「魔法使いの娘」全8巻―オカルティック・ホラーの隠れた名作

当ブログでも何度か紹介している、オススメ漫画の一つ。那州雪絵氏の「魔法使いの娘」です。ジャンルはオカルト・ホラーになるでしょうか。

「魔法使いの娘」は2002年~2009年まで「月刊ウィングス(のち隔月刊化し「ウィングス」)」に連載。単行本も全8巻で完結。続編として「魔法使いの娘二非ズ」が発表されています(現在は連載終了)。

スポンサーリンク

あらすじ

高校生・鈴の木初音(はつね)は義父・鈴の木無山(むざん)と二人暮らし。国家的な仕事にも携わる最強の陰陽師として名高い反面、ズボラで生活力のない無山の面倒を見る毎日。

ある日、自宅を訪れた二人の若者。電話で無山は、一人は初音の命を狙う鬼、もう一人はそれを防ぐ無山の弟子だ、と言う。

初音が自分の跡継ぎとしてふさわしいかを見極めたい無山だが、まったくその気のない初音。しかし鬼を見分けないことには自分の命が危うい。やむなく無山からの課題に向き合うが…。

「魔法使いの娘」感想

…というのが「魔法使いの娘」第一話のあらすじ。以下、物語の全体に触れますが、そのためには1話がネタバレしてしまう可能性あり。知りたくない!という方は先にコミックス1巻をどうぞ。

…いいですか?

…続けますよ?

では続きを。

この「魔法使いの娘」のメイン登場人物は4人。

  • 初音…主人公。強い霊感を持つ。高校生だが後、卒業して専業主婦に(結婚しているわけではなく、家事手伝い的な立場)。
  • 無山…初音の義理の父。バツイチ。生活能力はゼロだが鈴の木流当主にして最強の陰陽師。
  • 兵吾…無山の弟子。長身のイケメンで霊感を持つ。故あって鈴の木家のドレイ。
  • 小八汰(こやた)…無山の式神。少年の姿をしているが本当の姿は…。

「陰陽師(おんみょうじ)」は占術や祭祀を司り、時に退魔業も行う職。安倍晴明が有名ですが、本作では退魔に加えて呪術師的な能力も持っています。霊道を通ることにより空間移動も可能で、その能力はわりと何でもあり。タイトル「魔法使い」もそこに由来しているのでしょう。

基本1話、時に前後編で各話は完結。初音自身は霊感を持ちますがプロではなく、最強の陰陽師である無山に集う災厄の「とばっちり」を受けてドタバタする、というパターンが多い。同じような1話完結のオカルト漫画としては「百鬼夜行抄」がありますが、あちらと較べてもライトな感じ。

…と思いきや、時々怖い話がぶっ込まれてくるので気を抜けない。マンションに出る怖いオバケ「おかあさん」(第14話。3巻収録)とか、自動車教習所に通う初音が路上教習で怖い目にあう話(第22話。6巻収録)とか、ちゃんと(?)オカルト漫画してて怖い漫画好きもきっと満足。

そんなまったり(?)退魔ライフが続くのか…と思いきや、終盤で物語は大きく加速。そもそも初音と無山はなぜ義理の親子なのか?というところが気になりますよね。序盤から張り巡らされてきた伏線も回収され、7~8巻で怒涛のラストへ。

「魔法使いの娘」、何度読んでもおもしろいんですよね。魅力の一つはキャラクターの個性。メインの4人はもちろん、無山の兄弟弟子・無畏(むい)とそのお付き(?)で生意気な少女・操名(あやな)、そして一見ヤ◯ザな超ホーリーパワーの持ち主・Jr.(ジュニア)など、サブキャラクターもその世界観を支えます。

そして単独の話、ゆるやかにつながっている連続の話、どちらの観点から見ても楽しめるストーリー。ベテラン漫画家さんである那州雪絵氏の物語づくり、流石のスゴさです。

「魔法使いの娘」は全8巻でひとまずの収束を見ますが、話は続編「魔法使いの娘二非ズ」に続きます。オススメの漫画なので、ホラー・オカルト好きの方も、そうでない方も、是非その世界を楽しんでみてください。

漫画データ
タイトル:魔法使いの娘(1) (ウィングス・コミックス)著者:那州 雪絵出版社:新書館発行日:2003-09-25