漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」―宇宙世紀ガンダムの新たな原点

アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインほか、制作にも大きく関わった安彦良和さん。その安彦良和氏自身によるファーストガンダムのコミカライズが、漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(ジ・オリジン)」です。

単なるアニメのコミカライズではなく、オリジナルの構成を大きく変更した本作。ドラマ性の高いガンダム漫画となっています。全24巻完結済み。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」感想

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」概要

漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、KADOKAWAのガンダム専門誌「ガンダムエース」に2001年より10年に渡り連載された作品(※ガンダムエースはそもそも「THE ORIGIN」連載のために創刊された雑誌)。

テレビアニメ「機動戦士ガンダム」終了から20年後のコミカライズということで、アニメ版の制作にも関与した安彦良和氏が、設定やストーリー展開を再検証。基本的な物語はアニメに準拠しながらも、SF的表現や解釈・ミリタリー設定を変更し、それに伴って構成が大きくアップデートされているのが特徴です。

またオリジナルと特に異なるのが、「シャア・セイラ編」など一年戦争以前のエピソードの追加。それにより深みが増した物語、「THE ORIGIN」でありながら「21世紀版のファーストガンダム」と言える内容となっています。

なお安彦良和さんの「機動戦士ガンダム」との関わりや、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」執筆の裏話については、安彦良和さんの全仕事ロングインタビューをまとめた「安彦良和 マイ・バック・ページズ」に詳しく記載されています。

ガンダム初心者にオススメ

新旧問わずに「ガンダム」という作品に興味を持った方の中には、「一番最初のガンダムを見たい」と思われる方も多いでしょう。

厳密な「初めのガンダム」はTVアニメ版「機動戦士ガンダム」ですが、全43話を見るのはややハードルが高いかもしれません。そんなガンダム初心者の方にオススメなのは、劇場版三部作またはこの漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」

特に漫画「THE ORIGIN」は、作者・安彦良和氏が連載にあたり物語を再構築したというだけあって、非常にわかりやすい作り。本作を読み終える頃には、「ガンダムの世界」への理解が充分に完了しているはず。

【ブックライブ 秋得キャンペーン】
新規会員限定!70%ポイントバック 10/31まで

もちろんガンダム玄人が読んでも面白い

じゃあ「機動戦士ガンダム」に詳しい人は読まなくてもいいの?というと、そんなことは無い!(断言)むしろガンダム玄人が読んでも面白いのが「THE ORIGIN」

先述の通り、コミカライズにあたり設定や構成を大きく見直した本作。一例ですが、オリジナルとは

  • 冒頭、デザインの異なるガンダム1号機が登場
  • シャアとセイラが再会するのはサイド7では無くルナツー
  • スレッガーやセイラがGMにも搭乗する
  • ギャンとガンダムは戦わない
  • ブラウ・ブロとの戦闘シチュエーションが変更

などの違いが。他にもオデッサ作戦・ベルファスト・ジャブローの物語進行が前後したり、それらをつなぐエピソードが追加されたりと、アニメでは(連邦の作戦として)不自然と思われたストーリー進行が修正・整理されています。

またガンダムやホワイトベースほか、メカニックのデザインも大幅にリファインされたり、物語を補完する新キャラ(サブキャラクター)も登場したり。アニメとは風味の異なるファーストガンダムが、新鮮な感覚で楽しめます

「シャア・セイラ編」など注目の追加エピソード

そんな「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」、最大の特徴はアニメ本編では描かれなかった、「一年戦争以前」の過去エピソードが追加されていること。

  • シャア・セイラ編(9~10巻)
  • 開戦編(11~12巻)
  • ルウム編(13~14巻)

上記のように全24巻の実に1/4を使って、

  • キャスバル・アルテイシアはどのようにしてシャア・セイラとなったか
  • ザビ家がジオンの実験を握るまで
  • シャアとガルマの士官候補生時代
  • MS(モビルスーツ)の開発、そして実戦配備へ
  • シャアとララァの出会い

といったファーストガンダムのミッシングリンクを埋めるピースと、一年戦争開戦までの流れが描かれます。

そのどれもが興味深いエピソードなのですが、その中でも注目なのが、ダイクンの遺児である「キャスバルとアルテイシア」が、「シャアとセイラ」となるまでを描く「シャア・セイラ編」。

若き日のランバ・ラルやクラウレ・ハモン、ヤング・ザビ兄弟も絡めながら展開される、「如何にしてシャア、セイラの『人格』が形成されていったか」という物語。「安彦良和 マイ・バック・ページズ」にも解説がありますが、ファーストガンダム・ファンならば「なるほど…」と思わず唸ってしまう、面白い内容となっています。

安彦良和氏の圧倒的漫画力がスゴイ

そしてこれら「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」をまとめ上げているのが、作者・安彦良和氏の圧倒的漫画力

安彦良和さんはアニメーターから監督までの幅広いアニメ業務と、「アリオン」「クルドの星」「ヴイナス戦記」などの漫画作品を経て、専業となった漫画家さん。現在も講談社アフタヌーン誌にて「乾と巽 -ザバイカル戦記-」を連載中です。

作品に触れてみるとわかりますが(というか数々のイラストやカバー絵からも伝わってきますが)、キャラ・メカ・風景問わず美麗にして繊細、さらに迫力も併せ持つという、天才的な漫画力が大きな特徴

その安彦良和さんが、自身もアニメーションディレクターとして関わっていたTVアニメ「機動戦士ガンダム」に、新たな解釈・視点を加味して描きあげた「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」。「ガンダムのコミカライズ」という枠にとどまらない、実にドラマティックな漫画となっています

漫画としても「機動戦士ガンダム」としても面白い「THE ORIGIN」。宇宙世紀ガンダムの「新たな原点」となった作品を楽しんでみてください。

まとめ

以上、安彦良和さんの漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」感想でした。全24巻というボリュームながら、巧みな構成でグイグイ前のめりになって読んでしまう作品。ガンダム初心者はもちろん、ガンダム再履修のファンにもオススメです。

なお「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」には、これまでご紹介した以外にも、大きな魅力があります。それは美麗なセイラさんを存分に堪能できること(笑)。

いや、読んでいて随所で「作者、セイラさん好きだよな…」と感じます。ある意味、主役であるアムロよりも目立っているジオンのお姫様。終盤ではアニメとは異なる展開もあり必見。彼女の活躍にも注目して読んでみてください。

安彦良和さんの既刊はこちら
Kindle / ブックライブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました