漫画「宇宙のプロフィル」―読み応えのある本格SFオムニバス

SFオムニバス「宇宙のプロフィル」を読みました。講談社ヤングマガジンコミックスより全1巻が発売中。

作者の「こがたくう」さんは本作がデビュー作だそうです。お名前は「こがた・くう」さん?それとも「こが・たくう」さん?はたまた5文字続けて?気になります。

スポンサーリンク

概要

漫画「宇宙のプロフィル」は全5編からなるオムニバス。収録内容は下記の通り。

profile:1 エルキドの巨木
高さ3000mを超える巨木「エルキド」に暮らす有角人。少年・ポルックスは10万年ぶりに目覚めた「外国人」ニケと共にエルキドの頂上を目指す。

profile:2 京子の夢
高校生・京子は6歳の頃から10年間、宇宙船メンフィス号クルーの「ルシェ」になる夢を見続ける。あまりにもリアリティのある夢の中で、京子はルシェとコンタクトを取ろうと試みる。

profile3: ハッピーエンド
一人乗りロボシップにのって海王星探査に向かう5人の宇宙飛行士。航行の途中、リーダー・ティムはクルーの一人・ロビンの姿がモニターから消えていることに気づく。

prifile:4 小さな彗星
ソラリス8号は地球と月を結ぶ定期客船、約5千人が2泊3日の旅を楽しめる。少年マルコは姉と共に旅を満喫する。その頃、乗客の知らないところでソラリス8号に致命的なトラブルが―。

profile:5 地球最期の日
太陽が赤色超巨星となり終焉を迎える太陽系。「星の最期をぐるりと巡りツアー」で地球の最期を見に観光に訪れた宇宙人は、1台のロボットと出会う。「彼女」には50億年、待ち続けているものが。

「宇宙のプロフィル」感想

これはおもしろいSF漫画だった!単巻完結のSFオムニバスとしてはかなりアタリ。ファンタジーあり、リアルSFありと、それぞれの話で趣が異なるのですが、短編という限られたページ数の中で世界観を見せつつストーリーを展開する手腕。とてもデビュー作とは思えません(←何様だw)。

ファンタジー風味の「エルキドの巨木」。これスゴイ。主人公の少年・ポルックスは耳に大きな角を持つ「有角人」。角は角笛としても使える―みたいな出だしから始まるのですが、角と巨木、その他諸々が結末への伏線となっていて、いやー、これスゴイわ(二回目)。そのまま長編ストーリーとして続きが書けそう。

少女の見る夢が見知らぬ宇宙船とリンクする「京子の夢」も、さわやかSFストーリーで良い読後感。遠い宇宙と自分の意識がつながる―。考えただけでワクワクしますね。ちなみにカバー裏に全編の登場人物が一堂に会するイラストが描かれているのですが、京子とルシェのイラストにほっこり(電子版は掲載されているかな?不明)。

5体のロボット(宇宙船)に起こったミステリアスな出来事を描く「ハッピーエンド」。舞台は「火の鳥 宇宙編」を彷彿とさせますが、SF+ミステリーという感じ。こういうの大好きです。

そんなSFオムニバス「宇宙のプロフィル」。こんなSFをもっともっと読みたい!と思わせてくれる、満足の一冊でした。作者の「こがたくう」先生、お名前覚えましたので、新作の発表を楽しみに待ちたいと思います。

漫画データ
タイトル:宇宙のプロフィル (ヤングマガジンコミックス)著者:こがたくう出版社:講談社発行日:2016-07-20

余録

本作では生身の人間が宇宙空間へ出る描写があります。かつてのSFでは人体が破裂して…のような描写がありますが、ググってみるともはや都市伝説?素人なので正解はわかりませんが、気になる方は「人体 宇宙空間」などで検索してみてください。私が調べた限りでは、本作内の描写は最新の情報を反映しているように思えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする