不老不死に終わりは来るのか。高橋留美子「人魚の森」シリーズ

「人魚」、というと何を想像しますか?

昔読んだ絵本の「人魚姫」?それともリトル・マーメイドのアリエル?

わりとファンタジックなイメージを持つ方も多い半人・半魚の人魚。

しかし美しい歌声でひきつけた船を難破させるセイレーンのように、不気味な存在として描かれることも。

日本では人魚の肉を食べて800歳まで生きた、と言われる八百比丘尼(やおびくに、はっぴゃくびくに)が有名ですね。

そんな「人魚の肉」にまつわる怪異を描いたのが、高橋留美子氏描く「人魚」シリーズです。

初出は1984年。移行、オリジナルビデオアニメやテレビアニメ化もされました。

高橋留美子コミックス2億冊突破!名作揃いの傑作短編集を読む

高橋留美子コミックス世界2億冊突破を機に、これまで電子化されていなかったこの「人魚」シリーズも電子書籍化。「人魚の森」「人魚の傷」「夜叉の瞳」の3巻が発売されました。

私も一部は既読だったのですが、未読分もあったので電子版3作を一気読み。

「人魚」シリーズ概要

人魚の肉を食べると、その毒性の強さにより時に死に、時に異形の怪物「なりそこない」となる。しかしごく稀に、人間の姿のまま不老不死となることが。

何百年も前、漁師仲間と人魚の肉を食らった青年・湧太(ゆうた)は、一人生き残り不老不死に。以来、死ぬ方法を求めて500年の月日を過ごす。

高橋留美子「人魚の森」
[高橋留美子 著 小学館「人魚の森」より引用]

そんな湧太がある日たどりついたのは、老婆ばかりの集落。そこでは床に臥せった少女・真魚(まな)が大切に育てられていた。

怪しげな老婆たち。何やら人魚のことを知っているようだが…。

…というのが、物語のスタート「人魚は笑わない」(前後編)のあらすじ。

以降、湧太の過去の話を交えながら、湧太と真魚が行く先々で人魚絡みの怪異に出会う、という物語が展開されます。

感想など

高橋留美子氏の漫画と言えば、メジャーなところでは「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」「1ポンドの福音」など。ラブコメ要素の強い作品が多い印象です。

ですがこの「人魚シリーズ」は完全にホラー。登場人物の描き方は他作品と大きく変わらないのですが、「闇」の描き方や暗い雰囲気の描写が巧み。読んでいて底冷えのするような怖さを感じます。

高橋留美子「人魚の傷」
[高橋留美子 著 小学館「人魚の傷」より引用]

明るく笑える内容が魅力の高橋留美子漫画。しかし「人魚シリーズ」ではユーモアを封印し、怖さ・おどろおどろしさを追求した作り。作風の幅広さはさすがの一言です。

そして全編から感じるのは「哀しみ」。湧太と真魚の旅って、救いが無いんですよね。湧太からして「死」を求めているのですから。

出会う人々も「人魚の肉」の強すぎる力に当てられて、時に欲をかき、時に運命に抗い、やがて悲惨な運命をたどる。

人間の欲深さ・業・哀しさを感じずにはいられない話の数々。読み終わったあとに、なんとも言えない寂寥感が残ります。

高橋留美子「夜叉の瞳」
[高橋留美子 著 小学館「夜叉の瞳」より引用]

基本の登場人物は湧太と真魚のみ。しかし毎話、深みのある展開で、飽きの来ない物語です。

そんな「人魚シリーズ」。怖さだけではない大きな魅力のある作品ですが、現在は上記の3巻を刊行して未完。

「最後の顔」の発表が1994年ともう20年以上前なので、完結はちょっと期待薄かも。しかし今読んでも古さを感じさせない、おすすめの漫画です。

高橋留美子ファンだけでなく、怖い漫画が好きな方、和風ホラー好きの方に手にとっていただきたい作品です。

人魚シリーズ各巻収録話

「人魚」シリーズ各巻の収録話は下記の通り。

「人魚の森」

人魚の森 (少年サンデーコミックススペシャル)著者:高橋留美子出版社:小学館発行日:2003-10-18
  • 人魚は笑わない(前後編)
  • 闘魚の里(前後編)
  • 人魚の森(前後編)

「人魚の傷」

人魚の傷 (少年サンデーコミックススペシャル)著者:高橋留美子出版社:小学館発行日:2003-11-18
  • 夢の終わり
  • 約束の明日(前後編)
  • 人魚の傷(前後編)

「夜叉の瞳」

夜叉の瞳 (少年サンデーコミックススペシャル)著者:高橋留美子出版社:小学館発行日:2003-12-18
  • 舎利姫
  • 夜叉の瞳(前後編)
  • 最後の顔(前後編)

コメント