「白い街の夜たち」全3巻―トルコに触れて成長する女性の物語

新日国としてよくその名を耳にするトルコ。

でも「じゃあトルコの特徴って何?」と聞かれると、ちょっと詰まってしまいます。

最近では大統領の権限が強化された、なんていう政治的なニュースも耳にしますが、その文化的な側面についてはあまり知らなかったり…。

そんな近いようで遠い国・トルコの魅力をあますことなく楽しめるのが、市川ラクさんの漫画「白い街の夜たち」。

月刊コミックビームに2013年から2015年まで連載。全三巻で完結済みです。

スポンサーリンク

あらすじ

服飾系の専門学校に通う文子(あやこ)は、ふとしたきっかけで新宿のトルコ料理店「アクシュヒル」でバイトをすることに。

トルコ人オーナーのホジャさん、従業員兼ベリーダンサーのざくろに教えられながら、トルコ文化に親しんでいく文子。

かつて友人を苦しみから救えず、また現在の同級生とも距離を縮められない彼女。

自信が持てず優柔不断な自分に悩む毎日だったが、「アクシュヒル」で働くうちに、自分の進む道を見つけ出していく。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「白い街の夜たち」感想

全編に漂うトルコの空気

「白い街の夜たち」というちょっと文学的なタイトルの漫画。

作者の市川ラクさん、ペンネームの「ラク」はトルコのお酒から来ているそうです。

なるほど、トルコが大好きなニオイがプンプンします。

料理店が舞台ということもあって、序盤で紹介されるトルコ料理の数々が興味深い。

マントゥってトルコ風水ギョーザなのか…。おいしそうです。

そう言えばドネル・ケバブもトルコ料理でしたね。大好きな食べ物です。

劇中のトルコ料理によだれを垂らしていると、ざくろのベリーダンスが始まって…。

しなやかで、妖艶に踊るざくろ。今にも音楽が聞こえてきそう。

新宿の地下を降りるとそこはトルコ、という雰囲気。

女性たちそれぞれの生きざま

そんなトルコの空気に囲まれて人と触れ合い、時に失敗しながら、自分の生きる道を見つけていく主人公・文子。

異文化に触れて彼女が成長していく様が心に伝わってきて、すごくイイ。

一人の人間が大人になっていく過程が繊細に描かれています。

文子とは対象的なざくろも魅力的。

ベリーダンスの高みを目指す彼女。文子と違ってくっきりはっきりな性格。

身近にいたらちょっと扱いにくいけど(笑)、志と悩みの狭間で葛藤する彼女の姿も、また心に残るものがあります。

そんなキャラクターたちを描きながら、全体を包むトルコ感。

イスラム圏のことは日々のニュースでも良く耳にしますが、読んでいて本質的な理解をしていないことを再確認。

本作ではイスラム圏に属する国であるトルコのことが丁寧に描かれていて、とても勉強になりました。

スポンサーリンク

まとめ

そんな漫画「白い街の夜たち」。トルコ文化に触れつつ、女性たちの成長が印象的な満足の全3巻でした。

中東が好きな方、よくわからないので知りたいという方にオススメ。

作者・市川ラクさんのトルコ好きが伝わってくる、情緒あふれる漫画です。

漫画データ
タイトル:白い街の夜たち 1 (ビームコミックス)著者:市川 ラク出版社:KADOKAWA / エンターブレイン発行日:2014-06-25