漫画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」―新たな動乱描く「逆襲のシャア」続編

原作小説の公開から三十数年(!)、遂に映像化された「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」。その公式コミカライズ作品が、月刊ガンダムエース連載の漫画版「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」です。

作者は”さびしうろあき”さんで、2021年5月現在、1巻が刊行中。「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」の続編的な位置付けの作品となっています。。

【「THE ORIGIN」「クロスボーン・ガンダム シリーズ」「ジョニー・ライデンの帰還」などが半額!ガンダム宇宙世紀作品フェア】(9/30まで)通常のセールより対象巻数が拡大されたセールとなっています。

Kindle / ブックライブ

漫画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」感想

あらすじ・概要

オリジナル「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」は、ガンダム・シリーズの初代監督である富野由悠季さんによる小説作品。映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」公開(1988年)後、1989~1990年にかけて上・中・下巻が刊行されました。

その後、主役MS「Ξ(クスィー)ガンダム」やライバルMS「ペーネロペー」の立体化などを経て、2021年についに!新作劇場用アニメとして映像化。本作はそれと連動したコミカライズとなっています。

物語の舞台は、「シャアの反乱」とも呼ばれる第二次ネオ・ジオン抗争より12年後の、宇宙世紀105(U.C.0105)年。反地球連邦政府運動「マフティー」のリーダー「マフティー・ナビーユ・エリン」を名乗るハサウェイ・ノアが主人公。

地球連邦軍人ブライト・ノアの息子でありながら、連邦に反旗を翻したハサウェイ。ミノフスキー・フライト・ユニットを装備しMS形態での単独飛行を可能にした「Ξ(クスィー)ガンダム」を駆り、腐敗した地球連邦政府に戦いを挑む、というのがストーリーの骨子です。

「ベルトーチカ・チルドレン」を引き継ぐ物語

漫画「閃光のハサウェイ」冒頭では、「シャアの反乱」時に成り行きからジェガンに搭乗、α・アジールに乗る想い人・クェスを撃破してしまった時の「悪夢」を見るハサウェイが描かれます。

その回想に登場するのは、Hi-νガンダムとナイチンゲール。そのことから本作が劇場版「閃光のハサウェイ」のコミカライズではなく、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」を受け継ぐ物語であることがわかります。

新作アニメや近年のガンダムの設定(アンクシャが出てきたり)も反映されているので、正確にはハイブリッド的だとは思いますが、漫画「ベルトーチカ・チルドレン」の作画を担当した作者・さびしうろあきさんの絵柄が雰囲気にとてもマッチ!スムーズにその世界観に入っていける作りとなっています。

メッサー VS グスタフ・カール!

さらに第一話で描かれるのは、連邦高官を汎用MS・メッサーで襲撃する、ハサウェイ率いるマフティー(この時点でクスィーガンダムはハサウェイの手元に無い)。

このあたりの描写はおそらく本作オリジナル(またはアレンジ)だと思われるのですが、「マフティーのメッサー VS 連邦のグスタフ・カール」という対決が遂にビジュアルとして見れた!というのはなかなかの感動。

文章で綴られた戦闘シーンを視覚的に見れる、というのはコミカライズの何よりの醍醐味ですが、それを満足させてくれる”さびしうろあき”さんの漫画力は、前作「ベルトーチカ・チルドレン」で培われたものなのでしょう。読み応えのある戦闘描写が堪能できます。

ハードな世界観を持つ「大人のガンダム」

しかしこの「閃光のハサウェイ」、実はなかなかハードな世界観を持つ作品

マフティーは地球に居住し続ける特権階級と、不法居住者に対するマン・ハント(虐殺)に対する不満がその活動の背景にある、という宇宙世紀時代の社会問題によりクローズアップした設定。大きな戦争を描く他のガンダム・シリーズとはやや風味が異なります。

またヒロインである美少女ギギ・アンダルシアも、「連邦高官の愛人」というTVシリーズではありえない背景を持つキャラクター。ハサウェイの敵となるキンバレー部隊の司令官ケネス・スレッグの洒脱な風貌や言動も相まって、「大人のガンダム」な空気を持ちます。

そんな原作の持つ設定や雰囲気・ドラマ感を、漫画「閃光のハサウェイ」では巧みに表現。全編から感じる「大人のガンダム」感は、他のガンダム漫画とはひと味違う読み応え。次巻以降にも大きな期待を抱かせます。

【「THE ORIGIN」「クロスボーン・ガンダム シリーズ」「ジョニー・ライデンの帰還」などが半額!ガンダム宇宙世紀作品フェア】(9/30まで)通常のセールより対象巻数が拡大されたセールとなっています。

Kindle / ブックライブ

まとめ

以上、漫画版「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」感想でした。小説版から映像版へと、長い時間をかけて大きく展開を遂げた本作ですが、それに十分肩を並べる出来であり、またアダルトな雰囲気も独特の風味で良い感じです。

ところで肝心のクスィーガンダムですが、1巻ではまだチラ見せ、という程度の登場。その活躍や、ライバル機ペーネロペーとの接触は、2巻以降になりそう。早くその勇姿をコミックで見たい!ところ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました