SFコメディ漫画「おとうふ次元」全3巻―現代の常識は未来の非常識

未来からきたタイム・トラベラーが現代世界で遭難する、というのは時間ものSFの王道パターンの一つ。時間漂流者は本来その世界に存在してはいけないもの。自分のせいで歴史が変わらないよう、最新の注意を払って行動しようとします。

しかし科学・文化の違いは未来人の想像を超えていた―?そんなタイム・トラベラーの苦闘を描いたSFコメディ漫画がこの「おとうふ次元」です。なお「おとうふじげん」ではなく「おとうふディメンション」と読みます。

スポンサーリンク

あらすじ

200年先の未来「確かな時代(CLEAR AGE)」から現代に来た時空修復官ジン・トライ。彼はタイムマシンの故障により、救助が来るまで21世紀での生活を余儀なくされる。

腕につけているサポートマシンの力を使い、寝床を確保したジン。過去漂着者としての使命は「ただなにもしないこと」。

不用意な活動により未来が変わってしまう「バタフライ・エフェクト」を防ぐため、ただひたすらじっと救助を待つジン。しかし現代世界には常に現地人と接触の危険性が。はたしてジンは過去に干渉することなく、無事に未来へ帰還できるのか?

「おとうふ次元」感想

↑まず、男気あふれる1巻の表紙を評価したい。描かれているのは21世紀人との接触を極力避けようと、6畳間で寝転ぶジン。このカバーにOKを出した出版社がスゴイわ(笑)。

本編も笑いがてんこ盛り。効率的な社会を築き上げた「確かな時代」から来たジンが、理解のできない21世紀文化から受けるギャップ。彼は未来が変わる可能性を示す「時変センサー」によって行動を決めるのですが、未来を改変しないよう時変値をいかに抑えるかに悪戦苦闘するジンの姿に、思わず笑いがこみあげます。

美人大家さんにごちそうされた肉じゃがの感想次第によって未来を改変してしまう危険が!新聞勧誘で情報媒体を得ようとするのになぜオマケが洗剤なんだ!私達にとっては日常でも、あたふたしてしまうジンがおもしろい。

原作者・森繁拓真氏によると、各話のアイデアは現代のちょっとした疑問や、皆があやふやにして考えないようにしていることから探しているそう(2巻あとがきより)。なるほど、当たり前のことでも、ちょっと見方や考え方を変えると不思議なことって確かにありますね。

コメディだけでなく、SFとしても見どころのある「おとふう次元」。原作・森繁拓真氏と作画・カミムラ晋作氏はともにSFファン。

  • 時空の漂流者
  • アパートから来た男
  • 服よ、服よ!
  • 幼年期の気変わり
  • 屋敷の長い午後

以上は第1巻各話のタイトルなのですが、SFファンならニヤリとくるのでは。SF愛があふれています。

時空修復官として細心の注意を払って生活するジンですが、1巻終盤では彼の秘密を探ろうとする謎の科学者とメイドが登場。物語はシリアスな方向へ…行かずに更に笑いが加速しますw。リアルなSF感が笑いを生み出すSFコメディ漫画「おとうふ次元」全3巻。SFファン・お笑い好きにぜひ読んでいただきたい漫画です。

漫画データ
タイトル:おとうふ次元 1 (MFC)著者:カミムラ 晋作出版社:KADOKAWA / メディアファクトリー発行日:2015-12-22