街歩きがしたくなる漫画「ちづかマップ」の魅力

衿沢世衣子さんのポップ感あふれるイラスト・漫画が好きです。そんな衿沢さんのあっかるい雰囲気が存分に楽しめるのが漫画「ちづかマップ」です。

今にもこちらに向かって駆け出してきそうな女の子。これぞ衿沢ヒロイン!ライトな魅力に満ちあふれています。

スポンサーリンク

概要

主人公・鹿子木ちづか(かのこぎ・ちづか)は東京に住む女子高生で古地図好き。「ちづかマップ」では彼女が地図を片手に東京や地方の名所を訪ね歩く姿が描かれます。主な登場人物は幼馴染みの三四郎と、祖父・善七。

実は「ちづかマップ」には新版と旧版があります。

こちらは講談社から発売されている旧版・全1巻。メフィスト誌に2007年~2009年に「尋ネ人探偵」として掲載されていたものを改題、「ちづかマップ」として刊行されました。

そしてこちらが小学館より発売されている新版。講談社版をリブートしたもので、「凛花(増刊flowers)」に2010年~2015年にかけて連載。ちづか・三四郎・善七など基本キャラクターは同一ですが、細部の設定が変更され、より街歩きに特化した内容になっています。

「ちづかマップ」感想

衿沢世衣子さんの漫画、楽しいんですよね。さらりとした線で描かれるキャラクター達を見ているだけで「ほわっ」となる。この「ちづかマップ」はそんな衿沢作品の持つ雰囲気にプラスして、ちづか達が訪れ、歩き回る街の風景や情報が自然に描かれていて、読むだけでお出かけしたような気分に。

旧版(講談社版)は全5話ですが、元タイトルが「尋ネ人探偵」とあるように、1・2話は人探し要素もあってやや探偵風味。3話以降は街歩きがメインとなり、ちづか・三四郎コンビの街探索が楽しめます。

新版(小学館版)全三巻は完全に街歩き漫画。ちづか・三四郎に加え準レギュラーの友人たちを加え、地図を片手に街を、田舎を駆け巡る彼らの冒険がおもしろい。

ゆるゆる高校生ライフにのせて描かれるその土地々々の歴史や文化。おそらく綿密な取材に基づいたものなのでしょう。ものすごく臨場感があって「行ってみたい!」という気持ちがわきおこります。

基本は東京やその周辺ですが、時々地方編もあり。第四話(1巻)「近江編」はびわ湖を中心とした滋賀探訪。滋賀には以前旅行に行ったのですが、これ読んでから行けばよかった…。他にも第八話(2巻)「紀州編」なども。

東京で一番気になったのは第六話(2巻)「王子編」。狸最中と扇屋の玉子焼き食べて、飛鳥山の「アスカルゴ」に乗りたい!東京やその近辺にお住まいの方でも、「ちつかマップ」を読むと新しい発見があるのでは。

考えたら、高校生ぐらいの年齢ってお金はそんなに持ってないけど、自由がありましたね。私ももっと色んなところに探検に行けば良かった…。いや、今からでも遅くはない!知らない街に出かけるときっと楽しいことがあるはず!

と、そんな気分にさせてくれる楽しい漫画。ちづか達が訪れた道をたどるも良し、さらに深い街歩きを開拓するも良し。読むとお出かけしてみようかな、という気持ちになるのが「ちづかマップ」の魅力。老若男女に安心してオススメできる漫画です。

漫画データ
タイトル:ちづかマップ(1) (フラワーコミックススペシャル)著者:衿沢世衣子出版社:小学館発行日:2012-08-09
漫画データ
タイトル:ちづかマップ著者:衿沢世衣子出版社:講談社発行日:2010-01-22