「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」全12巻―”エンジェル・コール”がもたらす人類滅亡の危機

この記事は約7分で読めます。

「機動戦士クロスボーン・ガンダム」「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」と、宇宙海賊と木星帝国(ジュピター・エンパイア)が戦うF91以降のガンダム世界を描いてきた、長谷川裕一さんによるクロスボーン・サーガ。

その新世代ガンダムの魅力が結実し、一気に花開いたのが、本記事で紹介する「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」全12巻です。

「機動戦士クロスボーン・ガンダム」の流れを汲む、正当な続編。宇宙世紀シリーズとしては、リガ・ミリティアとザンスカール帝国が激戦を繰り広げる「機動戦士Vガンダム」の時代に突入します。

スポンサーリンク

「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」レビュー

あらすじ

時は宇宙世紀0153年(UC0153)。ザンスカール帝国が地球侵攻を進め、リガ・ミリティアと戦いを繰り広げる時代。

サイド3に住むごく普通の(オタク)少年・フォントは、ザンスカールの最終兵器「エンジェル・ハイロゥ(天使の輪)」の存在を偶然知り、Webサイトにその情報を載せてしまう。

その後、学校であった不思議な少女・ベルに導かれ、木星の特殊部隊「蛇の足(セルピエンテ・タコーン)」と名乗る盲目の男、カーティス・ロスコに遭遇する。フォントが危険な状態にある、と告げるカーティスは、彼にふたつの道を選ばせる。

「われらと共に来るか。それともここで死ぬか」

その時サイド3を、ザンスカールのモビルワーカー・サンドージュ部隊が襲撃。その目標であるフォントを捕獲したザンスカール兵は、彼に問う。「”エンジェル・コール”を知っているな?」

絶体絶命のピンチ!そこに現れたのは、かつて「神の雷」作戦で失われたMS「クロスボーン・ガンダム」だった…!

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト(1) (角川コミックス・エース)長谷川 裕一:KADOKAWA / 角川書店

Vガンダム時代に突入したクロボン

以上が新章に突入したクロスボーン・サーガ「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」の導入部。

映画「機動戦士ガンダムF91」のUC0123を起点に、宇宙海賊クロスボーン・バンガードと木星帝国の戦いを描いたUC0133の「機動戦士クロスボーン・ガンダム」、その3年後となるUC0136の「機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人」。シリーズはここで1つの区切りを迎えます。

そして17年の時が流れ、UC0153となった「クロスボーン・ガンダム ゴースト」。メインの敵はザンスカール帝国となり、TVアニメ「機動戦士Vガンダム」とリンクしたストーリーに。謎の兵器「エンジェル・コール」をめぐる戦いが繰り広げられます。

「エンジェル・コール」をめぐる戦い

「エンジェル・コール」が何なのかはネタバレになるので詳細は割愛しますが、元々はカーティスら木星の探査チームが宇宙で発見したもの。ザンスカールの最終兵器「エンジェル・ハイロゥ」の能力を補完する能力を持つ存在です。

その建造には木星(共和国)も関わっている(※「ゴースト」での設定)エンジェル・ハイロゥ。人類の闘争意欲を鎮めるために、サイキッカーたちの力を増幅して、地球規模で生命の眠りを引き起こすという兵器(Vガンダム参照)。

その能力の先にさらなる恐怖をもたらすのが、エンジェル・コール。カーティスとテテニスが過去に難破したクロスボーン・バンガードの補給船から、クロスボーン・ガンダムの予備機と共に発見された「それ」。人類を破滅させる力を持つ、危険な存在。

しかしエンジェル・コールはカーティスと敵対する人物によって持ち出され、地球圏へ。そのエンジェル・コールを巡り、

  • ザンスカール帝国のキゾ中将+木星の特殊部隊「サーカス」
  • 新生クロスボーン・バンガードとなった木星穏健派のカーティス一派+リガ・ミリティアのリア・シュラク隊

以上の二勢力が、苛烈な戦闘を繰り広げます。

新たなガンダム「ファントム」

「ゴースト」劇中の初期に活躍するガンダム・タイプのMSは、カーティスの駆るクロスボーン・ガンダム。17年前のロートル機ですが、パイロットの腕もあり最新鋭機とも互角以上に渡り合います。

それに相対するのは、サーカスが駆る一騎当千機(文字通り1機で1000機に対する、がコンセプトのMS)。デスフィズ、ガラハド、バイラリナなど、「ゴースト」オリジナルの超強力なMSが、フォント・カーティスたちのライバルに。

さらにビクトリー・ガンダムやゾロアットなど、「Vガンダム」でお馴染みのMSが多数登場。そして「クロスボーン・ガンダム ゴースト」の主役機となる「ファントム」が、物語中盤で参戦。主人公・フォントの愛機となります。

もとはサーカスが開発した、ミノフスキー・ドライブ搭載の実験機であるファントム。V2ガンダムに比べると、その完成度は50%という「失敗作」です。

ですがミノフスキー・ドライブの不安定さを抑えるためのIフィールド発生装置が、さらなる不安定さを引き起こし、全身にIフィールドの「嵐」をまとう、という意外な力を発揮する機体。

正確にはファントムは「ガンダム」では無いのですが(少なくとも初期では)、Iフィールド発生時に額に角状の炎が浮かぶ様は、まさにガンダム。鬼神のようなその姿にたがわぬ、迫力ある戦いを見せてくれます。

成長する主人公・フォント

そんな「クロスボーン・ガンダム ゴースト」の物語。設定やMS戦の迫力がとても魅力的なのですが、特に印象的なのが主人公である少年・フォントの成長。

スペースコロニーに住み、美少女型AI・ハロロをインストールした端末をパートナーとする、どちらかと言えばオタク寄りのメガネ学生。「機動戦士ガンダム」の主人公としては、異色中の異色。

たまたま見つけたエンジェル・ハイロゥのデータから、否応なく戦いに巻き込まれた彼。ザンスカールのギロチンを目の当たりにし、その心情は徐々に変化。カーティスやベルら仲間たち、そして地球を守るために、自らの身を削っていきます。

しかしニュータイプらしき片鱗を見せつつも、もともとは一般人であるフォント。AI・ハロロと対話しながら最適解を探り出し、劣勢を打開していくという、どのガンダム・シリーズの主人公とも異なる戦い方がユニーク。気づくと「がんばれ!」と応援してしまいたくなる、真っ直ぐさ・熱さを持つ、魅力的な主人公です。

激烈な戦いの結末は…?

エンジェル・コールを巡る、クロスボーン・バンガードVSザンスカールの戦い。「機動戦士Vガンダム」の世界とリンクしながら、宇宙から地球へ、そして再び宇宙での最終決戦へと、緊迫・迫力の展開が繰り広げられます。

特に中盤のストーリーは激アツ。フォントがAI・ハロロとファントム、そして自身の能力を全開し、「とある脅威」から仲間を守るために、孤独な戦いに挑みます。これはアニメのガンダム・シリーズでは難しいであろう、漫画媒体ならではのおもしろさ。

そして迎えるザンスカール・キゾ中将との最終決戦と、実に、実に!予想外な展開を見せるラスト。最終話の最終ページは文字通り、震えるような結末。クロスボーン・シリーズ最長(※)となる全12巻の締めくくりにふさわしい感動が待っています。

※続編「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」は2019年現在、単行本9巻を刊行し、連載中。

まとめ

以上、「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」全12巻のレビューでした。木星帝国との戦いから時を進めた新・クロスボーン。ザンスカール帝国やサーカスとの迫力・躍動感あふれる戦い、一度読み始めたら止まらないおもしろさです。

またベルやカーティス、そして文面の都合上割愛しましたが、元サーカスの一員で後にフォントの仲間となるジャック、圧倒的な存在感を放つラスボス、ザンスカール帝国のギリ中将など、魅力的なキャラクターたちにも注目。

さらに、ある戦いのあとで精神的なダメージを負ったフォントの力になる、クロスボーン・シリーズに欠かせない「あの人」も登場。アムロとシャアの物語が初代・Z・ZZ・逆シャアと紡がれてきたように、無印クロスボーン・鋼鉄の7人・ゴーストと積み重ねてきたクロスボーン・ガンダムの歴史から生みだされる骨太の物語は、実に読み応えあり。

そして読後に心に残るのは、戦いを駆け抜けた少年・フォントの生き様。ガンダム漫画だけど、ある意味ガンダム漫画らしからぬ、不思議な気持ちを感じます。

なおこの漫画をマックスに楽しむためには、「機動戦士クロスボーン・ガンダム」「同・鋼鉄の7人」を(できれば「同・ -スカルハート-」も)、是非とも読んでおいていただきたい。またTVアニメ「機動戦士Vガンダム」の知識があった方が、より楽しめるでしょう(話のおおまかな流れだけでも)。

続編ということで、読むにあたり若干ハードルは高めですが、アニメとは異なるガンダム作品として、シンプルに一つの漫画作品として、確かなおもしろさがあります。作者・長谷川裕一さんらしさが満開のガンダム漫画。クロスボーンの歴史を感じてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました