「邪眼は月輪に飛ぶ」全1巻―世界の破滅を照らす悪魔の眼

死をもたらす、悪魔の眼を持つ鳥。その前に人々は為す術もなく倒れ、滅亡へと近づく世界。

そんな人類の脅威に立ち向かうは、仮面の老マタギ―。

藤田和日郎さんと言えば「うしおととら」「からくりサーカス」など、少年誌での長期連載が多い漫画家さん。

そんな藤田さんが青年誌で描いた漫画の一つが、この「邪眼は月輪に飛ぶ」です。2007年に週刊ビッグコミックスピリッツに全7回連載された作品。単行本は全1巻です。ちなみに「月輪」は「がちりん」と読みます。

当時スピリッツ誌を購読していた私は「え、あの藤田和日郎が青年誌で?」と驚いたものですが、毎号の連載を読んで、そのおもしろさにグイグイ引き込まれたのを覚えています。

あらすじ

東京の海で座礁した米空母。その積荷は、人を死に追いやる眼を持つフクロウ「ミネルヴァ」。解き放たれたそれは、「邪眼」により多くの命を奪う。

藤田和日郎「邪眼は月輪に飛ぶ」
[藤田和日郎 著 小学館「邪眼は月輪に飛ぶ」より引用]

ミネルヴァの行方を追うアメリカは、特殊部隊デルタのリード、およびCIAのケビンを現地に派遣。彼らがヘリで降り立った地には、かつてミネルヴァを追い詰めたマタギ・鵜平(うへい)が住んでいた。

老マタギに協力を依頼するケビンとリードだが、頑なに拒む鵜平。しかし義理の娘にして霊力を有する祈祷師・輪(りん)の説得により、協力を承知する鵜平。

かくして4人はミネルヴァによる世界壊滅を防ぐため、決戦の地・東京へ向かう―。

「邪眼は月輪に飛ぶ」感想

圧倒的な恐怖であるミネルヴァ

はっきり言って、傑作。

全1巻完結の漫画として、またアクション漫画として屈指の出来である「邪眼は月輪に飛ぶ」。文句の無いおもしろさです。

まず読者にインプットされるのは、ミネルヴァの圧倒的な「恐怖」。

眼から黒い液体を滴らせながら大空を闊歩する約1.5mの巨大フクロウ。そしてその眼に映ったものは、間違いなく死を迎える。もうこんなんおったら無理ゲーやん、という程の絶望感があります。

邪眼に闘いを挑む者たち

対するはその絶望に果敢に立ち向かう、4人の戦士たち。

藤田和日郎「邪眼は月輪に飛ぶ」
[藤田和日郎 著 小学館「邪眼は月輪に飛ぶ」より引用]

鵜平との親子関係がぎこちない輪。そしてそれぞれの過去に悔いを抱える鵜平・ケビン・リード。

4人ともがその背景に抱えるものがあるのですが、全1巻という短さながら、ミネルヴァとの闘いと平行して描かれる人間ドラマ。物語に奥行きを感じます。

迫力の戦闘。勝つのは…?

そしてスピード感あふれる戦闘。「見られたら死ぬ」という恐怖から生まれる緊張感。しかし彼らは歴戦の猛者たち。簡単には倒れません。

追いつ、追われつ、ミネルヴァに迫る鵜平たち。

藤田和日郎「邪眼は月輪に飛ぶ」
[藤田和日郎 著 小学館「邪眼は月輪に飛ぶ」より引用]

ドキドキしてページをめくる手が止まらない!

モンスターの恐怖、過去を持つ狩人たち、絶望的な迫力ある闘い。それらが全1巻のボリュームで見事におさまった、奇跡的な漫画です。

駆け抜ける物語

さらに4人だけではなく、モンスターの内面にも踏み込み、そして社会に対する問題提起もさりげなく織り込む。

詰め込めるだけ詰め込んで、かつ描ききる。これこそ藤田漫画の真骨頂。ラストの描き方も秀逸。

「むかし むかし…」という本作の出だしがキレイに結びとなり、一つの物語の終わりを告げる。

同時に、さらに別の物語を予感させるような、そんな終わり方で満足の読後感です。

まとめ

高い完成度と確かなおもしろさを与えてくれる「邪眼は月輪に飛ぶ」。

全1巻完結のストーリー漫画として屈指の出来。きっと1本の映画を見終わったかのような充実感が残ると思いますよ。オススメの一作です。

邪眼は月輪に飛ぶ (ビッグコミックス)著者:藤田和日郎出版社:小学館発行日:2007-04-27

コメント