Windows PCで電子書籍マンガを読む方法。ストア別アプリ比較など

電子書籍での読書は、スマホやタブレットの利用が一般的。ですが「Windows PCで電子書籍マンガを読みたい!」というPCユーザーも多いでしょう。

そんなWindowsで電子書籍読みたい派のための、「Windows PCで電子書籍を読む方法」と「ストアで提供されているデスクトップアプリの比較」まとめです。

Windowsで電子書籍を読む2種類の方法

Windows PCで電子書籍マンガを読む方法には、下記の二種類があります。

  • ブラウザビューア
  • デスクトップアプリ

このうち「デスクトップアプリ」はPCへのインストールが必要。基本は事前準備のいらない「ブラウザビューア」の利用が簡単でオススメです。

以下それぞれの詳細について。

ブラウザビューアを使った電子書籍読書

ブラウザビューアは、各種ブラウザ(Chrome・FireFox・Safariなど)でストアにアクセス、書籍を選択すると、そのままアプリ無しで読書ができる仕組み。

ストリーミングのため、基本的にはオンラインでの利用が前提となります。

Kindleで商品ページからマンガを開く場合】

アプリのインストールなど事前準備の必要がなく、電子書籍データを丸々一冊分ダウンロードしなくても本が読めるのがメリット。手軽に電子書籍を読むことができます。

ブラウザビューアは「各電子書籍ストアが独自に提供している機能」のため、それぞれ操作感が異なります。

また「ブラウザビューアでは読めない電子書籍」も、各ストアで一部存在します。


【参考:ブックライブの対応端末表記】


【参考:DMMブックスの対応端末表記】

上記はブックライブとDMMブックスの書籍詳細ページにある、対応端末の表記例。読みたい書籍がブラウザでの読書に対応しているか、各書籍ページにて確認しておくと良いでしょう。

なおAmazonのKindleは、基本的には「固定レイアウト版電子書籍のみ」ブラウザでの読書に対応しているようです(テキスト形式の書籍は読書不可)。またブラウザビューア機能を提供していないストアもあります。

PC用アプリを使った電子書籍読書

PC用のデスクトップアプリはパソコンへのインストールが必要ですが、事前に電子書籍をダウンロードしておけば、オフラインでも読書ができるのがメリット

ネット回線が遅い時や、モバイルルーターのデータ通信量を消費したくない時に役立ちます。


参考:DMMブックスのアプリダウンロード

なお下記の場合は、必然的にPC用デスクトップアプリが必要となります。

  • 読みたい本がブラウザビューアに対応していない時
  • ストアがブラウザビューア機能を提供していない時

またデスクトップアプリはインストールに時間がかかったり、PCの再起動を要求される場合があります。時間に余裕がある時にインストール作業をしておくと良いでしょう。

電子書籍ストア別デスクトップアプリ比較

以下、実際の使用経験をもとに、各電子書籍ストアのWindows用デスクトップアプリをご紹介します。

ブラウザビューアについては、下記ページにてご紹介しています。ご利用方法にあわせてご覧ください。

アプリ不要!ブラウザで漫画が読みやすい電子書籍ストア
電子書籍漫画は、端末にインストールした「アプリ」で読書するケースが多いと思います。 ですが電子書籍ストアで「ブラウザビューア」機能が提供されていれば、アプリ無しでも漫画を読むことができます。 ブラウザビューアはインストール不要で...

ブックライブ(BookLive!)

電子書籍ストア【ブックライブ(BookLive!)】では、Windows用の「BookLive!Reader」が提供されています。

見やすい本棚表示、マウスホイールによるページ送りへの対応、自動再生機能などアプリの使い勝手がとても良く、パソコンでの読書が非常に快適。動作感もサクサクで、ストレスの無い漫画読書ができます。

他の端末にインストールしたアプリと「本棚の同期」ができたり、「本棚ロック」「データ最適化」など細かいオプションが用意されているのも便利です。

ブックライブは「サイトの使いやすさ」「電子書籍の読みやすさ」が良好。個人的にもかなりの漫画をブックライブで読んでいます。無料作品コーナーで試し読みしてみてください。

ブックライブでは新規会員限定で『全作品50%OFFクーポンがもらえます。

ebookjapan(イーブックジャパン)

電子書籍ストア【ebookjapan】でも、Windows用のリーダーアプリが提供されています。

ebookjapanは「背表紙本棚」が特徴的ですが、Windows版アプリでも同様の表示が再現されています(背表紙以外の表示も選択可能)。書影をタップすると、「今すぐ読む」か「ダウンロード」かを選択できるのも便利。

また画面を「虫眼鏡」でズームするのがユニークな操作感。オンにするとマウスカーソルが乗った部分のみが「虫眼鏡的に拡大」され、漫画のディテールを集中的に確認できます

ebookjapanはPayPayと連動したキャンペーンがとてもお得。独占配信・限定配信など漫画コンテンツのラインナップも充実しています。

ebookjapanでは初回ログイン1購入につき最大500円の値引き×6回まで使える半額クーポンがもらえます。

DMMブックス

【DMMブックス】では、Windows用の「DMMブックスアプリ」で、「Win32bit版」「Win64bit版」の二種類が配布されています。

アプリの動作感は非常に良好、スムーズな動作で良い読み心地。DMMブックスアプリならではの特徴としては、豊富なメニュー・ビューア設定があります。

サムネイル表示からダイレクトに読みたいページに移動できたり、時計回り・反時計回りに画面が90度ずつ回転するボタンが実装されていたりと、他のアプリとは一味異なる機能が付いているのがユニーク。

なおDMMブックスは一般向け漫画はもちろん、成人向けコンテンツが非常に充実。ちょっとエッチな電子書籍はDMMブックスで…という使い分けがオススメ。

Kindle

Amazonの【Kindle電子書籍】では、Windows用アプリとして「Kindle for PC」が提供されています。

ユーザー数がとても多いKindle。Windows版も高性能…かと思いきや、書籍のダウンロードに非常に時間がかかる、マンガを読むと動作がもっさり、という印象。

Kindleはブラウザビューアでの読書はスムーズなので、マンガはそちらで読んだ方が良いでしょう。

honto(ホント)

Amazonと同じく紙書籍の販売もある電子書籍ストア「honto(ホント)」。Windows用アプリ「hontoビューアプリ」が提供されています。

サクサク読めて良好な読書感。「ページ一覧」でサムネイルを選んで読みたいページに移動できるのは、hontoならではの便利さ。

一方、マウスホイールが拡大縮小に割り当てられるなど、他のアプリに比べて若干独特な操作感も。特に使いにくいというわけではないので、この辺りは好みでしょうか。

楽天Kobo

楽天の電子書籍ストア「楽天Kobo」。Windows用アプリとして「楽天Koboデスクトップ」が提供されています。

マウスホイールでのページ送りや、ダブルクリックでの拡大縮小など、スムーズな反応でマンガ読書ができます。

反面、特に目新しい機能もなく、他のアプリに較べて若干の物足りなさが

楽天Koboはブラウザビューアが無いので、パソコンでの電子書籍読書にはアプリを使うしかないのですが、もう少し面白い機能が付いていると良かったかも。

まとめ。オススメは?

以上、「Windows PCで電子書籍マンガを読む方法。ストア別アプリ比較など」でした。

管理人もパソコンでの電子書籍利用をいろいろ試しましたが、個人的にはebookjapan・ブックライブ・DMMブックスのWindowsアプリが、読みやすさ・使いやすさともに優れていると感じます。

各ストアで用意されている「初回限定クーポン」を利用すると、お得に漫画が読めるので、ぜひ使用感を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました