「はるかリフレイン」―SFループもの漫画の隠れた名作が復刊!

同じ時間の繰り返しが描かれる、タイムトラベルSFの一種「ループもの」。かつて進研ゼミ「高一Challenge」(1997年4月号~1998年3月号)にそのループものを取り扱った漫画が連載されていました。

「はるかリフレイン」

それがこちら。伊藤伸平氏の「はるかリフレイン」です。当時白泉社よりコミックス全1巻が発売されましたが、その後絶版。マンガ図書館Zで一時期無料公開されていました(現在は公開終了)。

伊藤伸平による青春SFラブコメディ「はるかリフレイン」が、11月26日より順次発売される。

その「はるかリフレイン」がTSUTAYAと復刊ドットコムの「コミック復刊プロジェクト」により復刊させたい一冊にセレクト。第一弾として11月26日に発売されました。

私も一度はマンガ図書館Zで読みましたが、今回装いも新たに発売されるということでもう一度読みたい熱が高まることこの上なし。一冊所望の運びとあいなりました。

スポンサーリンク

あらすじ

幼馴染で同じ高校の新入生・はるかと啓太はカップルになったばかり。毎日が楽しくてしかたないはるかだったが、ある日啓太は携帯電話で通話中のドライバーに轢かれて死んでしまう。

葬式も済み、呆然とするはるか。ふと立ち寄った江ノ島植物園で、不細工な顔の怪しげなネコに出会う。餌をやりながらネコに啓太のことを語るはるか。時計塔が4時の時刻を告げようとするその時、気がつくと事故の前日に戻っていた。

生きている啓太に再び会うはるか。しかし啓太はいずれ事故にあう運命だった。事故を防ごうと同じ時間をループするはるかは啓太を救えるのか-。

感想

前回読んでから時間が経っていたので新鮮な気持ちで再読しました。全1巻で、というより一年の連載できっちりまとめた秀作ですね。さわやかでおもしろいです。

ジャンルとしては「青春コメディSF」といった位置づけでしょうか。明るい高1女子・はるかの表情が実に豊か。啓太のために走り回る彼女の姿につい感情移入してしまいます。

何回目かのループから啓太が幽霊となってあらわれるびっくり展開もあり。進研ゼミギャグやエヴァネタも少し交えながら、コミカルに描かれる繰り返す時間。

しかし何度その時間をループしても啓太の運命は変わらない。やがてはるか達に残された時間もわずかに。ユーモラスだけど、裏には常に悲壮な空気が潜んでいる。それもまた「はるかリフレイン」の魅力。やがて来る結末はハッピーエンドかそれとも…?

ツッコミどころもないではないです。幽霊になった啓太自体がタイムリープしていたりとか、ネコは結局なんだったのか、とか。

しかし、ただ一途に愛する人を救うため、試行錯誤しながら同じ時間を繰り返すはるか。彼女の走る姿と成長は、読み終わったあとも読者の心に残ります。自分もこんな風に大切な人のために全力を尽くしたい、という思いとともに。

そして1年間、勉強の合間に「はるかリフレイン」を楽しみにしていた高校生がたくさんいたのかな、それが今回のリフレイン(復刊)につながったのかな、と考えると、なんだか優しい気持ちになれるのです。

漫画データ
タイトル:はるかリフレイン著者:伊藤 伸平出版社:復刊ドットコム発行日:2016-11-23

今回の復刻版「はるかリフレイン」は2016年11月現在、紙書籍での発売で、巻末には伊藤伸平氏による描き下ろしのメッセージマンガ(2P)が掲載されています。