ふくやまけいこ「東京物語」ナウシカだけじゃない!アニメージュの名作漫画

はるか昔、徳間書店の月刊アニメ情報誌「アニメージュ」を読んでいました。

その時に連載されていた、ふくやまけいこさんの漫画「東京物語」が好きだったのですが、同志の購読を途中でやめてしまったために結末を知らず。

しかし2004年に復刊されていたことを知り(遅っ!)、気になっていた物語のラストを読もうと決意。

ふくやまけいこ「東京物語」

ハヤカワコミック文庫から復刊されている文庫版「東京物語」全3巻を手に入れました。

昔は同じくアニメージュで連載されていた、「風の谷のナウシカ」のような大判コミックスだったんですよね。連載もかぶっていた記憶があります。

※「ナウシカ」は1982~1994年、「東京物語」は1987年~1991年の連載。

スポンサーリンク

あらすじ

昭和初期の帝都東京。

出版社で編集を担当する桧前平介(ひのくまへいすけ)は、とある宝石盗難事件で不思議な雰囲気を持つ青年・牧野草二郎と出会う。

平介は「草ちゃん」と呼ばれ、町の人から慕われる草二郎とともに、身近な謎を解き明かしていく。

しかしどうやら草二郎には不思議な力があり、その過去にも何らかの秘密が-。

[PR]

漫画のまとめ買いならeBookJapan
公式:マンガ全巻まとめ買い!

「東京物語」感想

帝都が舞台の冒険活劇

ふくやまけいこさんの描く漫画・イラストが大好きです。

この「東京物語」と同時期ぐらいでしょうか。田中芳樹さんの小説「夏の魔術」のカバー・本文イラストをふくやまさんが担当されていて、そのほがらかな絵柄と優しいタッチのファンになりました。

そして25年ぶりぐらい?に読んだ「東京物語」、とても満足しました。

なるほど、平介と草二郎の冒険はこんな結末だったんですね~。スッキリ!

そしてふくやまけいこさんの作画。本職に言う言葉ではないですが、実にウマイ!

キャラクターはほんわか風味ながら、描かれる一コマ一コマの表現が細やか。

動きのあるシーンでは人物が活き活きと動くうごく。

まさに「帝都を舞台にした冒険活劇」です。

昭和初期を描くミステリー

ストーリーも緻密。特に推理・謎解きの話は昭和初期らしいエピソードで、子どもの頃に読んだ少年探偵団をほのかに思い出しました。

直情的で行動力のある平介と、誰からも好かれるけどちょっとミステリアスな草二郎。このコンビの活躍が楽しすぎます。

「東京物語」の連載自体は1992年までですが、文庫版第3巻には1995年に「月刊少年キャプテン」に掲載された番外編「桜-SAKURA-」を収録。

また各巻末には描き下ろしのあとがきマンガ「平介探偵日記」も掲載。

本編で語られなかった、平介と女性記者・響のその後も描かれています。

かつての「東京物語」ファンならば見逃せない?

漫画データ
タイトル:東京物語 1 (ハヤカワコミック文庫)著者:ふくやま けいこ出版社:早川書房発行日:2004-12-15

「東京物語」は電子版も出ています。

ちなみにこちらもおそらく近い時期に連載していたと思われる洞澤由美子さんの「D」。

これも結末を見逃したのですが、現在は一部電子書籍ストアで1巻のみが発売されている状況…。全部電子化してくれないものか。