漫画『もろびとこぞりて』―「加害者家族」に襲いかかる悪意とその顛末―

クリスマスに起こった凶悪犯罪から数年後、とある町に現れた「家族」

彼らは果たして事件の関係者なのか?そこに人々の悪意が襲いかかり…。

「週刊漫画ゴラク」での連載を1冊にまとめた、ウチヤマユージさんの全1巻漫画『もろびとこぞりて』。

「加害者家族」と「町の悪意」、そして事態の顛末が、シリアス&サスペンスフルに描かれます。

『もろびとこぞりて』感想・レビュー

あらすじ

クリスマス・イブに無差別連続殺傷事件が発生するも、犯人の自殺で幕を閉じる。

しかしその後も模倣犯を生むなど、社会と人々の記憶に様々な影響を及ぼす。

それから2年後、とある町に越してきた三人の家族

一見普通の一家に見えるが、名字や家族構成が件の犯人のものと一致。

「彼らは加害者の家族ではないのか?」

そんな噂が立ってから、その周辺に「悪意」に満ちた変化が…?

最大500円OFF×6回使える『初回ログイン限定半額クーポン』配布中【ebookjapan

とある「加害者家族」を襲うもの

実際のニュースでも目にするような事件を起点に、「ある家族」とその周辺に起こる出来事を綴る、全1巻のストーリー漫画『もろびとこぞりて』。

その劇中で描かれる、「家族」に降りかかる出来事が何とも胸糞

彼らが「加害者家族(らしい)」と知るや、その弱みにつけ込んで、町の人々が仕掛けてくるあれやこれやは、目を覆いたくなるもの。

もちろんこれはフィクションですが、それは決して荒唐無稽なものではない。

作中以上の事が現実で起こっているのであろう、などと想像せざるをえないリアリティに、思わずゲンナリ…。

やがて明かされる真実とは…?

しかしそのイヤ~な感じのエピソードを読み進め、随所に散りばめられた「ピース」を拾い集めていくと、やがて物語は大きな転換点を迎えることに

数々の伏線を回収し、「真実」が明かされていく終盤。そこにあふれるエンタメ感が実に面白い!

「人間の暗部」をのぞき見しているような、「あ、ちょっと嫌なもの見ちゃったな…」みたいな感覚が、いい意味でモヤモヤ。

そして物語を読み終えて感じるのは、「人の立ち位置」なんてあやふやで、非常に脆いものである、ということ。

自分がいるのは「あちら側」なのか「こちら側」なのか。その線引きは非常に脆いもので、しかも一瞬でコロッと変わる、のかもしれない。

そんなある種の「怖さ」と示唆に富んだ内容が、非常に印象的。

新規会員は50%OFF確定!毎日お得な日替クーポン【ブックライブ・クーポンガチャ

社会派の題材とエンタメが融合した全1巻

作者のウチヤマユージさんは、文献はもとより映画・小説・漫画・音楽など、多様な参考資料を元に作品を創造する漫画家さん。

「犯罪を起こした加害者の家族に向けられる世間の目」をテーマにした本作『もろびとこぞりて』でも、社会派の題材とエンタメがうまく融合

あっさり目な絵柄からは想像できないヘビーな内容で、面白みと余韻を感じせる全1巻となっています。

なお不用意に内容に触れると、面白さが損なわれてしまうタイプの漫画。極力ボカしてご紹介しましたが、可能な限り予備知識無しでの読書がオススメです。

まとめ:読み応えのあるブラックなサスペンス

以上、ウチヤマユージさんの漫画『もろびとこぞりて』の感想・レビューでした。

200ページを超えるボリュームで、読み応えのあるブラックなサスペンス。満足の全1巻漫画です。

なお本作には、ウチヤマユージさんの初期作品『夏の十字架』からもゲストキャラクターが登場。

未読でも『もろびとこぞりて』の読書に支障はありませんが、読前でも読後でも触れてみると、世界観が膨らんでより面白みを感じられるでしょう。

『もろびとこぞりて』が「Kindle月替わりセール(10月)」でセール中。10/31まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました