漫画「うずまき」―”渦巻き”が町を恐怖で覆う!伊藤潤二の傑作ホラー

小さな町で起こった”ある異変”は、やがて渦を巻くように町全体を覆いはじめ…

伊藤潤二さんの「うずまき」全3巻。「富江」シリーズなどで著名な作者が、小学館ビッグコミックスピリッツで連載した長編ホラー漫画。各種メディア化もされた、伊藤潤二さんの代表作品の一つです。

「うずまき」感想・レビュー

あらすじ・概要

ホラー漫画「うずまき」は、基本一話完結の物語。

私の生まれ育った黒渦町…
これからお話するのは…
この町で起こった奇妙な怪異の数々です…
(「うずまき」第一話「うずまきマニア(その1)」冒頭より)

という主人公の女子高生・五島桐絵のモノローグを皮切りに、彼女とボーイフレンド・斎藤秀一の住む黒渦町が、「”うずまき”にまつわる怪異」に覆われていく様が描かれていきます。

【ブックライブ】
【25%OFF】『少年サンデー』&『ビッグコミックスピリッツ』まとめ買いクーポン
(12/9まで)
「うずまき」「アオアシ」「よふかしのうた」「チ。―地球の運動について―」「二月の勝者 ー絶対合格の教室ー」ほか1,000作品以上が【5冊以上まとめ買いで25%OFF】キャンペーンページはこちら

“うずまき”が巻き起こす恐怖

模様から物理現象まで、実際に身近にある渦巻き。じっと見つめていると、その中心に吸い込まれるような気もする、不思議な形。しかしその形が人々の生活や身体に影響を及ぼし始めたら…?

物語冒頭で描かれるのは、秀一の父親に起こった異変。突如、身の回りにある「うずまき」にこだわり始めた彼は、部屋をうずまき模様やグッズで埋め尽くすように。それを眺める彼の目もグルグルと回りはじめ、そして驚愕の最期を迎える…

そんなある家庭に起こった怪異は、桐絵と秀一の周辺、そして町全体を覆いはじめ、人々を恐怖のどん底へと突き落としていくのですが、恐怖の起因が得体のしれない”うずまき”であるのが、本作品の大きな特徴。読んでいるうちに、「この町は”うずまき”に汚染されている…」と日に日にやつれていく秀一のように、心に不安が渦巻いてきます。

気持ち悪さの中にある「美」

そんな漫画「うずまき」で描かれる怪異の数々。ショッキング・グロテスクなシーンも多々あり、ホラー漫画「らしい」気持ち悪さを感じます。

が、その中にある種の「美しさ」を感じるのが、伊藤潤二作品ならでは。特に本作では、作者の丁寧な描写力と「渦巻き」模様の持つ自然な美が、見事に融合。「気持ち悪さ」と「美しさ」が同時に伝わってくるという、他のホラー作品には無いインパクトがあります。

その魅力が大きく発揮されているのが、第3話「傷跡」。秀一に興味を持った桐絵の同級生・あざみ。美しい顔と、その額にある三日月型の傷跡が魅力の少女なのですが、”うずまき”の影響を受けてその顔は徐々に変容を…?

「うずまき」ならではのビジュアルと、短編ホラーとしても成立しそうなストーリーは、恐怖と美しさを同時に感じる迫力の一編。一度読むと忘れられない、伊藤潤二さんならではの魅力が詰まった一話です。

後半~終盤では意外な展開へ

物語前半では、桐絵と秀一の身近で起こる”うずまき”の怪異。しかし話が進むにつれ、その影響は黒渦町全域へと拡大。町は壊滅し、人々の精神や肉体にも”うずまき”の影響が出始めます

…ぶっちゃけて言うと、その内容はちょっと笑えるもの。ホラー漫画はその荒唐無稽さからギャグ漫画と紙一重、というのは多くの人が認めるところだと思いますが(多分)、この「うずまき」でもそれは同様。

ですがホラーから外れそうな内容を大真面目にやり通して、「ホラー以上のホラー」に昇華させてしまうのが、伊藤潤二という漫画家さんの不思議な力。本作でも予想外のラストへと、読者を導いてくれます。桐絵と秀一、そして黒渦町が巻き込まれる恐怖の行き着く先は果たして…?

まとめ

以上、漫画「うずまき」全3巻の感想・レビューでした。”うずまき”の端に居たと思ったらいつの間にかその中心に巻き込まれている、そんな不思議な吸引力を持つホラーです。

なお本作では主人公・桐絵の美しさも見逃せないポイント。端正な顔の美少女なのですが、常に漂わせる不安感がその美しさを増幅、ついつい見入ってしまいます。”うずまき”の影響により途中で髪型が変わる、というのもユニークな彼女。「伊藤潤二ヒロイン」の魅力が詰まっているキャラクターです。

漫画「うずまき」の単行本はビッグコミック版全3巻のほかに、1冊にまとまったビッグコミックススペシャル版も刊行されています(紙書籍のみ)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました