「魔法のつかいかた」―少年は、不思議な魔法使いの弟子となった

「魔法を使うには 二つ約束がある」

魔法使いである男性と、彼にさらわれた少年の交流を描く漫画「魔法のつかいかた」を読みました。

作者は草間さかえさん。新書館発行のWingsにて連載されています。

オリジナルは草間さかえさんが同人で出していたBL作品で、本作はそれをリメイクしたものだそうです。単行本は2018年5月、現在3巻まで刊行中。

スポンサーリンク

あらすじ

現代に生きる「魔法使い」塚上泉太郎(つかがみ・せんたろう)は、公園のブランコからわざと落ちようとする少年・春生(はるき)に出会う。

魔法を使い彼を救った泉太郎だが、春生は複雑な家庭環境により死を望んでいた

そんな彼に泉太郎は問う。

「君は僕に誘拐されても構わない?」


[草間さかえ 著 新書館「魔法のつかいかた」1巻より引用]

一週間生き延びたら弟子として迎えに行く、という約束をして別れる二人。

そして一週間後、春生のもとを訪れた泉太郎は、彼にメモを渡す。

「今夜さらう」

「魔法のつかいかた」レビュー

魔法使いと少年の二人暮らし

本ブログの構造上、本作のカテゴリをホラーにしておりますが、正確にはホラーではなくオカルトの部類に入るでしょうか。漫画「魔法のつかいかた」です。

問題のあった家庭を望んで離れた少年・春生と、彼をさらって弟子とした魔法使い・泉太郎。その二人暮らしを軸に、「魔法使いの日常」が描かれます。

魔法、といってもとんがり帽子に杖、といったステレオタイプのものではなく、呪術的なものを使いこなす職業、といった体。

魔法使いのルール

魔法使いが魔法を使うには二つの約束がある、というルール。

一つ目は「使える魔法は一人で二つ」。「契約した相手が持っている魔法の内の一つ」と「探し物の魔法」だけ。

二つ目は「どちらの魔法も自分のためには使えない」というもの。

何でもかんでも魔法で解決するという類のお話ではなく、泉太郎や同業者である絹子とその弟子・雅、そして彼らの属する「組合」周辺でひっそりと魔法が使われている、という世界観です。

独特のおもしろさ

さて、この「魔法のつかいかた」。おもしろいんですが…。

このおもしろさをどうやって伝えたらいいかわからない(笑)。

基本的には泉太郎と春生のアットホームな生活が中心なのですが、そのバックグラウンドとしてところどころに描かれる魔法使いの世界、すごく謎が多い

おそらく呪術的にいろいろなものを操作したり、時には人をあやめたり、といった感じの職業のようですが、組合の全貌も含めてモヤモヤしてくっきりはっきりしない感じ。

男同士のほのぼの生活をふんわり楽しんでいたと思ったら、次の瞬間にドス黒くきな臭い魔法の世界が描かれたり。


[草間さかえ 著 新書館「魔法のつかいかた」1巻より引用]

詳細もボヤかして描かれている感じなので、読者も想像力が要求されます。

が、それがいい!

草間さかえさんの独特な絵柄とコマ割り、丁寧に描かれる人物描写、そして全てを語らない思わせぶりなストーリー展開。気づくとクセになってきます。

絶妙な人間関係

読み応えがあるのはやはり人間関係でしょうか。

泉太郎と春生、泉太郎と絹子、絹子と雅、春生と雅、などなど。それぞれの人間性や距離感の描き方が絶妙で、繰り返し読んでも飽きない魅力があります。


[草間さかえ 著 新書館「魔法のつかいかた」1巻より引用]

その時々でキャラクターがどんなことを考えているのか?を推し量るこの楽しさ。

個人的には泉太郎と絹子の関係がおもしろい。

朴訥とした泉太郎に対してキビキビとモノを言う絹子。そして2巻で描かれる、若かりし二人の印象的な出会い。

対象的な性格の魔法使いでありながら、良いコンビ感を醸し出す二人の関係性に注目しています。

まとめ

以上、草間さかえさんの漫画「魔法の使い方」のレビューでした。

明快な説明と理屈が示される漫画が好き、という人には向かないかもしれませんが、雰囲気・世界観に浸ることができればその不思議な魅力にどこまでもハマれる。そんな作品。

オカルティックなドラマが好きな方にオススメの漫画です。

漫画データ
魔法のつかいかた(1) (ウィングス・コミックス)著者:草間さかえ出版社:新書館発行日:

コメント