ホラー漫画「常世幽世 GHOST EATER」―いわくつき物件の霊を「喰う」ギャル霊媒師

この記事は約4分で読めます。

不動産の取り扱う「いわくつき物件」

その処理を請け負うギャルの除霊方法は、「霊を喰う」こと―。

伊藤静さん描くオカルト・ホラー漫画「常世幽世 GHOST EATER」。「常世幽世」は「とこよかくりよ」と読みます

少年画報社ヤングキングBULL連載で、単行本は1巻が刊行中。

「常世幽世 GHOST EATER」感想

概要

「常世幽世 GHOST EATER」の主人公は、鈴(りん)

キャンピングカーで一人暮らし、右肩にバクのタトゥーが入ったギャル風の彼女は、「獏人(ばくと)」と呼ばれる人魂を口から「呑んで」除霊する霊媒師

不動産屋の男性・高田から、事件・事故などで「いわくつき」となった土地や物件の除霊を、高額で引き受ける鈴。

彼女と高田が出会う怪異の数々が、劇中で描かれていきます。

常世幽世 GHOST EATER(1) (ヤングキングコミックス)伊藤静:少年画報社

なお本作は、講談社モーニングコミックスより刊行の「とこよかくりよ」全2巻の続編

「常世幽世 GHOST EATER」のあとがきによると、「とこよかくりよ」は残念ながら打ち切りとなったようで、媒体を移しての復活となりました。

「とこよかくりよ」の主人公は鈴ではないのですが、劇中に鈴は登場していたよう。また高田の存在や「獏人」の設定も引き継いでいるようです。

なお私は「とこよかくりよ」は未読の状態で本作を読んでいますので、予めご了承を。

とこよかくりよ(1) (モーニングコミックス)伊藤静:講談社

物件・不動産絡みの怪奇現象

誰もいない部屋から物音がする、なぜか入居者がいつかない、土地の工事で事故が起こる…。

物件・不動産が絡んだ怪奇現象は、オカルト・ホラーの定番。「常世幽世 GHOST EATER」の各話の発端は、不動産屋・高田から持ち込まれる、そんな「いわくつき」物件。

その人知を超えた超常現象問題を解決するのは、「金の為なら」喜んで危険も引き受ける、一見ギャル風の鈴。身ひとつで物件・不動産に立ち入り、怪異に立ち向かっていきます

独特な除霊方法

第一話の依頼は、なぜか入居者が何人も数日で退去してしまう、ハイツの一室を何とかすること。

母子二人暮らしで、母親の失踪後に子供が餓死した部屋には、何かが出るとウワサが

その怪異に向き合う、鈴の除霊方法は独特。それは除霊対象を「食べる」こと。

対象の物件に入り、耳栓を抜くと、生前の死者の想い(または怨念)があふれたかのような、生活感あるれる空間にトリップ。

そこで死者の霊と会話を交わし、心残りであったことを受け止め、そして口から対象を一気に呑み込む!

この除霊方法が、実にインパクトあり。トリップ時の幻想的な雰囲気、程よいグロさの演出、そして除霊シーンと、クオリティの高いオカルト・ホラーを見せてくれます。

鈴の秘密

鈴の存在も魅力的。食欲旺盛、金にがめつく、やや口が悪いのが玉にキズだが、度胸と除霊の力は信頼に足るもの。

心霊現象の中で危険な目にあい、傷つきながらも、目の輝きを決して失わない主人公です。

しかしその右肩にある「獏」柄のタトゥー(のようなもの)は、何やら彼女の除霊と関係があるよう。霊を呑むたびに、少しずつ変化が

そして1巻の後半では、彼女のルーツに関わる人物が登場するのですが、こちら鈴とはただならぬ間柄のようで。

前作「とこよかくりよ」と関連があるのかもしれませんが、鈴の持ついろいろな秘密が今後どのように明かされていくのか?が気になります。

物語全体の行方

魅力的なキャラクター、一風変わった除霊方法、魅せるビジュアル、クオリティの高いオカルト・ホラー要素を持つ「常世幽世 GHOST EATER」。各話、なかなかの読み応えです。

が、願わくば、前作との関連性や物語全体の方向性を、もう少し提示して欲しかったところ。

鈴はなぜ除霊能力を持っているのか?なぜお金が必要なのか?そして彼女の目的は何なのか?

「獏人」という存在の謎、タトゥーの謎などは追々明かされるとして、「常世幽世 GHOST EATER」という物語がどこへ行き着こうとしているのか?の、せめて断片が、2巻以降への期待を駆り立てるためにもう少しあっても良かったのでは。

ただ1巻終盤の展開については、前作を含めてもっと「常世幽世 GHOST EATER」の世界を知りたい!と思わせるもの。今後の鈴の活躍に期待です。

まとめ

以上、「常世幽世 GHOST EATER」感想でした。ストーリー・ビジュアルとも、近年読んだオカルト・ホラー系の漫画としては屈指の出来。幻想的な描写と程よい恐怖感が、読ませます。

ちょっと怖い漫画を読んでみたいな…と思われている方、チェックしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました