漫画「アーサー・ピューティーは夜の魔女」―終末世界を旅する魔女の物語

「ヘレンesp」に続いて木々津克久さんの漫画を。「アーサー・ピューティーは夜の魔女」という一風変わったタイトルです。

赤毛の女性が路上で何やら追い詰められているよう。なお「ヘレンesp」に較べると若干キツイ描写もありますので、苦手な方はご注意を。

スポンサーリンク

あらすじ

山奥で人目を避けて生活する男女。一人は眼帯をしたアタル。もう一人は赤毛の女性・アーサー。

発端は一ヶ月前。ある種のバクテリアが人間に感染することが判明。爆発的に拡大(パンデミック)したそれにより、感染者は非感染者を襲うように。

地獄と化した世界で生き延びようとする二人。だが感染者の包囲は徐々にせばまり、やがてその身に危険が…。

「アーサー・ピューティーは夜の魔女」感想

…という出だしの漫画「アーサー・ピューティーは夜の魔女」。どことなく藤子・F・不二雄先生の短編「流血鬼」を想起させる設定。また最近流行りのソリッド・シチュエーションもののような雰囲気も。アーサーとアタルは果たして生き残ることができるのか!続きは本編でお楽しみください。

…このブログ、基本的にネタバレは極力避けるようにしています。で、これまでの説明は収録全6話のうちの第一話のもの。できれば細かい内容を知らずに読んだ方が楽しめるかと思いますので、先を知りたくない!という方はAmazonなど電子書籍サイトに移動されるか、本ブログの別記事をご覧ください。なお本作を読む前に「ヘレンesp」を読んでおくことをオススメします。

それではどうしても続きを読みたい!という方はもう少しスクロールをお願いします。

続き。まあタイトルで「アーサー・ピューティーは夜の魔女」って言っているので、アーサーは人間ではなく魔女。アタルはゾンビでその従者、という設定です。

世界にはアーサーのような高位の存在が紛れていて、密かに人間たちを支配していた。しかしバクテリアに感染した人間はその能力が上がり、そのような存在を認識できるように。かくしてアーサー達は追われる身となり、「暗黒世界」を逃避し続ける…というのが「アーサー・ピューティーは夜の魔女」の基本的な設定です。

支配するものとされるものの逆転、強大な力を持つが人間の数に屈せざるをえないアーサーたち、という構図がおもしろく、また木々津克久漫画らしいブラックさが随所にあふれ出ていて読み応えがあります。

時間を移動する能力を持つ悪魔・フィボナッチとの駆け引きが描かれる「The fourth night フィボナッチの持ち時間」は特に引き込まれる一話。タイムトラベルをうまく利用したミステリー風味で、アーサーが妙に人間臭いのがちょっと笑えます。

そして最終第6話では「ヘレンesp」の主人公であるヘレン、らしき少女が登場。この描かれ方がブラック過ぎて最高です。「ヘレンesp」も「アーサー~」も予備知識無しで読みましたが、「ヘレン~」を先に読んでおいて良かった。両方とも未読、という方は是非「ヘレンesp」から先にお読みください。

木々津克久(きぎつかつひさ)さんの漫画「ヘレンesp」を読みました。 週刊少年チャンピオン誌にて2007年から2010年まで不...

さて、この「アーサー・ピューティーは夜の魔女」。ナンバリングとして一応「1巻」ということになっています。また「発売日は未定」ですが巻末に一応2巻の予告も掲載。連載は2009年よりコミックフラッパーにて不定期掲載、1巻の刊行は2011年なのですが、以降は特に動きが無いようです。

話としてはこの1巻で完結している、と言っても無理のない内容なのですが、おもしろいのでできれば続きが読みたいところ。刊行からは少し時間が空いてしまっていますが、いつの日かまたアーサーたちの活躍が読める日を首を長くして待ちたいと思います。

漫画データ
タイトル:アーサー・ピューティーは夜の魔女 (コミックフラッパー)著者:木々津克久出版社:KADOKAWA / メディアファクトリー発行日:2012-06-16