「七夕の国」全4巻―窓の外に広がる希望または絶望

この記事は約4分で読めます。

役に立たない小さな超能力を持つ青年はやがて、自身のルーツにまつわる大きな渦に飲み込まれて…。

岩明均さんの「七夕の国」全4巻。1996から1999年にかけて、ビッグコミックスピリッツにて不定期連載されていた作品。

歴史ロマンを織り込みながら、超能力を発端とする事件を描いたSFホラー漫画です。

印象的な第1巻のカバー。円の中に描かれた、すっとぼけた顔の青年。それを包み込むのは、不気味な六本指―

「七夕の国」レビュー

あらすじ

さえない大学4回生・南丸洋二(みなみまる・ようじ)。

唯一の取り柄は、「物体に小さな穴を開ける」という超能力。しかし就職活動の役には立たず、後輩にもバカにされる始末。

ある日大学で、面識の無い教授・丸神から呼び出しを受ける南丸。

教授には会えなかったが、講師・江見や丸神ゼミの学生と知り合い、丸神教授が行方不明になっていること、そして自身のルーツが丸神教授と同じく、「丸神の里」にあることを知る。

時を同じくして、丸神の里で起こった殺人事件。遺体の頭部には、「丸くえぐられた」ような跡が。

それは南丸の超能力、そして失踪した丸神教授とも関連が―?

七夕の国(1) (ビッグコミックス)岩明均:小学館

「寄生獣」終了後の連載作

「寄生獣」にて一躍有名となり、現在も「ヒストリエ」で大人気の漫画家・岩明均さん。本作「七夕の国」はその岩明さんが、「寄生獣」終了後に連載した作品。

「寄生獣」では、頭部が変形し人間を捕食する寄生生物たちと、その中間的存在となった主人公が、ショッキングなホラー描写を絡めて描かれました。

「七夕の国」では「寄生獣」とは一変、不気味な事件を発端に、謎要素が徐々に解き明かされていく、というサスペンス風味の物語が展開されていきます。

  • 超能力を持つ青年が、自身のルーツに触れる
  • ルーツである「丸神の里」の人々は良心的だが、どこか閉鎖的
  • 一方、超能力に関わる「事件」が里の外で徐々に進行
  • やがて里、そして世間を巻き込んだ大事件が…

というのが、「七夕の国」の主な物語の流れです。

超能力「窓」の謎

主人公の南丸(通称「ナン丸」くん)や「丸神の里」の能力者たちが使う超能力は、「窓の外」と呼ばれる球体を作るもの。

能力者は丸神の里で、「窓の外」に「手がとどく者」と表現されます。

「手がとどく」というのは独特の表現ですが、イメージ的には「どこかわからない空間の一部を出現させる」といった感じ。その空間=球体に物質が触れると、触れた部分が消失する。

使い方によっては恐ろしい効果を生み出すもので、それは世間を騒がす数々の事件に関わりが。

ナン丸くんの超能力は「何の役にも立たない」ものですが、実は彼が能力を使いこなせていないだけ。

そして「窓」に関する能力には、「窓をひらいた者」という、もう一つの種類が存在。

それはヒロイン・東丸幸子のように「窓の外」を見ることのできる、いや、見ざるを得ない、というもの。

「窓をひらいた者」らが見る世界。そこには丸神の人々を里に縛り付ける、何かがー。

サスペンス感のあるSFミステリー

ナン丸くんら「手がとどく者」は、力を行使する人間。一方、幸子たち「窓をひらいた者」は、別の世界をのぞいてしまった人々。

丸神の里の人間のみが「窓」に関わり、それが彼らを里に縛り付け、過去から現代に至るまでの異様とも言える結束力につながっています。

「窓」に関する能力に関連して里は閉鎖的であり、積極的に外部と関わりを持たない性質です。

が、「手がとどく」力で世間を騒がす「えぐり魔」の取る行動は、里の方針とは真逆。

首謀者は誰なのか、事件の目的は何なのか。

「犯人」は徐々にその力を暴走させ、やがて日本中を巻き込んだ大事件に発展していきます。

果たして「窓の外」の正体とは?SFミステリーとも言える「謎」の真相に近づくと、そこには恐ろしい秘密がー

怒涛の終盤

SF要素にサスペンス・ミステリー感が加わった「七夕の国」。終盤に向かい伏線の回収、そして数々の謎が明かされていきます。

丸神教授はなぜ失踪したのか?里の人間はなぜ土地を守ることに固執するのか?里で執り行われる七夕祭、そして里に伝わる「カササギの旗」の謎とは…?

さらに「えぐり魔」の目的が明らかになり、思わず「おおっ…」と心の中で起こるどよめき。

そして読者に息つく暇を与えずに、里全体を巻き込んだ怒濤のラストへ。これが実に読み応えのある内容で、あっという間の全4巻です。

読後、その勢いにフウッ…と息を吐くこと必至ですが、しかし不思議と感じるのは、果てなく広がる宇宙への憧憬

ハードな描写も多い漫画ですが、全4巻を読み終わったあとは夜空に広がる遠い宇宙に思いを馳せずにはいられない、不思議な読後感を味あわせてくれます。

まとめ

以上、岩明均さんのSFサスペンス「七夕の国」全4巻のレビューでした。何度読んでも飽きない魅力のある漫画です。

「寄生獣」はSF+ホラーから始まり、のちにスケールの大きさを感じさせる作品に成長しました。

一方この「七夕の国」は、同じくホラー風味を漂わせつつも、歴史ロマンと広大な宇宙を想起させる物語。コンパクトな巻数ながら、多彩な魅力が詰まっています。

またレビューの都合上、多くは触れませんでしたが、飄々とした主人公・ナン丸くんが良いキャラクターで、「七夕の国」の持ち味となっています。岩明均さんの他作品との風味の違いを楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました