漫画「七夕の国」全4巻―窓の外に広がる希望または絶望

「超能力」。子どもの時、いや、今でもその響きには憧れがあります。もし自分に超能力があったなら…。

今回ご紹介する「七夕の国」は、歴史ロマンを織り込みながら超能力を発端とする事件を描いたSFホラー漫画。作者は「寄生獣」岩明均さんで、1996から1999年にビッグコミックスピリッツにて不定期連載されていました。

第1巻のカバー。円の中に描かれた、すっとぼけた顔の青年。それを包み込むのは不気味な六本指―。

スポンサーリンク

あらすじ

さえない大学4回生・南丸洋二(みなみまる・ようじ)。唯一の取り柄は「物体に小さな穴を開ける」という超能力を持っていること。しかし就職活動の役には立たず、後輩にもバカにされる始末。

ある日、大学で面識の無い教授・丸神から呼び出しを受けた南丸。教授には会えなかったが、講師・江見や丸神ゼミの学生と知り合いに。後日、丸神教授は行方不明、そして南丸のルーツが丸神教授と同じく「丸神の里」にあることを知る。

時を同じくして丸神の里で起こった殺人事件。遺体の頭部には「丸く」えぐられたような跡が。それは南丸の超能力、そして失踪した丸神教授と関連が―?

「七夕の国」レビュー

岩明均さんと言えば「寄生獣」にて一躍有名となり、現在も「ヒストリエ」などで大活躍されている漫画家さん。本作「七夕の国」はそんな岩明さんが「寄生獣」連載終了後にビッグコミックスピリッツで連載された作品。「寄生獣」ですっかりその作風の虜になった私。当時スピリッツを購読していたのですが、掲載号が待ち遠しかったのを思い出します。

  • 超能力を持つ青年がそのルーツに触れる
  • ルーツである「丸神の里」の人々は良心的だが、どこか閉鎖的
  • 一方、超能力に関わる「事件」が徐々に進行
  • やがて里、そして世間を巻き込んだ大事件が…

というのが主な流れ。

主人公の南丸、通称ナンマルくん。彼や「丸神の里」の能力者たちが使う超能力は、「窓の外」と呼ばれる球体を作るもの。そして「窓」への関わりは二種類あり、一つはナンマルくんのように「窓の外」に「手がとどく者」。そしてもう一つはヒロインである東丸幸子のように「窓の外」を見た「窓をひらいた者」。

ナンマルくんら「手がとどく者」は力を行使する人間。一方、幸子たち「窓をひらいた者」は別の世界をのぞいてしまった人々。それが里の人間を「丸神の里」に縛り付け、過去から現代に至るまでの異様とも言える結束力につながります。「窓の外」とは何なのか、ミステリー調とも言えるその「謎」にぐいぐいと引き込まれていきます。

こういう「謎」というのは種明かしをしてしまうと「なーんだ」となりがちなのですが、数々の謎が明かされたあとでも物語が輝きが失われず、怒濤の終盤へと収束していくのがこの漫画のスゴイところ。ナンマルくん・幸子たち、そして「窓の外」に関わった人たちが行き着いた結論とは―。ラストまで一気読み必至。

そんなハラハラドキドキが止まらない「七夕の国」。何度読んでもおもしろい漫画なのですが、ミステリーとしての魅力もさながら、その根底にあるおもしろさの本質は「果てなく広がる宇宙への憧憬」ではないかと。

「窓の外」にまつわる謎。それは「恐怖」であるとともに、せつなさ・やるせなさを内包するもの。そのせいでしょうか。「七夕の国」を読み終わった後はなぜかいつも、決して届くことのない遠い宇宙へのせつない想いを感じてしまうのです。

というわけで漫画「七夕の国」のご紹介。「寄生獣」はSF+ホラーから始まり、のちに地球・人間といったスケールの大きさを感じさせる作品に成長しました。一方この「七夕の国」は同じくモダンホラーの風味を漂わせつつも、歴史ロマンとともに広大な宇宙を読者に想起させる物語。全4巻というコンパクトさの中に魅力が詰まっています。

漫画好きにぜひともオススメしたい一作ですが、多少ショッキングなシーンもありますので(「寄生獣」よりはかなりマイルド)、耐性のない方はご注意の上ご覧ください。

漫画データ
タイトル:七夕の国(1) (ビッグコミックス)著者:岩明均出版社:小学館発行日:1997-06-30
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする