オカルト・ホラー漫画

オカルト・ホラー漫画

漫画『寄生獣リバーシ』―『寄生獣』本編の裏側を描くスピンオフ

あの『寄生獣』が20年以上の時を経て、公式スピンオフ『寄生獣リバーシ』として復活! これまでもオマージュ的な短編は発表されていましたが、長編としては初登場です。 作者は女子格闘技漫画『鉄風』の太田モアレさんで、オリジナルの作者・...
オカルト・ホラー漫画

ホラー漫画『魔法使いの娘ニ非ズ』―高濃度の恐怖がつまった長編オカルト・ホラー

那州雪絵さんのホラー漫画『魔法使いの娘』の続編、『魔法使いの娘ニ非ズ(まほうつかいのむすめにあらず)』全7巻。 数々の恐怖案件に、主人公・初音とそのパートナー・兵吾が関わっていく、オカルト・ホラー漫画です。 前作のストーリーを引...
オカルト・ホラー漫画

「諸星大二郎劇場 第1集 雨の日はお化けがいるから」レビュー

小学館「ビッグコミック増刊号」に連載中の「諸星大二郎劇場」掲載作品を中心に、諸星大二郎先生が2006年から2017年にかけて発表した短編が、一冊の単行本になりました。 「諸星大二郎劇場 第1集 雨の日はお化けがいるから」です。さてその...
オカルト・ホラー漫画

ホラー漫画『私のともだち』―「少女向け恐怖マンガ」の世界

ホラー漫画で「ともだち」って、怖いイメージしかないよね(笑)。 楽しみにしていた、那州雪絵さんのホラー短編集「私のともだち」を読みました。 那州雪絵さんはホラー専門の漫画家さんではありませんが、「魔法使いの娘」「魔法使いの娘二非...
オカルト・ホラー漫画

漫画『魔法のつかいかた』感想―草間さかえ描くダークなホラー・ドラマ

「魔法を使うには 二つ約束がある」 草間さかえさんの漫画『魔法のつかいかた』。現代に生きる「魔法使い」の男性と、その「弟子」となるためにさらわれた少年。 二人の交流と怪しげな世界がほの暗く描かれていく、ダークな雰囲気あふれるオカ...
オカルト・ホラー漫画

「報いは報い、罰は罰」上下巻―山奥の洋館で起こる恐怖の惨劇

六年は長い 目も開けられなかった赤ん坊が 報いを求めるほどに (森泉岳土「報いは報い、罰は罰」上巻P39より) 森泉岳土(もりいずみ・たけひと)さんの待望の新刊、「報いは報い、罰は罰」上下巻を読みました。 2016...
オカルト・ホラー漫画

昭和感あふれる美麗な都市伝説ホラー『口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~』

呪みちる(のろい・みちる)さんのホラー漫画『口裂け女あらわる!~昭和怪奇伝説~』。昭和感あふれる都市伝説がモチーフの、ホラー漫画短編集です。 『スケスケメガネ伝説』『黒い清涼飲料水』『3本足の人形』など、昔ながらの「怪奇漫画」を彷彿と...
オカルト・ホラー漫画

「鬼を飼う」―帝都に蠢く「奇獣」を巡る物語

昭和初期の東京。 世にも珍しい「奇獣」を扱う奇獣商と謎の少女。 そして彼らに魅入られる、一人の青年の運命―。 吉川景都さんの漫画「鬼を飼う」。吉川さんのエッセイ4コマ「子育てビフォーアフター」と同日に、待望の第3巻が刊行さ...
オカルト・ホラー漫画

「少女ゴーレムと理科室の変人たち」―人造人間が引き寄せる非日常的世界

「理科室の変人たち」は何となくわかるが(偏見)、「少女ゴーレム」って何だ? 榎本ナリコさんの漫画「少女ゴーレムと理科室の変人たち」を読みました。 一風変わったタイトルの本作。単行本はNemuki+コミックスから発売されています。...
SF漫画

SFホラー漫画『七夕の国』―謎の超能力「窓の外」に隠された秘密とは?

役に立たない小さな超能力を持つ青年は、やがて自身のルーツにまつわる大きな渦に飲み込まれて…。 岩明均さんの『七夕の国』。超能力を発端とする怪事件を、歴史ロマンを織り込みながら描いたSFホラー漫画です。 連載は小学館の漫画雑誌「ビ...
SF漫画

「アーサー・ピューティーは夜の魔女」―終末世界を旅する魔女の物語

安息の地を求めて夜の魔女は、今日も世紀末を漂う―。 「ヘレンesp」に続いて木々津克久さんの漫画をご紹介。「アーサー・ピューティーは夜の魔女」という一風変わったタイトルです。 カバーでは、赤毛の女性が路上で何やら追い詰められてい...
オカルト・ホラー漫画

「ヘレンesp」全2巻―不思議な力に導かれる盲目の少女

目が見えず、耳が聞こえず、喋れない。そんな三重苦を背負った少女が、愛犬とともに人知を超えた出来事に出会う物語。木々津克久(きぎつかつひさ)さんの漫画「ヘレンesp」を読みました。 週刊少年チャンピオン誌にて、2007年から2010年ま...
オカルト・ホラー漫画

「三つ目黙示録~悪魔王子シャラク~」―帰ってきた三つ目の王子と美人助手

アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク 我と共に来たり 我と共に滅ぶべし! あの伝説のフレーズを、再び漫画で読める日が来るなんて…。 手塚治虫さんのオカルト・ロマンが詰まった漫画「三つ目がとおる」。そ...
アクション・格闘技漫画

「邪眼は月輪に飛ぶ」―藤田和日郎描く迫真のノンストップ・アクション・ホラー

死をもたらす、悪魔の眼を持つ鳥。その前に人々は為す術もなく倒れ、滅亡へと近づく世界。そんな人類の脅威に立ち向かうは、仮面の老マタギ―。 藤田和日郎さんと言えば「うしおととら」「からくりサーカス」など、少年誌での長期連載が多い漫画家さん...
オカルト・ホラー漫画

ホラー漫画「魔犬 ラヴクラフト傑作集」―異世界の扉を開く闇の門

魔界の入り口。それは傍らに立つ人間を引き寄せずにはいられないもの―。 田辺剛さん描くホラー短編集「魔犬」。ホラー小説の雄・ラブクラフトの描いた小説を、漫画化したものです。 私はホラー小説もホラー漫画も好きですが、ラブクラフト作品...
オカルト・ホラー漫画

漫画『魔法使いの娘』―読ませるストーリー!那州雪絵の長編オカルト・ホラー

那州雪絵さんの漫画『魔法使いの娘』。魅力的なキャラクターと深みのあるストーリー、そして恐さを併せ持つ、隠れた名作オカルト・ホラーです。 連載は新書館の漫画雑誌「ウィングス」で、全8巻完結済み。続編に『魔法使いの娘二非ズ』全7巻がありま...
オカルト・ホラー漫画

「モンキーピーク」―自然の密室で猿に襲われるパニックホラー

最近は「生き残りをかけたサバイバル」とか「限定空間からの脱出」的な漫画が多いですね。いわゆる「ソリッドシチュエーション」もの。やはり世界観を絞れるというのは話を作りやすいのでしょうか。 本記事でご紹介する「モンキーピーク」は、そんなソ...
オカルト・ホラー漫画

高橋留美子『人魚の森』―人魚の肉を喰らい不老不死となった男女の旅

「人魚」「人魚伝説」と言えば、美しい歌声で船を難破させるセイレーンや、人魚の肉を食べて800歳まで生きた、と言われる八百比丘尼などが有名です。 そんな「人魚」にまつわる怪異と、「人魚の肉」を食べて不老不死となった男女の旅を描いた漫画が...
SF漫画

高橋留美子コミックス2億冊突破!名作揃いの傑作短編集を読む

漫画家・高橋留美子さんのコミックスが全世界発行部数2億冊を突破したそうです。 全世界で2億冊…。もうスケールがすごすぎて良くわかりません(笑)。 高橋留美子さんのデビューは1978年の「勝手なやつら」。 以後「うる...
オカルト・ホラー漫画

「BOX~箱の中に何かいる~」全3巻―諸星大二郎描く状況限定ホラー

謎の「箱」の中に閉じ込められた8人の男女。彼らは箱から脱出できるのか。そして箱の目的は…? 諸星大二郎先生描くソリッド・シチュエーション・ホラー「BOX~箱の中に何かいる~」。全3巻で完結です。 連載は「月刊モーニング・...
タイトルとURLをコピーしました