「私のともだち」―これは怖い!那州雪絵さん描く正統派ホラー漫画短編集

ホラー漫画で「ともだち」って、怖いイメージしかないよね(笑)。

楽しみにしていた那州雪絵さんのホラー短編集「私のともだち」を読みました。

那州雪絵さんはホラー専門の漫画家さんではありませんが、「魔法使いの娘」「魔法使いの娘二非ズ」で、恐ろしくも楽しいホラーの世界をファンに届けてくれました。

その那州さんが描くホラー漫画の短編集。これは期待さざるを得ない!

スポンサーリンク

「私のともだち」レビュー

収録作品

本書「私のともだち」には、5つのホラー短編を収録。

  • 私のともだち(2007)
  • 誰かが待っている(2008)
  • 花地獄(2011)
  • 冷蔵庫の思い出(2012)
  • かいだんのかいだん(2013)
  • 水にうつる思い出(2017)

カッコ内は発表年。いずれも新書館Wings(ウィングス)誌、およびその付録冊子での掲載です。表題作「私のともだち」以降、足掛け10数年に渡って発表されたホラー漫画を収録しています。

以下、「私のともだち」各話の簡単な紹介と感想を、ネタバレしない程度にご紹介。

私のともだち

旧校舎のトイレで「出る」と噂の怪物。学校でハブられている少女がそこで出会ったのは、人形のような外見の「ピョン子」。少女はピョン子と友達になるが…。


「学校の七不思議」「トイレの花子さん」を那州雪絵さんがアレンジしたら…的なホラー短編。思春期の少女たちのイヤな部分、怖い噂の「ルール」、そして結末。じわじわと読者を恐怖に誘う話の運び方が素晴らしい。

誰かが待っている

「トガイ カツコ」を呼び出してくれ、という客が来たら、必ずその呼び出しをしなければならない。デパートの「伝説の呼び出し」に興味を持った女性は、アナウンスを聞き受け付けを覗くが、「トガイ カツコ」はあらわれず。しかしその瞬間から恐怖が始まった。


こちらは「デパートの怖い話」系。不思議な話に興味を持ってしまったがために、恐怖の体験をする女性の顛末が描かれます。妙なリアリティのある「トガイ カツコ」という名前、何故か脳裏に焼き付きます。「世にも奇妙な物語」に採用されそうなお話。

花地獄

職場の既婚男性に一方的な思いを寄せる女性。男性の後をつける最中、朝顔のトゲが腕に刺さる。やがて彼女の体に異変が…。


ジワジワと自分の体に恐ろしい変化が…というのは想像するだけでイヤなものですが、そんな恐怖がジワジワと描かれます。幻想的なビジュアルにも注目。本作のカバー絵はこの「花地獄」のイメージです。

冷蔵庫の思い出

幼稚園時代の幼馴染が語った思い出。それは少し変わった女の子を、空き地の冷蔵庫に閉じ込めてしまった、という話だった…。


「冷蔵庫」の「思い出」というとロクなことを思いつきませんがw、期待を裏切らず、そしてしっかりと怖い話。本編もさながら、冒頭でいきなり冷蔵庫の話を語りだす幼馴染が、なんだかコワイ。

かいだんのかいだん

ページ数の短いお話なので、詳細は割愛。他作品とちょっと毛色の異なる作品。もちろん怖いです。

水にうつる思い出

いつも一緒にいる双子の少女。その一人は病気で死んでしまうが、幽霊として生きつづけることに。生き残った方はしかし、成長するにつれその存在が疎ましくなるように…。


双子というのは、そうでない人間から見ると不思議さを感じる時があります。そんな双子に起こった悲哀を恐ろしく描いたホラー。「私のともだち」同様、じっくりと恐怖に迫っていく描き方。読み応えがあります。

まとめ

以上、那州雪絵さんのホラー短編集「私のともだち」のレビュー・感想でした。

愛読していた連載作品「魔法使いの娘二非ズ」が終わって以降、この「私のともだち」の発売を心待ちにしていたのですが、満足。そしてしっかりと怖がらせてもらえました。

本書の随所で、各作品に対する那州雪絵さんのコメントが掲載されていて、それもまた興味深いところ。かつて少女マンガ誌にのっていたような、30ページ程度で、でもとんでもなく怖い作品。そんなホラー漫画を目指したそうです。

確かに読んでみると、懐かしくも新しい、少女マンガ的正統派怪奇マンガ、という感じを受けます。少女マンガになじみのある方ならば、懐かしい雰囲気を感じることができるのではないでしょうか。

全体的には、どちらかと言えばジワジワと読者を追い詰めていく形式のホラー漫画なので、えげつない表現が苦手な方でも大丈夫(多分)。「怖そうだけどどうしようかな…」と読むのを迷っている方にも、手にとって欲しい作品です。

漫画データ
タイトル:私のともだち (ウィングス・コミックス)著者:那州雪絵出版社:新書館発行日: