漫画「神星記ヴァグランツ」全2巻―麻宮騎亜作、懐かしのSF・ファンタジー

今回ご紹介する漫画は懐かしのSF・ファンタジー漫画「神星記ヴァグランツ」。現在は絶賛絶版中ですが、こういう漫画もあった、という記録のために。

ストーリーはヴォクソール・プロ、作画は後に「サイレント・メビウス」を描く麻宮騎亜(あさみや・きあ)氏。当時は知りませんでしたが、デビュー作だそうです。

コミック雑誌ではなくメディアミックス誌「コンプティーク」での連載。かれこれ30年前の作品ですね…。

スポンサーリンク

概要

1巻が第1部、2巻が第2部という構成。21世紀の主人公・ライ(14歳)は、謎の女性・テレス(17歳)の逃避行に巻き込まれ、異世界へ「シフト」してしまう、という出だし。

第1巻ではテレスとはぐれてしまったライ。紛れ込んだファンタジー世界で元の世界へ戻る手段を探しつつ、邪悪な霊との戦いに臨みます。

第2巻では一転、テレスも再登場してSF中心に。ヴァグランツの謎、そしてテレスが探す「賢者の道」に迫る、というストーリー。

第3部も描かれる予定だったようですが、第2巻の刊行で連載は終了しているようです。

神星記ヴァグランツ – Wikipedia

なお「ヴァグランツ」は異なる世界・時間軸を「シフト」によって移動できる人々の総称で、テレスはそのヴァグランツの一人である、という設定です。

感想

約30年ぶりに再読しましたw。「サイレントメビウス」が大人気だった麻宮氏の作品をもっと読みたい!と思って手に取った記憶があります。

難解なストーリー、特に詳しい説明の無い世界、細かく転換する舞台。当時は良くわからない部分も多々ありましたが、今だったらもっと理解できるはず!

…やっぱりわかりませんでした(笑)。

でもこの「神星記ヴァグランツ」、なんか不思議な魅力があるんですよね。細かい部分はともかく、ノリで読んでおけば楽しめる、というか。雰囲気大事。

剣と精霊の世界でモンスターと戦ったと思ったら、文明の滅びた世界へ。さらに月面でAIを搭載した機動兵器に搭乗して「神」とバトル。

オタク少年が食いつく要素がてんこ盛りで、まさに時代の先駆け的な作品です。

また、今あらためて見ると麻宮氏の作画の変遷も見れて興味深いですね。

サイレントメビウスの前に描かれた漫画ですが、作画がだんだんサイレントメビウスのそれに近づいていく感じ、特に第二部のSF描写は迫力があってカッコイイ!

というわけで懐かしの漫画「神星記ヴァグランツ」。今見ても古くない…というのは少し言い過ぎかもしれませんが、一つの漫画・アニメ文化を形作った作品です。また機会があればご覧ください。

漫画データ
タイトル:神星記ヴァグランツ (1)著者:ヴォクソール・プロ出版社:KADOKAWA発行日:1987-04-01