ホラー漫画「ある設計士の忌録」―いわく付き不動産の施工にまつわる恐怖

この記事は約3分で読めます。

古い蔵の解体、宗教施設の建築、格安の地下テナント…。

人知を超えた何かをまとうそれら曰く付き物件には、不思議な力を持つある設計士が関わっていた!

ホラー漫画家・鯛夢(たいむ)さんが、実在する工務店さんから聞いた物件・施工に関する恐怖話をコミカライズした「ある設計士の忌録」全1巻。

なかなか本格的でパンチのある、実話系オカルト・ホラー漫画です。

「ある設計士の忌録」感想

「ある設計士の忌録」のメインの登場人物は、東京で工務店を営む「私」と、設計士である「先生」の二人。

ちなみに表紙の人物が「先生」。悪そうな顔をしていますが、悪役ではありません(笑)。

作者である鯛夢さんが「私」から聞いた、土地・不動産+「先生」の絡むオカルト案件を綴っていく、という形式(「私」は狂言回し的な立場)。

単行本には以下の7編が収録されています。

  • あかずの間
  • 宗教施設
  • 盛り場のビル
  • 三角だらけ
  • 日本の刀
  • 地下迷宮
ある設計士の忌録 (HONKOWAコミックス)鯛夢:朝日新聞出版

「あかずの間」「宗教施設」などタイトルをご覧になってわかるように、不動産絡みの「いかにも」な話が各話で展開。

第一話「箱」では、「私」が地方の由緒ある蔵の取り壊しを請け負うことに。

その蔵の二階には50センチ四方の、「開け口が見当たらない」真四角な箱が、祭壇にポツンと置かれている。

何やら気配のする得体のしれない箱。素振りのおかしい依頼主。異様に高い報酬…。

怪しいことだらけの不可思議な案件に、「私」は「先生」に助力を求めることに。「あっち方面の仕事だな」と語る「先生」は、不思議な呪文を唱えて箱を開封。その中には…。

…という感じで、時に「私」が「先生」に助けを求め、時に「先生」と共に怪しげな物件の施工や解体に関わって、恐怖体験をする様が綴られていきます。

なお「先生」は専門の霊能力者ではなく、あくまでも「設計士」。

設計士なんですが、その除霊や神様・その他の封じ込めなど、オカルト方面の不思議な力を持ち、それゆえ業界内で重宝されている、という存在です(実在するらしい)

ちょっと強面の「先生」。普通の人では危険でこなせない案件でも、特異な力を発揮。もちろん報酬もそれなりにお高い、という人物。

ぶっきらぼうで少し口が悪いんだけど、なぜか憎めない、そのキャラクターが面白い。

で、この「ある設計士の忌録」、全体的に暗めで重たい空気感を持つホラー漫画ですが、比較的サラッと読める作品。

グロ表現もほとんどなく、一読した限りではそんなに怖くはない。えげつない表現を突然出して、読者をビックリさせるタイプの漫画でもありません。

が、読み終わったあとになぜか、恐怖がジワジワと足元からせり上がってくるような。

それは多分描かれている内容が、「いかにもありそうなリアル感」にあふれているから。

よくある事故物件ばなしはもちろん、宗教系施設の建築にまつわる裏話や、古くなった神道系施設の改修に絡む神事など、「建築や施工の裏側では、ちょっとヤバ気なこんな話があるのかも…」と感じさせてくれる、不思議な説得力があります。

過剰に読者を驚かせようとするのではなく、あくまでも実際に起こった(であろう)ことを淡々と描き連ねる手法が、とてもウマい。怖面白いです。

作者の鯛夢さんは過去作「魂消ばなし」のように、キツイ恐怖表現のあるホラー漫画も描ける作家さん。

ですが「ある設計士の忌録」ではあえて?そういった表現を多様せず、実生活に即した読者の経験やイマジネーションに訴えかける描き方。

それがかえって読者の好奇心・恐怖心を刺激。リアルな大人のホラーとして、読み応えのある恐怖漫画となっています。

まとめ

以上、鯛夢さんのオカルト・ホラー漫画「ある設計士の忌録」感想でした。

現実味のある恐怖話が心に残る作品。全然霊能者っぽくない(笑)「先生」のキャラクターも味わいがあります。

なお本作はナンバリングはされておらず、とりあえず1巻で完結しているよう。ですがあとがき漫画によると、まだまだ紹介したい話がある、とのこと。

また最終話「地下迷宮」で登場した新キャラクターがいい味を出していて、その活躍も見てみたい。続編、そして単行本化を期待したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました