ホラー漫画「座敷女(ざしきおんな)」ショート・レビュー

望月峯太郎さんのホラー漫画「座敷女(ざしきおんな)」のショート・レビュー。

「ドラゴンヘッド」「万祝」などの作者によるホラー漫画。短編が多いホラー漫画界において、全1巻のストーリー形式を取っているのは珍しい。

アパートに一人暮らしの大学生が、隣人を訪ねてきた不気味な女に関わったことから、恐怖のストーキングに遭う、という物語。心霊や妖怪系ではなく、不気味・不条理系のホラー。どちらかと言えば都市伝説的な風味。

とにかく「女」が不気味すぎて怖い。長身で常にロングコートを身にまとう、ちょっと「ズレた」雰囲気を持つ彼女。攻撃を受けてもひるまず、驚異的な体力で迫ってくるのだが、その目的は一切の謎。その不条理さに主人公=読み手は心理的に追い詰められていく。グロ表現を使わないのもスゴイ。単行本化は1993年と若干古めだが、今読んでも色褪せない面白さ・怖さを持つ怪作。

コメント

タイトルとURLをコピーしました