『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』全7巻―漫画版『小説版逆シャア』

アニメ・ガンダムシリーズの監督・富野由悠季さんご本人による原作小説をコミカライズした『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』。さびしうろあきさん・柳瀬敬之さんの共著で、全7巻完結済み。

タイトルで「漫画版『小説版逆シャア』」とかいう、訳のわからない書き方をしてしまいましたが、そういうことです(どういうことだ)。

本記事は漫画版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』の感想ですが、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』を見ているという前提なので、映画を未見の方はご注意を。


『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』感想・レビュー

映画『逆シャア』との違い

オリジナルの小説版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』は、映画用のシナリオ第1稿を元にしたモチーフ小説として、映画公開前に刊行されたもの。

そのため、映画本編とは下記のような設定の違いがあります。

オリジナル(映画)ベルトーチカ・チルドレン(小説)
ギュネイ・ガスグラーヴ・ガス
ヤクト・ドーガサイコ・ドーガ
ナナイ・ミゲルメスタ・メスア
サザビーナイチンゲール
νガンダムHi-νガンダム(劇中表記はνガンダム)
チェーン・アギベルトーチカ・イルマ

その多くは名前やデザインの違いですが、大きく異なるのはアムロのパートナーがチェーンではなくベルトーチカであること。『機動戦士Zガンダム』で出会ったアムロとベルトーチカの関係を、そのまま引き継ぐ形になっています。

なお私も数十年前に小説版を読んだのですが、さすがに内容は忘れてしまった(笑)ので、小説版との比較は割愛します。

映画版『逆シャア』のイメージに忠実

そんな感じで読み始めた、『逆シャア・ベルトーチカ・チルドレン』。さびしうろあきさん・柳瀬敬之さんの作画はあっさり目で、最初はやや淡白に感じました。

ですが読み進めると、これがなかなか落ち着いた感じで読みやすい

全体的な作りに関しても設定の違いはあれど、基本的には映画『逆シャア』のイメージを忠実になぞっているというイメージです。

映画と較べても違和感がなく、三枝成彰さん作曲の「ドコドコドコ…」という、迫力あるBGMが聞こえてくるかのよう。

もちろん本作はあくまでも小説版のコミカライズ。映画版とは異なるものですが、ベルトーチカやサイコ・ドーガといったオリジナルと異なる要素を、映画版のビジュアルとうまく組み合わせているという印象。

展開も突飛な感じがなく、むしろ2時間の映画でオミットされた部分の補足があったりして、「ああ、あれはそういうことだったのか」と腑に落ちたりも。面白い読み心地です。

【ブックライブ新規限定】
全作品に使える50%OFFクーポン配布中!

オリジナル要素も入ったMS戦が迫力!

そしてガンダム漫画の肝であるモビル・スーツ戦も、迫力充分。後半、ν(ニュー)ガンダムが本格的に活躍する段では、ベルトーチカ・チルドレン独自の展開が

アクシズの落下を阻止するために、オリジナルデザインのハイパー・ランチャーをラー・カイラムと連携して用いるνガンダム。映画では見られない戦闘シーンが新鮮です。

さらに「Hi-νガンダム VS ナイチンゲール」という、かつて設定やイラストでしか見られなかった戦闘がついに描かれ、感無量。ファンとしてはグッと来るものがあります。(しかしナイチンゲールは手足の短いデザインだから、カッコよく見せるのに苦労があったのでは、と勝手に推察。)

主役機以外でも、大量に出てくるジェガンやギラ・ドーガの戦闘が小気味良い。編隊を組んでMSが宇宙空間を飛行する様子は、ガンダムならではの魅力・迫力があります。

巨大感のある迫力の艦隊戦

MS戦以外にも、予想以上の迫力を持って描かれる艦隊戦に注目。

戦艦が活躍するのは『機動戦士ガンダム』シリーズの魅力の一つですが、これが白兵的な動きをするMS戦とは対象的な、大局的な迫力があって面白い

艦隊の動きがストーリー上重要な意味を持つ『逆シャア』において、「なぜ、艦隊はそのような動きを取るのか?」の説明も自然に織り込まれ、スムーズに物語を読み解くことができます。

またロンド・ベルの旗艦ラー・カイラムやネオ・ジオンの旗艦レウルーラなどの巨大戦艦、さらに巨大なアクシズなど、「宇宙空間で大きいものを大きいと感じさせる」描写が本作はとても上手く、ひとつの魅力となっています。

終盤の展開が盛り上がる!

6巻以降、物語は「シャアとアムロの直接対決」へ。クェス、ハサウェイ、さらにベルトーチカたちも動きだし、いよいよ盛り上がる終盤に突入。

地球にアクシズを落とさんとするシャア。そしてそれを防ごうとするアムロ。二人の戦いの決着は?そして映画版とは異なるヒロイン、ベルトーチカの運命やいかに!

それを受けての最終7巻では、いよいよ白熱するHi-νガンダムVSナイチンゲールのMS戦。映画におけるνガンダムVSサザビーとはまた一味違う、緊迫の戦いが展開されます。

そして忘れてならないのは、本作のタイトルが『ベルトーチカ・チルドレン』であること。お腹にアムロの子を宿しているベルトーチカ。その事実がガンダムという物語の中で、どのような役割を果たすのか?

映画とは異なる『ベルトーチカ・チルドレン』ならではのクライマックスに注目です。

【ブックライブ新規会員限定クーポン】
『ブルーロック』『東京卍リベンジャーズ』が5/31まで【80%OFF】

まとめ

以上、漫画版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』感想・レビューでした。

映画『逆襲のシャア』では時間的な制約もあり、初見では若干わかりにくい部分(艦隊の動きなど)があります。一方本作では、独自解釈や巻末のかわいいオマケ解説マンガ含めて、その辺りの理解が進むつくり

映画を見たあとにベルトーチカ・チルドレンを読むと、さらに逆シャアの世界への理解が進むのではないでしょうか。映画版の補完用としてもオススメ。全7巻という程よい巻数で読み応えのあるガンダム漫画です。

続編『閃光のハサウェイ』コミカライズ刊行!

『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』の続編的な物語、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のコミック版が2021年5月に刊行されました!

「シャアの反乱」の12年後、反地球連邦組織「マフティー」のリーダーとなり、MS「クスィーガンダム」に搭乗するハサウェイ・ノアを描く物語。

漫画は『ベルトーチカ・チルドレン』の作画担当である”さびしうろあき”さんが、引き続き担当。より洗練された、「大人のガンダム」を見せてくれます。詳細については、下記関連記事のリンクよりどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました