「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」が面白い!7つのおすすめポイント

以前から気になっていたガンダム漫画、「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」1~13巻(以下続刊)を一気読みしました。

私は思春期にTVアニメ「機動戦士ガンダム」の再放送でガンダムに触れ、その後Z・ZZを経て「逆襲のシャア」でガンダムの一区切りを見た、といった世代。

その私にとってこの「ジョニー・ライデンの帰還」はドンピシャの漫画でした。おもしろい!

「ジョニー・ライデン」と言えば懐かしのプラモデルですね。初代ガンダム~Zの期間で数多くのMSV(モビルスーツバリエーション)が展開されました。

ジョニー・ライデン、シン・マツナガ、黒い三連星といったエースパイロット専用機や、ジム・ザク・ドム等の局地専用タイプなどが登場。

当時は「ジョニー・ライデンって誰?」とか思ってましたが、数十年の時を経てその名を冠した漫画が登場。感慨深いです。

そんな「ジョニー・ライデンの帰還」ですが、なかなか同世代の人は手に取らない、手に取りにくい漫画ではないかな?と少し懸念。

そこでガンダム~Z・ZZ~逆シャア世代の人に読んでもらうべく、おすすめポイントをご紹介。

スポンサーリンク

本記事の簡単なまとめ

本記事は少し長めなので、時間の無い人のために簡易まとめを。「ジョニー・ライデンの帰還」がおもしろいポイントとしては、

  • MSVがいっぱい出るよ
  • キャラクターが渋くてカッコいいよ
  • サイド・ストーリーらしい謎要素がたくさんあるよ
  • もちろん戦闘シーンは大迫力
  • ガンダムファンおなじみのキャラクターも出演
  • MS解説が通好みでおもしろい
  • ガンダム世界を繋ぐ役割があるよ

というところ。とにかく宇宙世紀世代のいろいろな要素をふんだんに散りばめ、MSもキャラクターも魅力的。そしてストーリーもおもしろい!というクオリティの高いガンダム漫画です。

漫画データ
タイトル:機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(1) (角川コミックス・エース)著者:Ark Performance出版社:KADOKAWA / 角川書店発行日:2013-10-28

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」概要

では「ジョニー・ライデンの帰還」について簡単に概要を。

「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」はKADOKAWAの月刊誌「ガンダムエース」に2010年より長期連載されている漫画。Ark Performanceという漫画家ユニットによって描かれています。

同誌掲載の「MSV-R」企画(現在は終了)を題材にしたMSV(モビルスーツバリエーション)の公式続編という位置づけ。舞台は宇宙世紀0090年。ZZ(UC0088~89)と逆シャア(UC0093)の間ですね。

主人公レッド・ウェイラインとリミア・グリンウッドは地球連邦軍FSS(Federation Survey Service、MS等機動兵器の調査を行う組織)所属。

レッドがシミュレーション中、謎の青いゲルググから「帰還おめでとう、ジョニー・ライデン」のメッセージを受け取る、というところから物語スタート。

一年戦争における伝説的なジオン軍パイロット、「ジョニー・ライデン」の謎を追うレッド達。

その過程でジョニーが所属していたエース部隊「キマイラ隊」、そしてキマイラが守っていたと言われるザビ家の財宝「ミナレット」の存在を知る。

やがてミナレットを巡って連邦軍と民間軍事会社「テミス」が衝突し、シャア率いる新生ネオ・ジオンも情報を嗅ぎ付ける。

キマイラの盟約に守られた「ザビ家の復讐装置」とは?

そしてレッドはジョニー・ライデンなのか?

…というのが主なストーリー。なおタイトルは「ジョニー・ライデンの帰還」ですが、レッド=ジョニー・ライデン?がチラチラしつつも、真実はいまだ謎、というところです。

スポンサーリンク

7つのおすすめポイント

ここからは本題、「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」がおもしろい7つのポイントをお伝えします。

初代ガンダム~Z・ZZ~逆シャアを見てきた人(30代後半~40代前半ぐらい?)なら、きっと楽しんでいただけるはず。

1. MSVなど旧機体の活躍

本作で活躍する機体の多くはMSV系列のもの。

高機動型ゲルググ、ジム・キャノンなどMSV群、ラムズゴック、ドム・マーメイドなどMSV-R群、アクト・ザク、ヘビーガンダムなどMS-X群、その他、アッガイ、ハイゴッグ、ジム・クゥエルなどなど。

設定としては後付のものもありますが、ベースとなるMSは、ガンダムの歴史の中では古い機体ばかりです。

ZガンダムやガンダムUC(ユニコーン)にMSV出自のモビルスーツが出た時、ちょっと興奮しませんでしたか?

そんなあなたならば「ジョニー・ライデンの帰還」を楽しめることうけあいです。

新登場の強力なMS・MAが活躍するのも新作ガンダムの魅力ですが、「あ、(設定上の存在だった)あのMSが動いている!」というのも、旧ガンダムファンにはたまらないものがありますね。

なお外見はジオン製の旧式MSでも、コクピットは全天周モニターだったり、操縦桿がアームレイカーだったりするのが時代を感じさせるポイントです。おもしろい。

2. キャラクターが渋カッコいい

少年・少女がメインの新作ガンダムについていけない…。

そんなあなたも安心!本作に登場するキャラクターの多くは、一年戦争時代から軍籍だった人物ばかり。

主人公のレッドも見た目は若いですが、UC0056年生まれなので物語上は34歳の設定。

またジョニー・ライデンをとりまくキマイラ隊出身者も中年層多し。

こんなロン毛でちょびヒゲのパイロットが表紙になるのは本作だけ!(多分)

ちなみに彼はジャコビアス・ノード。キマイラ隊出身のエースパイロットで、現在は民間軍事会社テミスの社長。

スナイパー仕様のゲルググ・キャノンという渋い機体に搭乗します。

ジョニー・ライデンを名乗る少女、「イングリッド0(通称ジョニ子)」のような若いキャラクターも登場しますが、基本的にはベテランパイロット・軍人が物語の中心。

渋い世界観が楽しめます。

3. 謎要素

TVシリーズのガンダムと言えば、おおむね軍VS軍の戦いが描かれるわけですが、それにとらわれないのがサイド・ストーリーのいいところ。

漫画「ジョニー・ライデンの帰還」では

  • レッド・ウェイラインはジョニー・ライデンなのか?
  • エースのみで構成されたキマイラ隊の創設目的は?
  • ジョニー・ライデンを名乗る少女の正体は?
  • ザビ家の財宝「ミナレット」とは何か?
  • 「ザビ家の復讐装置」とは?

といった、一年戦争を発端にした謎要素が物語のそこかしこに散りばめられています。

ドンパチとはまた異なる、長い歴史を持つガンダムの世界だからこそ楽しめる魅力。

ちなみにネタバレは避けますが、「ザビ家の復讐装置」の中身を知ると「あれか!」と思われる方もいるのでは。

私はプレステのゲーム「SDガンダム Gジェネレーション」でそれに触れたことがあります。

4. 迫力の戦闘シーン

もちろん戦闘シーンも手抜きなし。

  • コア・ブースタープラン004(レッド) VS 赤ギャプラン(イングリッド0)の空中戦
  • ジム・ナイトシーカー(ヴァースキ) VS 青ゲルググ(ユーマ・ライトニング)の格闘戦
  • ゲルググ・キャノン(ジャコビアス) VS 青ギャプラン(ヴァースキ)の狙撃戦
  • 高機動型ゲルググ(レッド) VS ヘビーガンダム(イングリッド0)の肉弾戦

などなど、スピード感あふれるバトルが展開され、めちゃくちゃクオリティ高いです。

映像作品に負けず劣らずの迫力。

その片鱗は、例えば第8巻の冒頭でも確認できます(試し読みでも読めます)。

ジャブロー上空を飛行するヴァースキ大尉搭乗のギャプラン。全天周モニターで周囲を睥睨しつつ僚機に指示、地上を移動するジムと対象的にバーニアをふかして一気に移動。

…といった、アニメさながらの描写。

また10巻冒頭では、ジョニーのゲルググとイングリッド0のヘビーガンダムが激突。

2機はZ・逆シャアでかつて見た、「あの光」に包まれます。

「人の意思を伝えるのがサイコミュでしょ?」
「そして人の想いを集め強めるのがバイオセンサーというシステムなら!」

イングリッド0のセリフに宇宙世紀ガンダムのカッコよさが詰まりまくり!「ジョニー・ライデンの帰還」屈指の名シーンです。必見。

5. あのキャラクターも登場

シリーズものであるガンダム。長い歴史の中で登場した「あの」キャラクターもそこかしこで主要な役割を担います。

一番の大物は連邦軍高官であるゴップでしょうか。

…知らない?初代ガンダムファンの方には、「ジャブロー司令部でブライトとミライに接見した人物」と言えばピン!と来るでしょうか。

ゴップは一年戦争よりティターンズ紛争を経てなお力を持つ男。本作でも重要な役割を担います。

他にもZZで登場したアナハイムの技術者ミリィ・チルダ―や、逆シャア他に登場のネオ・ジオン文官ホルスト・ハーネスなど、ガンダム好きならばニヤリと来るサブキャラの人選。

そして忘れちゃならん有名パイロット、連邦軍特殊部隊ナイト・イェーガー隊の中隊長であるヴァースキ大尉。

もう表紙絵でネタバレしてますが(笑)、そう、元ティターンズのヤザン・ゲーブル大尉ですね。

映像作品ではZZ初期、コロニー・シャングリラでの登場が最後となりましたが、名前を変えて連邦軍に復帰しています。

いやヤザンさん、ティターンズ時代は野獣として破天荒なイメージがありましたが、本作では実に有能な指揮官ぶりを発揮。

またパイロットとしての腕にもますます磨きがかかり、ユーマ・ライトニング、ジャコビアス・ノードといった、元キマイラのジオン軍エース・パイロットと互角以上の戦いを繰り広げます。渋いわ…。

戦闘以外にも魅力を発揮するヤザン先生。イングリッド0とその養父であるゴップとの会見で、大人の魅力を垣間見せます。

別れ際のゴップからの質問。

「『パプテマス・シロッコ』はどんな男だったかね?」

ヤザン先生の答えは…これは本編を見てのお楽しみ。

6. 通好みなMS解説

この「ジョニー・ライデンの帰還」、MSV(MSV-R)との連動企画なだけあって、随所にMSを始めとしたメカニックの解説が入ります。

それが通好みで実におもしろい。

  • Gファイターは拡張性の高さから、新たなユニット開発が行われ長期運用されている
  • 高いステルス性と運動性を持つアッガイの性能の高さ
  • ジオンが使用していた光学機器類は、ミノフスキー粒子下では連邦軍羨望の的であり、戦後の連邦製MSにモノアイテクノロジーが多く採用された
  • 戦術的な有用性からの可変MS・MA開発過程
  • ジオン軍による水陸両用MS開発の拡大と、比して連邦製のそれが少なかった理由

などなど、FSSの調査書形式で紹介されます。

いや、まあ後付けな部分もあるとは思うんですが(笑)、それでもなるほどと思わせる説得力があって読み応えがあり。

特にゲルググ・ジャコビアス機の頭部に付いたカメラ類。

どこかで見たことあるなぁ、と思ったらザク・フリッパーのやつか!

一気にMSVの世界に引き込まれて、気づいた時にはちょっと興奮してしまいました。

7. ミッシングリンクとしての役割

初代ガンダムからZまで約7年、ZZから逆シャアまで約5年、通して約13年少し。

初代ガンダムでジオン公国は連邦軍に破れ、以降、数度の反乱を経て、UC0093年にシャアによる再度の反乱を試みます。

でも敗戦国がそんなに何度も反乱を企てられるものなのか?

普通はそう思いますよね。

しかしそれもこの「ジョニー・ライデンの帰還」で、実にそれらしい説明が劇中にあります。

シャアがクワトロになったように、元ジオンの軍人はどのように地下、または連邦に潜ったか?

一年戦争後、どのようにジオンは復興を遂げたか?

など、Z・ZZの時代を経て、逆襲のシャアにつながるキーワードが多数ちりばめられています。

宇宙世紀ガンダムの各時代をつなぐミッシングリンクとしても魅力のある物語です。

まとめ

というわけで宇宙世紀ガンダムが好きな方におすすめなガンダム漫画、「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」が面白い7つの理由、でした。

まだまだ語り尽くせないところもありますが、作画・ストーリーともガンダム漫画としては屈指の出来。未見の方にぜひ手にとっていただきたい作品です。

そして最後に一言。ヤザン先生の活躍が読めるのは「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」だけ!

漫画データ
タイトル:機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(12) (角川コミックス・エース)著者:Ark Performance出版社:KADOKAWA / 角川書店発行日:2016-03-26