「麻衣の虫ぐらし」1巻―美女が体験する農業+虫の世界

農業にいそしむカワイイ女の子たち。彼女たちの、のどかでキャッキャウフフな農業ライフを楽しむ漫画。

と思いきや…?

雨がっぱ少女群さんの漫画「麻衣の虫ぐらし」。竹書房まんがくらぶ連載、単行本は現在1巻が刊行中。作者の雨がっぱ少女群さんは、かつて断筆宣言をされていた伝説の絵師さんです。

葉っぱに止まるてんとう虫を見つめる、主人公の麻衣。後ろで微笑むのは麻衣に思いを寄せる菜々子ちゃん。

ファンタジックな雰囲気の表紙でコミカルな内容ですが、後半はリアルな展開も。意外な驚きが待っている漫画です。

スポンサーリンク

「麻衣の虫ぐらし」1巻レビュー

リストラ美女と苦労人少女の農業ライフ

主人公はリストラにあい、絶賛職探し中の桜乃麻衣・20歳祖父の農業を受け継ぐ菜々子の手伝いをしながら、その日暮らしの毎日。

一方、入院中の祖父の畑を守る菜々子。マジメで健気な彼女は、ちょっと麻衣が気になっているようで?

お金持ちで自然保護に精を出す来夏(らいか)も交え、テントウムシやチョウ・アリなど、農家の周辺にいる虫たちと農業の関わりが、毎回コミカルに描かれます。

テントウムシの羽を接着する理由は?

「麻衣の虫ぐらし」の特徴は、カワイイ女の子と彼女たちの農作業の様子がリアルに描かれること。

第1話「ナミテントウ」では、天使のような笑顔(マジでカワイイ)を浮かべながら、てんとう虫の羽根を接着剤でくっつける菜々子の姿が。


[雨がっぱ少女群 著 竹書房「麻衣の虫ぐらし」1巻より引用]

え!と、一見残酷なように見えるその行為に、ちょっと引いてしまう麻衣(と読者)。ですが、そこには農業に関わる意外な理由が。

実は低農薬農業のため、アブラムシの駆除をテントウムシにまかせているのですが、そのままだと飛んで逃げるため、羽根を接着剤で固定している、というのが真相。

飛べなくなるけど、餌も豊富で危険がないのでテントウムシにとっても悪い環境じゃない、ということです。それでも申し訳なさそうに作業する菜々子が印象的。

(ちなみに劇中では描かれませんが、2ヶ月で羽の固定が取れる「飛べないテントウムシ」も売られているそうです。)

農業+虫の笑えるエピソード

そんな虫に関する薀蓄(うんちく)を自然に紹介しながら、それに由来した笑えるオチが付く、といった感じで展開される各話。

麻衣と菜々子のほのぼの、時に百合っぽい?やり取りにニラニラしつつ、人・虫・農家の関連性を楽しく知ることができます。尊い。

「麻衣の虫ぐらし」では他にも

  • ブロッコリーの植え付けで蝶を追い回す理由
  • 作物を育てるための益虫の利用
  • 地中にいるセンチュウの駆除の仕方

など、虫+農作業の様子が本格的に描かれていて、興味深い内容。


[雨がっぱ少女群 著 竹書房「麻衣の虫ぐらし」1巻より引用]

また農家と虫との戦い以外にも、虫との「共存」や、おいしい農作物を育てるための不断の努力が事細かに描かれます。読めば読むほどためになる虫と農家の関わり。実におもしろい。

虫が苦手な人でも安心?

そして「麻衣の虫ぐらし」の世界観を形作るのは、雨がっぱ少女群さんの絵の美しさ。女の子のかわいさはもちろん、昆虫の描写もなかなかリアル

ミノムシ、チョウ、アリ、クモなどなど。キャラクターのほがらかさによって程よくリアルさが中和され、虫が苦手な方でもすんなり読めるはずです。

あ、紙魚(シミ)はちょっとダメでした(笑)。

ちなみに本作で紹介されているヒメジャノメの幼虫を画像検索してみましたが…

「カワイイ!」と「ヒエェェェ」が半々でしたw。

後半は予想外にシリアスな展開

そんな感じでカワイイ女の子を楽しみつつ、農家と虫の共生が描かれる「麻衣の虫ぐらし」

楽しい前半から一転、後半では余命短い菜々子の祖父が物語と密接に関わり、やや趣が異なってきます。


[雨がっぱ少女群 著 竹書房「麻衣の虫ぐらし」1巻より引用]

亡き妻と共に農業に従事し、その仕事を菜々子へと引き継ぐおじいちゃん。

命の灯が徐々に小さくなっていく中で描かれる、おばあちゃんとの思い出。

そして菜々子に託す農業への想い

これが泣ける…。

農業の厳しさ、そして熱い気持ちをあらわすエピソードと共に終わった第1巻。絶妙な余韻の残る読後感でした。

まとめ

というわけで漫画「麻衣の虫ぐらし」1巻のレビューでした。雨がっぱ少女群さんのイラストは実に美しいので、まずは絵柄を楽しみましょう。読むうちに徐々にストーリーに引き込まれ、読み終わる頃には不思議な感情が芽生えているはず。

2巻以降、菜々子の農業、そして麻衣の職探しはどうなっていくのか?が気になるところ。次巻の刊行が待ち遠しい漫画です。

麻衣の虫ぐらし(1) (バンブーコミックス)著者:雨がっぱ少女群出版社:竹書房発行日:2017-10-27

コメント