「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」全3巻―地球を狙う”神の雷”

この記事は約4分で読めます。

UC0133、木星帝国クラックス・ドゥガチによる地球侵攻を防いだ、宇宙海賊クロスボーン・バンガード。その3年後に再び起こる脅威と戦いを描くのが、「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」全3巻です。

作者はクロスボーン・シリーズおなじみの長谷川裕一さん。宇宙世紀0136年に歴史の影で躍動する、「海賊たち」の戦いを描きます。

「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」感想

あらすじ

木星帝国の指導者クラックス・ドゥガチを倒した、クロスボーン・バンガード。リーダーであるベラ・ロナとキンケドゥ・ナウは戦いから身を引き、トビア・アロナクス、ベルナデットらは、運送会社「ブラックロー」を営む。

その業務中に、木星帝国のMSに追われる一人の女性を助けたトビアたち。彼女はクラックス・ドゥガチの後妻(つまりベルナデットの義母)であるエウロペ。木星帝国の新たな陰謀「神の雷」計画に関する情報を持っていた。

遠く離れた木星からコロニーレーザーで地球を狙い、連邦の首都はじめ12回の攻撃を行う計画。その決行は約2週間後。しかし地球圏にいるトビア達が木星に着くためには、一番速い船で約3ヶ月かかる。絶望的な状況にあるトビアたちは、果たして「神の雷」計画を阻止できるのか―?

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人(1) (角川コミックス・エース)長谷川 裕一,矢立 肇,富野 由悠季 ほか:KADOKAWA

木星への道

…以上が「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」序盤のあらすじ。以降、木星に行くための鍵となる「ミノフスキー・ドライブ」の調達と、決戦に臨む7人の戦士を集める過程が描かれます。

かつてクロスボーン・バンガードの母船「マザー・バンガード」はミノフスキー・ドライブを搭載していましたが、ドゥガチとの戦いで喪失。トビアたちはサナリィの開発するミノフスキー・ドライブ搭載MS(1巻カバーの赤いMS)を求め、月へ。

そこに現れたのは、鳥型の変形機「コルニグス」を駆る木星の新総統カリスト。サイキック能力で攻撃予知をする敵に、トビア達は苦戦することに。ここで登場したカリストがドゥガチの後を継ぐ、「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」の敵ボスです。

7人の戦士を求めて

その後なんだかんだあって(ネタバレになるので詳細は割愛w)、地球へ降りるトビア達。木星へ高速で渡る手段の調達と、決戦へ赴く戦士たちをスカウトすることに。

そこでかつての伝手を頼って訪れたのは…前作「機動戦士クロスボーン・ガンダム」の読者はピン!と来る人物たち(※ちなみにキンケドゥではありません)。

このシリーズものならではの「繋がり」が、クロスボーン・シリーズの魅力の一つ。かつてアムロとシャア、カミーユとジュドーらが作り上げてきたガンダムの歴史と同じように、トビアら新たな主人公たちが新たな紡いでいきます。

そして決戦への片道切符を手にした、7人の戦士たち。果たしてコロニーレーザーの発射を防ぐことができるのか…?手に汗握る、迫力のMS戦が展開されます。

ちなみに彼らが搭乗するMSが非常にユニークなもの。クロスボーン・ガンダムX1を改修した「クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス」はじめ、F90・F91といった懐かしのガンダム、そしてビギナ・ギナⅡといったマニアックなMSも。「F91+クロスボーン」らしさが満開で、思わずニヤリ。

若者の決意

全3巻というコンパクトさながら、スピーディな展開で読み手を惹き付ける「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」。ガンダムらしいMS戦がもちろん魅力なのですが、ドラマティックなストーリーもまた、読み応えがあって面白い

トビアが決戦へ旅立つ前、ベルナデット=テテニス・ドゥガチは、戦後の混乱を取りまとめるために、木星へ帰還することを彼に告げます。

トビアとは相思相愛の仲。しかし木星帝国の仇敵である「宇宙海賊」として認知されているトビア、彼を伴っての帰還は、かなわない。葛藤の末、ベルナデットは別離を決意します。

彼女の意思を受け入れるトビア。そしてこのまま、二人は別々の道を歩むことになるのか…?

この展開、トビアとベルナデットにこんな別れが待っているとは!と素直に驚きました。しかしこれは「鋼鉄の7人」のラスト、そしてその後に待ち受ける「クロスボーン・サーガ」へと繋がる布石でした。

「機動戦士ガンダム」シリーズの一作でありながら、ある意味ガンダムらしからぬストーリー。作者・長谷川裕一さんならではの「ガンダム」に、思わず感動。

まとめ

以上、「機動戦士クロスボーン・ガンダム」の続編、「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」全3巻の感想でした。

前作が1~2クールぐらいのTVアニメぐらいとすれば、「鋼鉄の7人」は2時間の映画という感じでしょうか。無印クロスボーンの土台を活かしつつ、さらにドラマティックに世界観を広げた続編です。

なお本作と無印クロボンの間には、「機動戦士クロスボーン・ガンダム -スカルハート-」という全1巻の短編集が存在します。「鋼鉄の7人」にはこちらから色々と小ネタが登場するので、先に読んでおくことをオススメします。

さて、トビアとベルナデット、そして「宇宙海賊クロスボーン・バンガード」のお話は、本作でひとまずおしまい。しかしその流れは、Vガンダム時代に突入した新たなクロスボーンの世界「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」に引き継がれていきます。

この「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」全12巻がめちゃくちゃ面白いのですが、それをより楽しむためにまずは、キンケドゥとトビアの活躍から。無印クロボンと鋼鉄の七人を一気読みの上、「ゴースト」へお進みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました