SF漫画漫画感想・レビュー

SF漫画『女子攻兵』感想―女子高生型巨大機動兵器の狂気の闘い!

[ページ内に広告が表示されます]

「女子高生」じゃなくて「女子工兵」でもなくて『女子攻兵(じょしこうへい)』。

女子攻兵 2巻 (バンチコミックス)

見た目「JKそのもの」な巨大機動兵器が異次元で迫真の戦いを繰り広げる、異色にして狂気のSF漫画

作者は松本次郎さんで、新潮社バンチコミックスより刊行。全7巻完結済みです。

『女子攻兵』感想・レビュー

どんな話?主なあらすじ

次元世紀2011年。新天地を求め、人々が異次元空間に移住する世界

地球連合軍と地球からの分離独立を求める移住者・異次元独立開放戦線(EZO)との間に、異次元戦争が勃発。

戦線が拡大・長期化する中、事態の打開のために連合軍が投入したのは、女子高生の外見をした巨大機動兵器「女子攻兵」

通常兵器は一切役に立たない強力な兵器だが、メンテなしで長時間乗り続けると精神汚染により異常をきたす、という危険なシロモノ。

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

その精神汚染の進んだ味方の女子攻兵を始末する、という汚れ仕事を行う第13独立女子攻兵猟隊、通称「ハイエナ部隊」

女子攻兵「ラブ・フォックス」に搭乗する隊長・タキガワは元・味方機を狩る作戦を指揮するも、ターゲットの予想外の強さに苦戦。

その彼を救ったのは、謎の存在「ツキコ」。彼女からケータイに届くメールに記された的確な指示により、タキガワは辛くも作戦を成功させる。

女子攻兵 4巻 (バンチコミックス)

そして異次元空間の意思決定権を持つ計算機「預言者」により、次に降された命は「ツキコの捕獲」

ハラダ・J子・ツネフサら仲間と共にタキガワは、EZOが支配する地域、そのさらに先を目指すが―?

漫画が読みやすい【ブックライブ
新規限定+おまけクーポン
全1巻から長編までお得!

巨大兵器による迫力のアクション

かくしてツキコ捕獲の命を受けたハイエナ部隊は、異次元の世界で所在不明の「彼女」を追うことに。

その過程で展開される派手なアクションが、『女子攻兵』ならではの魅力。

松本次郎氏の独特な濃淡を持つ線で描かれる女子攻兵たちが、重火器や刃物類を手に繰り広げるリアルにして熾烈な戦い。

女性兵士らしいしなやかな動きと相まって、迫力を醸し出します。

女子攻兵 6巻: バンチコミックス

また「預言者」から与えられた「次元兵器」と呼称される、従来のものとは概念の異なるユニークな兵器達。

ヘリ+多脚という外見を持つ女子攻兵の輸送機や、女子攻兵たちが身につける特殊装備など、独特なミリタリー感にあふれています

シュールな世界観が面白い!

が、そんな異次元の軍事ミッションをこなす兵器の外見は、セーラー服に身を包んだ女子高生そのもの

そしてその頭部には人間が乗っている、というのが何ともシュールw。

女子攻兵のアクションはカッコよさにあふれているのに、それは巨大ロボットで、中身はオッサンであるという事実。冷静に考えると何とも言えないおかしみが。

女子攻兵 5巻 (バンチコミックス)

また女子攻兵たちの行動や言葉遣いは、まさに女子高生のそれ。

いるはずのない家族とケータイで連絡を取ったり、ピクニック気分でランチをしたり。そのシーンだけ見ると「女子高生そのもの」にしか見えない。

しかしそれは「パイロットが女子攻兵と一体感を感じること」と関連があり、さらに精神汚染にも繋がるもの。

「彼女」たちに搭乗しているパイロットは果たして正気なのか…?何とも言えない薄ら寒さが漂います。

金・土・日はPayPay還元大増量!
ebookjapan コミックウィークエンド

最終7巻は驚愕の展開

そんな狂った世界の中で、敵対するEZOとの過酷な戦いをくぐり抜け、一歩ずつ、ツキコに近づいていくタキガワたち。

その最終7巻では、これまでの物語をひっくり返すかのような衝撃的な展開が

女子攻兵 7巻(完): バンチコミックス

ネタバレになるので深くは書きませんが、1~6巻までの激烈な戦闘、タキガワの過去・内面の描写を経て描かれるその展開に、「あれ、今自分が読んでる漫画は何だったのかな…?」と奇妙な感覚にとらわれること必至。

そして女子攻兵が「女子高生」の姿をだったのもここに結びつくのか!と考えると、なるほど、といった印象。むしろ必然すら感じます。

果たして異次元の狂った戦いはどのような決着を見るのか?驚愕の最終展開に打ち震えろ!

『女子攻兵』まとめ

以上、松本次郎さんの漫画『女子攻兵』の感想・レビューでした。

エログロナンセンスも満載で、読み手を選ぶ作品ではあると思いますが、一度ハマるとクセになる世界観、そして独特のトリップ感が、読み手の心を捉えて離さないSF漫画です。

ボリュームもちょうど良いぐらいの全7巻。ぜひ一気読みしてみてください。

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

コメント

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。