ページ内に広告を含みます]

電子書籍での読書は、スマホやタブレットの利用が一般的ですが、「Windows PC(パソコン)で電子書籍マンガを読みたい!」というPCユーザーも多いでしょう。

そんなWindowsで電子書籍読みたい派のための

  • Windows PC用アプリで電子書籍マンガを読む方法
  • 電子書籍ストア別リーダーアプリ比較

です。リーダーアプリは実際にPCにインストール、電子書籍を読んで、使用感その他を確認しています。

Windows PCで電子書籍を読む2種類の方法

Windows PCで電子書籍マンガを読む方法には、主に下記の2種類があります。

  • ブラウザビューア
    パソコンにインストールされている「ブラウザ」(Chrome・Safariなど)で電子書籍を読む方法。
  • デスクトップアプリ
    電子書籍ストアで用意されている「専用リーダーアプリ」で電子書籍を読む方法。

本記事では主に「Windows用デスクトップアプリを利用した電子書籍読書の方法」をご紹介します。

デクストップアプリの特徴

利用する電子書籍ストアがWindows用のデスクトップアプリを提供していれば、スマホやタブレットと同じように、アプリを起動で電子書籍を読むことができます。

参考:ブックライブ配布のWindows用リーダーアプリ

参考:DMMブックス配布のWindows用リーダーアプリ

デスクトップアプリでは、基本的に各電子書籍ストアで購入した本しか読めません。例えばKindleで購入した本は、Kindleアプリのみで読めます。

なお「デスクトップアプリを提供していないストア」もあります。利用したいストアのFAQ・ヘルプなどで、対応状況をチェックしてみてください。

Windows用電子書籍アプリのメリット

デスクトップアプリの一番のメリットは、ネットに繋がらない環境でも電子書籍が読めること。事前に「オンライン環境で電子書籍データをダウンロード」しておけば、オンライン/オフライン問わずに読書ができます。

また「ノートPC・Windowsタブレット+モバイルルーター利用時」など、データ通信量を消費したくない場合にも役立ちます。

Windows用電子書籍アプリのデメリット

一方デスクトップアプリのデメリットは、事前にWindowsパソコンへのインストールが必要なこと。

アプリによってはインストールに時間がかかったり、PCの再起動を要求される場合があります。時間に余裕がある時にインストール作業をしておくと良いでしょう。

Windows用電子書籍アプリが役に立つ状況は?

このようにメリット・デメリットのあるWindows用デスクトップアプリですが、特に「オフライン時、またはネット回線に制限のある環境での読書」に役立ちます。

具体的には「モバイルルーターなど通信容量に制限のある環境」「移動時にノートPCで読書したい時」などは、Windows用アプリが便利です。

逆に「常に大容量の固定回線で読書ができる」というケースでは、利用機会が少ないかもしれません。「電子書籍をWindows+オンライン環境のみで読む」場合は、下記記事でもご紹介している「ブラウザビューアでの読書方法」をご覧ください。

電子書籍ストア別デスクトップアプリ比較

以下、各電子書籍ストアのWindows用デスクトップアプリ比較です。実際にWindows PCにインストール、電子書籍を読んで、使用感を確認しています。

ブックライブ(BookLive!)

大手印刷「凸版印刷」系の電子書籍ストア【ブックライブ(BookLive!)】。Windows用の読書アプリ「BookLive!Reader」が提供されています。

ブックライブのWindows用アプリは読みやすさ・使いやすさが良好。マウスホイール対応のスムーズなページ送り、見やすいデザインの本棚、自動再生機能などで、スムーズな読書ができます。

またシステム面で豊富なオプションが用意されているのも特徴。他の端末との「本棚の同期」、鍵付き本棚の設定「本棚ロック」、アプリの最適化を行う「本棚おそうじ・データ最適化」などが実装されています。

ブックライブは総合的に漫画の読みやすい電子書籍ストアで、個人的にヘビーに利用。新刊情報・各種キャンペーンなど情報が整理されていて使いやすいので、一度ストアに触れてみてください。

ブックライブでは新規限定で『2種類の50%OFF+何冊でも20%OFFクーポン』がもらえます。

ebookjapan(イーブックジャパン)

Yahoo!Japan系列の電子書籍ストア【ebookjapan】では、「Windows用のリーダーアプリ」が提供されています。

※ebookjapanのリーダーアプリはスクリーンショット不可のため、モニターを撮影した画面を掲載しています。

ebookjapanのWindows版リーダーは、本棚が埋まっていく感覚の「背表紙本棚」が特徴的。ほか「虫眼鏡」による画面ズーム、書影タップ時の「今すぐ読む」「ダウンロード」選択など、ユニークな操作感のあるアプリです。

またスムーズなページ送りで、漫画の読みやすさも良好。「単ページ表示/見開き表示/2ステップ表示/3ステップ表示」や「全体表示/縦に合わせる/横に合わせる/任意倍率」など、画面表示を変更できるオプションも便利です。

ebookjapanは永井豪マンガ(『デビルマン』など)や横山光輝マンガ(『三国志』など)のような、他ストアでは配信の少ない限定・独占配信作品が読めます。「PayPay連動のキャンペーン」もお得。

ebookjapanでは初回ログインで70%OFFクーポン(1購入最大500円引き)✕6がもらえます。まとめ買いなどで上限いっぱい利用すると、最大3,000円OFFに。

DMMブックス

DMMグループの電子書籍ストア「DMMブックス」では、Windows用の「DMMブックスアプリ」を提供。「Win32bit版」「Win64bit版」の二種類が配布されています。

※DMMブックスのリーダーアプリはスクリーンショット不可のため、モニターを撮影した画面を掲載しています。

アプリの動作感は非常に良好。ページ送りもマウスホイール対応で、スムーズに漫画が読めます。また

  • 読みたいページにダイレクトに移動できる「サムネイル表示」
  • 拡大・縮小後に元のサイズに瞬時に戻る「Fitボタン」
  • 見開き/単ページ切り替えボタン

など、豊富なメニュー・ビューア設定を装備。電子書籍漫画が読みやすい仕様になっています。

その中でも特にユニークなのが、「時計回り・反時計回りに画面を90度ずつ回転させるボタン」。パソコンでも「タブレットの様に画面を回転させて絵を確認」できる、面白い機能を実装したWindows用リーダーアプリです。

ほか、DMMブックスは豊富な成人向けコンテンツ・同人作品(FANZAブランド)の配信があるのも大きな特徴。他ストアとの併用もオススメです。

DMMブックスでは新規限定で「初回購入に使える90%OFFクーポン(値引き上限2,000円)」がもらえます。

Kindle

Amazonの【Kindle電子書籍】では、Windows用リーダーアプリとして「Kindle for PC」が提供されています。

利用者の多いKindle、Windows版アプリも高性能…かと思いきや、マウスホイールによるページ送りの反応がもうひとつで、ややストレスあり。

他にも「書籍のダウンロードに非常に時間がかかる」「マンガを読むと動作がもっさり」といった使用感で、Windows用アプリにはあまり力を入れていないのかな…という印象です。

Kindleは全般的にアプリのアップデート頻度が高いので、今後の改善に期待したいところ。ブラウザビューアでの読書はスムーズなので、マンガ読書はそちらの利用がオススメです。

Kindleでは『初めての購入に使える70%OFFクーポン』がもらえます(クーポンは割引上限3,000円まで利用可能)。

honto(ホント)

Amazonと同じく、紙書籍の販売もある電子書籍ストア「honto(ホント)」。Windows用アプリ「hontoビューアプリ」が提供されています。

hontoのWindows用アプリは、サクサク読めて良好な読書感。「ページ一覧」でサムネイルを選び、読みたいページに移動できるのも、hontoアプリならではの操作感で便利です。

一方、マウスホイールが拡大縮小に割り当てられるなど、他のアプリに比べて若干独特な操作感も。特に使いにくいというわけではないので、この辺りは好みでしょうか。

楽天Kobo

楽天の電子書籍ストア「楽天Kobo」。Windows用アプリとして「楽天Koboデスクトップ」が提供されています。

楽天KoboのWindows用アプリは、マウスホイールでのページ送りで、スムーズなマンガ読書が可能。また他のアプリではあまり無い、ダブルクリックでの拡大縮小に対応しています。

反面、特に目新しい機能や設定がなく、他のアプリに較べて物足りなさがあります。楽天Koboはブラウザビューアが無いので、パソコンでの電子書籍読書にはアプリを使うしかないのですが、もう少し面白い機能が付いていると良かったかも。

まとめ:オススメのWindows用アプリは?

以上、「Windows PC用アプリで電子書籍マンガを読む方法。ストア別アプリ比較など」でした。

いろいろなWindows用リーダーアプリを試しましたが、個人的には「ブックライブ」と「ebookjapan」のアプリに、読みやすさ・使いやすさを感じます。

「ストア自体の使いやすさ」や「電子書籍のラインナップ」も充実しているので、初回限定特典を利用して電子書籍マンガを楽しんでみてください。