よりぬき短編マンガさん―短編集からおすすめの漫画15選

本ブログでも短編集をご紹介していますが、短編漫画が大好きで。

今回はそんな短編漫画集の中から、短編集そのものではなく、その中に収録されているおもしろい1編に絞っておすすめ漫画・全15作をご紹介します。

スポンサーリンク

「京子の夢」

漫画データ
タイトル:宇宙のプロフィル (ヤングマガジンコミックス)著者:こがたくう出版社:講談社発行日:2016-07-20

こがたくうさんのSF漫画「宇宙のプロフィル」より。

安住の地を求めてさまよう宇宙船内の少女・ルシュと、現代日本に住む女子高校生・京子の意識がリンクするSF作品。

京子は夢を見ているときだけルシュとなるのですが、やがて宇宙船内の京子は「地球」を見つけ…。

ちょっとした仕掛けもいい味を出している良質なSF作品。

「宇宙のプロフィル」は全5編収録ですが、どの漫画も粒ぞろいです。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「くろいひつじ」

漫画データ
タイトル:山へ行く著者:萩尾望都出版社:小学館発行日:2016-03-15

萩尾望都さんの短編漫画集「山へ行く」より。

音楽一家でただ一人、疎外感を感じる男性。

法事で集った親族に対し、積年のいらだちはやがて頂点へ…。

ここまで人の昏さ・闇、そして哀しみを描いた漫画を他に知りません。

それもわずか16Pの短編で。

萩尾望都さんのスゴさをわからされた、衝撃の一作。

スポンサーリンク

「すいかドライブ」

漫画データ
タイトル:小僧の寿し (マーガレットコミックス)著者:勝田 文出版社:集英社発行日:2014-02-25

勝田文さんの短編漫画集「小僧の寿し」より。

毎日がツマラン女性が吹奏楽部の先輩(♂)に誘われ、軽トラでスイカ売りのドライブに出るお話。

ふとしたきっかけで人は変われる。そしてその横にはスイカがある!(?)

夏の一日の「一瞬」が、心に残る短編です。

「ちひろ」

漫画データ
タイトル:地上の記憶 (アクションコミックス)著者:白山宣之出版社:双葉社発行日:2013-01-12

白山宣之さんの作品集「地上の記憶」より。

とある女子中学生の夏の一日を、写実的な描写で丁寧に描いた一作。

なんなんでしょうね。突飛なストーリーも、直接的なメッセージも無いのに、なんでこんなに心に残るんだろう。

ただ一人の少女の一日を訥々と綴っているのですが、家族への想い、人生に対する不安がじわじわ伝わってきます。

漫画の持つ力を感じる一作。

「ヨランダ・ボーの薬草」

漫画データ
タイトル:奈知未佐子短編集 ~思い出小箱の15粒~ (フラワーコミックスα)著者:奈知未佐子出版社:小学館発行日:2013-08-09

「奈知未佐子短編集 ~思い出小箱の15粒~」より。

いい短編が多くて迷いましたが、この「ヨランダ・ボーの薬草」を選出。

幼い頃、薬草を無くしたヨランダ。やがて子を生み、老人となる。

ある日、疫病により家族たちが次々と倒れる。

ヨランダは思う。あの薬草さえあれば―。

そして彼女の前には突如、不思議な扉があらわれ―。

という、童話的なお話。

物語の終盤でヨランダから発せられる力強い言葉に、静かに感動。

「クローン」

漫画データ
タイトル:スキエンティア (ビッグコミックススペシャル)著者:戸田誠二出版社:小学館発行日:2010-01-29

戸田誠二さんのSF短編漫画集「スキエンティア」より、第3話「クローン」。

事故で夫と娘・マナミを亡くした女性。

医師の提案により娘をクローンとして再び産み、娘・ヒロミとして育てる道を選ぶ―。

事故の辛さを乗り越えるために娘のクローン化を望んだ女性が、子どもの成長を喜びつつも自身のエゴと葛藤する姿。

辛くなるような描写ですが、娘のがんばる姿を見て、自身の迷いを乗り越えていく。

不覚にも目頭が熱くなりました。

「金なし白祿」

漫画データ
タイトル:九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (HARTA COMIX)著者:九井 諒子出版社:KADOKAWA / エンターブレイン発行日:2013-02-15

「九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子」より。

描かれた生き物が、たちまち紙を飛び出すほどの巧みさを持つ画家・白祿(びゃくろく)。

彼は贋作である侍と馬の絵に眼を入れ、実体化。彼らを使って金策に走るが、しかしうまくいかない。

やがて高値で売れる龍の鱗を手に入れるために、絵の中の龍に眼を入れるが…というお話。

ダメダメな侍は実は…読めば読むほどジワジワ来ます。

そして他作品とは一風ことなる和風な漫画のタッチ。

九井諒子さんの画力の奥深さに驚嘆するばかり。

「ミッドナイトブルー」

漫画データ
タイトル:ミッドナイトブルー (FEEL COMICS)著者:須藤佑実出版社:祥伝社発行日:2016-11-08

全7編収録の漫画短編集「ミッドナイトブルー」より、表題作「ミッドナイトブルー」。

高3の夏に2年毎の再会を約束する男女4人。

しかしその一人・みのる(女性)は交通事故にあい帰らぬ人に。

そして初めての集まりで主人公・暁人は幽霊となったみのるを見つける―、という切ないラブ・ストーリー。

思わず夜空を見上げたくなる、静かで、ファンタジックな雰囲気がお気に入り。

そしてこの短編集、全編が濃い目の青で描かれています。

まさに「ミッドナイトブルー」。

「炎トリッパー」

漫画データ
タイトル:高橋留美子傑作短編集(2) (少年サンデーコミックス)著者:高橋留美子出版社:小学館発行日:1995-02-18

「高橋留美子傑作短編集(2)」より、名作SF「炎(ファイヤー)トリッパー」。

ガスタンクの爆発により、女子高生がタイムスリップした場所は戦国時代。

一緒に爆発に巻き込まれた男の子を探すが…という時間SFもの。アニメ化もされました。

タイムスリップという要素をうまく使った仕掛け、そして何より高橋留美子作品の基本である、少年と少女の出会いがこの短編でもきっちり描かれています。

「ELEMENT7」

漫画データ
タイトル:空中庭園の人々 冬目景作品集 (バーズコミックス)著者:冬目景出版社:幻冬舎コミックス発行日:2016-04-23

「冬目景作品集 空中庭園の人々」より。

一人暮らしの女子大学生の部屋にいついた奇妙な居候。

少女の姿をして「完璧な主婦を目指す」と笑うそれは、どうやら宇宙にいる仲間からの助けを待っている様子。

そしてやがて来た別れの時にそれは―、というSF漫画。

コミカルで、ちょっとドキッとする、冬目景版「未知との遭遇」。

「なき顔の君へ」

漫画データ
タイトル:さらば、やさしいゆうづる (ITANコミックス)著者:有永イネ出版社:講談社発行日:2012-04-06

有永イネさんの漫画短編集「さらば、やさしいゆうづる」より。

顔に大きなアザのある中学生の少女は、双子の弟の「顔」が突然見えなくなる―。

互いの立場を取り替える物語「王子と少年」に絡めて、コンプレックスを抱える少女がやがて周囲に向き合うまで、を丁寧に描いた短編漫画。

決意した時の表情、ハッとする美しさがあります。

「兄嫁の爪」

漫画データ
タイトル:彼女のカーブ著者:ウラモト ユウコ出版社:太田出版発行日:

ウラモトユウコさんの漫画短編集「彼女のカーブ」より、「兄嫁の爪」。

ネイリスト検定を明日に控える女性。しかしトラブルによりモデルがキャンセル。

ちょっと苦手なギャル系の兄嫁に助けを求めるが、マイペースな彼女に対してイライラが頂点に…。

二人の女性の噛み合わなさが実は…というオチがおもしろい。

同書収録「姉の薬指」も、しんみりほっこりでオススメ。

「説得ゲーム」

漫画データ
タイトル:説得ゲーム (Next comics)著者:戸田 誠二出版社:宙出版発行日:2006-07-11

「スキエンティア」に続き、戸田誠二さんの短編集「説得ゲーム」から表題作「説得ゲーム」。

自殺する人間を踏みとどまらせることが目的のフリーソフト「説得ゲーム」。

そのクオリティの高さに目を付けたゲーム会社のスタッフ。

スカウトすべく製作者を探すが、かつての同級生の面影をそのゲームに見出す―。

生と死、人と人とのつながりを描いたヒューマン・ドラマ。

戸田誠二さんは、ホントに心に残る作品を生み出す漫画家さん。ウマイです。

「マムシデ」

漫画データ
タイトル:おとろし (チャンピオンREDコミックス)著者:カラスヤサトシ出版社:秋田書店発行日:2015-07-17

カラスヤサトシさん描くホラー・オムニバス「おとろし」より、「マムシデ」。

マムシをたやすく捕らえることのできる「マムシ手」を持つ老人。

「この手で人をつかむとどうなるのか?」

彼がふといだいた妄執と、その顛末。

わずか6Pの短編ながら、人の底に潜む昏い欲望をねっとりと描いた秀作です。

「おとろし」-ねっとり怖いカラスヤサトシのホラー漫画

「最後の回」

漫画データ
タイトル:これでおわりです。 (バンブーコミックス)著者:小坂俊史出版社:竹書房発行日:2016-02-29

小坂俊史さんの漫画短編集「これでおわりです。」。

「おわり」をテーマにしたショート・ショートから、ラストの1編「最後の回」。

ドラマ好きのアラサー女性会社員。

あるドラマのラストを見逃したことから、ゴールを気にしない人生を送るようになり、そして…という短編。

ラストのセリフがすごくステキな一編で、この作品が「これでおわりです。」の「おわり」となっているのが、実に洒落ています。

【感想】小坂俊史「これでおわりです。」

まとめ

以上、オススメの短編漫画15作でした。

本記事では各単行本に収録されている作品から1編を選びましたが、もちろん他にもおもしろい漫画がたくさん詰まっています。

短編マンガ好きの方、ぜひ手にとってみてください。